ぼくを葬る

ぼくを葬る DVD ぼくを葬る

販売元:日活
発売日:2006/10/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「焼け石に水」がぴんとこなかった私は、オゾンのゲイ映画は体質に合わないのかも? と本作を敬遠していました。「8人の女たち」「まぼろし」はよかったんですけどね。が、大好きなヴァレリア・ブルーニ・テデスキ(「ふたりの5つの分かれ路」に主演。これも気に入ったけど感想書けず)が出ていると知って慌てて拝見~。データはこちら。オゾン作品の感想を書くのははこれがお初です。

 この映画はよく知られているように余命3ヶ月を宣告された主人公ロマン(メルヴィル・プポー。目がとても綺麗、いいアクターですね。)がどう生きるか? がテーマで、彼はオゾン自身だとも聞いています。だから主人公はゲイでなくてはならなかったんでしょう。

 涙は出ませんでした、先にロマンに泣かれてしまったから、でもないか。ああいうシーンではもらい泣きしてしまうのが通例だったのですが。突き放した表現でもないんでしょうが、抑制が利きすぎの一歩手前という感じで、私には感傷の入る余地なしでした。ハリウッド映画の類似テーマ作品とはかなり趣が違うなあ。

 自分がロマンと同世代で死など先の話、他人事。だったとしたらもっと感情移入して見たと思います。でも私はロマンの年から年月を経て、大事な人に先立たれてしまったので、いま余命3ヶ月と告げられても、いよいよ向こうに行けるんだな、と思うだけかもしれないです。ロマンが動揺して自暴自棄になるのは無理もないですけどね。「死の受容への5段階」の1,2段階ですか。

 ロマンの恋人サシャ。はじめはあまり可愛く見えなかったのですが、再会シーンではすごく魅力的に見えて不思議でした。前と違ってロマンに依存的じゃなくなったから?

*以下、ネタバレです。

 ジャンヌ・モローは祖母役。早くに夫を失くし、「家を出て」いるのです。子供を放って? 非難もされたって、そりゃそうでしょう。でも母親の立場より、愛する男を失った女としての自分を立て直すのが先決というか切実な問題だった模様です。「まぼろし」の主人公が夫の死をなかなか受け入れられなかったのと繋がっているような。しかし息子(ロマンの父親)には辛かったでしょうね。ロマンの父も複雑なキャラに見えましたが、子供時代の傷のせいなのかもしれません。

 それにしても誰にも伝えないという選択もアリですか。祖母にだけは伝えましたね、1人だけわかってくれればいいとロマンは思ったのか。姉との和解にはほっとしました。あんな物陰から撮ってないでさーとか思いましたが、デジカメには姉の子供たちがしっかり写っているので、ロマンの気持ちは伝わるでしょう。

 サシャとやり直そうとして拒絶されるシーンは(7月19日追記;勘違いでした、再見したら「最後にもう1度寝たいとしか言ってません。「話がある」=「やり直したい」と言ってほしい私の願望を書いてしまったようです、失礼いたしました。)あの場合、仕方ないですよね。

 時間があればやり直せた(そもそも余命3ヶ月で一人になりたいから別れたのでしょうし?)のかもしれませんが。「話がある」って、サシャにも打ち明けるのかと思ったら違いましたね。もしサシャが事実を知ったら「残された時間を一緒に」となるだろうし、ロマンはそれを望まなかったのだろうし。

 ときおり子供時代のロマンが出てきましたね。最後の海岸でも。青いボールを渡してロマンは満足そうでした。やがて生まれてくるロマンの子供。あの選択はどうなのでしょう、少なくとも例の夫婦には正解ですか。いったいロマンと彼女にどんな接点が? でしたが、うーん。

  ラストシーンは素直にいいなーと思えました。私もこんなふうに逝けたら最高です。夕陽が落ちてだんだん辺りが暗くなって、波の音に包まれて。もうロマンには聞こえなかったかもしれないけど。ひとりきりだけど寂しくはない、翌朝には誰かが見つけてくれ愛しい人たちにもロマンの死は告げられる。波の音が耳から離れません。

| | コメント (0)

ホリデイ

B000mqc9h401

Music オリジナル・サウンドトラック「ホリディ」

アーティスト:サントラ
販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2007/02/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 待ちに待ったジュードの恋愛映画。が、ちょっと期待しすぎだったか、うーん。いえ、とってもよかったんですけどね。観終わったときの充実感は「プラダを着た悪魔」の方が勝っていたなあ、と。概要はこちらで見ていただくとして、思いつくままに感想を。同じ監督の「恋愛適齢期」よりはずっと好感がもてました。

 LAのアマンダ(キャメロン・ディアズ)は映画の予告編製作が仕事。そのせいか彼女の「心の声」は、予告のナレーションでよく聞くあの声です。一種の職業病? 以来、私もあの声が頭から離れません、なんとかしてー!

 で、アマンダが製作中の予告に何故かジェームズ・フランコが出てくるのです、感涙。アクション映画でしたが「ホリデイ」のためにわざわざ造った映像なのか、はたまた未公開作品の? フランコくんの映画、日本未公開が多いから。(涙)「トリスタンとイゾルデ」はやっとDVDリリースが決まりましたがだいぶ先、アメリカ盤をゲットしといて正解でした。

トリスタンとイゾルデ DVD トリスタンとイゾルデ

販売元:20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン株式会社
発売日:2007/06/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 とまあ、ジュードとフランコくんだけでも眼福なのにルーファス・シーウェルまで出てきて魅せてくれます、彼はアイリス(ケイト・ウィンスレット)をさんざん悩ませた男、ちょい悪な役の方が似合うかなあ、やっぱり。この3人をいっぺんに拝めただけで「ホリデイ」は◎。

 映画の仕事をしているだけあって、アマンダのご近所さんもそちら関係が多そう。往年の名脚本家アーサー役のイーライ・ウォラックは1915年生まれというと撮影時90歳? すばらしくお元気でした。アイリスと親しくなり、「週末に9本も封切られる。昔は月に9本だったのに。」「興行成績は最初の1週で決まってしまう。」「君はサリー州から? ケーリー・グラントの故郷だね。」そんな話だけでも楽しかったですね。

 アイリスの新しいときめきのお相手マイルズ(ジャック・ブラック)が映画音楽家というのもツボでした。初登場のとき車で流してたのはエンニオ・モリコーネの曲。レンタルDVDの店では実演を交えてアイリスに映画音楽の素晴らしさを伝授、そのときアイリスに勧めたのが、やはりモリコーネ音楽の「ミッション」でした。予告はこちら、これだけでも素晴らしさが判るかと。ナレーションはやっぱりあの声ですね。もっと聞きたい方はこちらで、モリコーネ自身が指揮してます。後半の合唱付き"On Earth As It Is In Heaven"には圧倒されます。

ミッション スペシャル・エディション DVD ミッション スペシャル・エディション

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2004/11/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1)

ボビー・フィッシャーを探して

ボビー・フィッシャーを探して DVD ボビー・フィッシャーを探して

販売元:パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
発売日:2006/07/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 だいぶ前に「不思議の国のアリス」のキャラクター(原作の挿絵そのまま♪)のチェスセットを発見、とても欲しくなった。1年後を目標にデパートの積み立てを始めたものの、満期になったとき欲しい気持ちは失せていた。
 代わりにお値段は数十分の1のアクリル樹脂製のチェスセットを買って飾った私。半透明の白と青のチェック柄が涼しげだった。せっかくだからチェスもやってみればよかったのだが。将棋の一種だよね?
 
 さほど期待せずに見た「ボビー・フィッシャーを探して」だが、いやー、よかった。

 7歳でチェスを始めたジョシュは天才振りを現す。ジョシュを演じるマックス・ポメランク。ジェイクを思わせる大きな瞳が印象的。
  コーチのブルースにはベン・キングスレー、母親にジョアン・アレン、親友ヴィニーに「マトリックス」等に出演のローレンス・フィッシュバーン。芸達者が脇を固めていて素晴らしい。

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=21652

★以下、ネタばれ含まれます(読んでからでも楽しく見られるとは思いますが)。

 おもちゃのナイトやキング、クイーンが大好きな彼にチェスはもってこいのゲームだった。子供大会でジョシュはタイトルを総なめにしていく…。
 ジョシュが大好きなこの人形たち。レゴに似てるけど、顔も目もまん丸でもっと可愛い。なんてシリーズだったか、検索しても「レゴに似た人形」じゃヒットせず、哀しい~! 
 多分ドイツのメーカーで、マルタで製造してたような。

 順調にみえたジョシュのチェス人生だが、美少年ライバル・ジョナサンの出現に、はじめて負けるかも、の恐怖を味わう。自信喪失。ラスト付近、コーチからの壮麗な贈り物が、あの人形たちと城を思い出させてじーんとくる。

 コーチと親友の両方のアドバイスを生かし、ジョシュはさらに成長。キュートなジョシュと美少年ジョナサンの対決シーンは見もの♪ 
 ジョシュのサポートに夢中になる父親、母親はむしろ特別な子になっていく我が子を気遣う。ジョシュの扱いをめぐって対立する夫婦、このへんも見ごたえあり。
 脚本もいいし、撮影は「明日に向って撃て!」を手がけた方だという、映像もとても綺麗だった。本当にいい作品とめぐりあったものだ。

 しかし、チェスしか頭にないジョナサンはどうなのだろう? 野球、バスケ、サッカー、フィッシング。スポーツも大好きなジョシュのほうが、もしチェス生命を絶たれても柔軟に生きていけそう、と思ったら。

 ラストのテロップ、「ジョシュはその後もチェスを続け、18歳以下のアメリカ・チャンピオンに」て、実話だったんだ!
↓Josh WaitzkinのHP。今や世界的なプレイヤーに成長したそうでめでたい限り。
 心身のバランスがとれた素晴らしい男性のようだ。スポーツで鍛えた体、顔もいいし映画にも出られそう? 子供時代の写真がとってもラブリー♪
 http://www.joshwaitzkin.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボーイ・ミーツ・ラブ(2)

1884635_1 3月14日に書いた感想の続きです。前のは下記より。

http://emmanueltb.cocolog-nifty.com/blog/2006/03/post_7347.html#comments

 3月14日といえば、2回目の「BBM」を見た2日後、ますますこの映画に入れ込み感情のコントロールができなくなってました。煮詰まっていたというか、「BBM」の閉塞した世界(周囲から理解されない愛)に自分も迷い込んでいたようです。で、あまり期待せずにこのDVDを見ました。すると、信じられないほどの開放感!

 まるで出口の見えない長いトンネルを歩いていて、いきなり目の前に光があふれたような気持ちでした。それは「BBM]とはあまりに違う世界。国も時代も違うんだから当然とはいえ、あまりにさばけた世界に唖然呆然。

 前の感想にも書きましたが、なんてったってロンドンっ子のジャイルは親公認で男の恋人と同棲してるのです。しかしインド人の主人公アリムは母親にゲイであることを隠してます。

★ここからネタバレになるのでご注意ください。ラストまで書いちゃってます。読んでから見ても面白さがそがれることはないと思いますが。

 アリムの母は、早くに夫を亡くしました。生活はあまりラクではありません。一方、彼女の妹は富豪と結婚。アリムと同世代の息子は、もうじき、やはりいいとこの娘と結婚が決まっている。母がロンドンに飛ぶのは、アリムにも早く結婚してほしい、孫の顔を見たい。というよりは妹への対抗心なのです。「私も勝ちたい」とロンドンに向かいます。

 しかし従兄弟の結婚式の日。アリムと従兄弟が肉体関係をもっていたことが分かります。式のさなか(祝宴は3日続く?)従兄弟はアリムに迫るのです。アリムは、いまはジャイルを愛しているから、と拒みます。と従兄弟は「愛だって? 男なんて楽しむだけでいいんだ」。この男、肉欲のことしかないんです。当然、花嫁にも愛のかけらもなく利害関係だけの結婚。

 そのやりとりを、アリムの母が聞いていました。そしてアリムに「そんなにジャイルを愛しているのね」と理解を示します。ロンドンでもジャイルは母と仲良くしたいとロンドン案内などして好感をもたれていたんです。ジャイルが息子のゲイの恋人とのことでぎくしゃくしちゃいましたけど。

 なんて腐れた従兄弟でしょう。母は妹にアリムとあなたの息子が…、と伝えますが、なんと妹の答えは「知ってたわ。息子の部屋から声が漏れてて」。母、「Oh,my god!」。すると妹、「そう、そう叫んでた」(爆)。

 この母と息子。開いた口がふさがりません。愛なんてどこにもない、ただもう金と世間体。それが身に沁みた母は、アリムとジャイルの仲を許し、妹とは縁切りです。甥の結婚式の途中に帰宅しちゃうんだから、そういうことでしょう。体裁が悪いので、妹は必死に引き止めてましたが。

 アリムの母は、ジャイルが言った様に「ちゃんと分かる人」でした。遠い世界(third worldと言ってたようですが)の人でも、いちばん大切なものは何か、きちんと理解してくれたのです。「勝つ」とは息子が金持ち女と愛のない結婚をすることではない。愛する人と幸せならそれでいい。息子の恋人が男でもいいじゃないか、だってあんなにいい人だもの。

 といった大ハッピーエンドで、私は心から満足しました。

| | コメント (4)

ボーイ・ミーツ・ラブ

ボーイ・ミーツ・ラブ DVD ボーイ・ミーツ・ラブ

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2005/07/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 主人公はケニア生まれトロント育ちのインド人青年、アリム。ロンドンでカメラマンとして働き、恋人ジャイルと同棲中。記念日にはジャイルの妹がパーティを企画し、ジャイルのモト彼や両親まで参加。「記念日って二人が出会った日、それとも暮らし始めた日?」なーんて質問する。なんつう親だ、理解があるにも程がある、「BBM」の閉塞した世界とは天と地の差。

 こんなススンだ冒頭シーンで一気に解放された私。あまりに「BBM」に入れ込みすぎてたなあ。やっぱりたまにはコメディも見なくちゃね。もうロンドン最高! というわけで画面に目が釘付け。

 しかし良いことばかりは続かない。アリムのママがトロントから訪ねてくるのだ。早くに夫を亡くしたママは、早く孫をつくれーとプレッシャーをかける。ジャイルは単なるルームメイトとして扱われ面白くない。ちゃんと説明して理解を求めるべきだと主張する。しかし「ママは遠い国の人だし…」、そんなの無理だとアリム。

 と、ジャイルの反応がまた素晴らしいんですね。「ママは無知だって言いたいの? 失礼じゃないか」って。話せばわかるはずって言いたいのね。なんて素晴らしい恋人なんでしょう。おおらかで暖かくて、ほんと最高! ママと仲良くなりたい、なんてロンドン案内してあげたり。絶対にこんな彼を逃がしちゃダメだよアリム!

 孤独な子供時代を過ごしたアリムは、ケーリー・グラントの幻を唯一の友としてきた。ある意味、アリムの父親代わりでもある。演じるのはカイル・マクマラン。なつかしの映画のパロディも満載。原題の[Touch of Pink]はグラントの映画[Touch of Mink]のもじりだそう。

 そしてグラントといえば「五線譜のラブレター」(LGBT関連映画か行)の記事に書いたけど。実はクローゼットであり、やはりゲイだったコール・ポーターの伝記映画「昼も夜も」にポーター役で主演したのだそうだ。

 いったいラストはどうなってしまうのか、とハラハラしてたら、これまた大どんでん返しが。すんばらしいー! ある意味「ぼくの美しい人だから」と共通していて爽快だ。

 で、この映画って日本未公開なのね、ガーン! こんな傑作ゲイ・コメディが、といささかショックだけどDVDがリリースされてて良かった。激・オススメです。ぜひレンタルで探して見てください。

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=322380

| | コメント (0)

ホテル・スプレンディッド

ホテル・スプレンディッド Music ホテル・スプレンディッド

アーティスト:マーク・シャンツ
販売元:カサレアル
発売日:2001/02/15
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「ザ・有頂天ホテル」がヒットしているせいか、レンタル店でも「ホテル」コーナーが出来てて「ホテル・ヴィーナス」「グランド・ホテル」「ホテル・ニューハンプシャー」などが並んでますが、何故かこの「ホテル・スプレンディッド」は見当たりません。無理もないか。

 劇場で予告を見て、なんか暗そう不気味そう~、と思いました。結局DVDレンタルで見たのですが。ホラーでもサスペンスでもなく、最後はわりあい明るく終わるものの、やはり妙なテイストの映画でした。

 出演者はなじみのない人ばっかで、ただ後に「ロード・トゥ・パーディション」でダニエル・クレイグを見て、どっかで見たなあ、としばらく考えて、ああー、あのホテルのシェフだよ! とようやく思い出した次第。彼、ボンド役に抜擢されたんですって? 

 このホテル、保養施設みたいな感じで、健康食を出すのが自慢…らしいんだけど、とにかくどの料理もまずそう。みんな暗い顔して食べてました、そうだろうなあ。メニュー等は下記から。

http://britannia.cool.ne.jp/cinema/title/title-ho3.html

 そこへ女性シェフが登場、イタリアンなどカラフルで美味な料理を作り始める。元からいるシェフ(ダニエル・クレイグ)と何か遺恨がありそうな? ふたりはサヴォイ・ホテルで料理の特訓を受けたようですね。

 映画の舞台となった北アイルランドの「Slieve Donald Hotel」は写真だと結構よさげなホテルに見えるんですが。映画ではほんとに暗くて。シーズンオフで休業中に撮影したから天候が悪い日が多かったのか。あんまり泊まりたくないなあ、と思ってしまいました。ほんとに妙な映画だったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北北西に進路を取れ

北北西に進路を取れ 特別版 DVD 北北西に進路を取れ 特別版

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2005/07/29
Amazon.co.jpで詳細を確認する

  ヒッチコック監督作品をほとんど見ていない、というのが私の長年のコンプレックスだった。
  リアルタイムで見たのは「ファミリー・プロット」(76)くらい、ごひいきのブルース・ダーンが出ていたこともあり楽しく拝見。リバイバルで見た「レベッカ」は素晴らしかったが。あとはTVで「鳥」。これもきちんと通して見てないような気がするし。

  こんなんだから「ユージュアル・サスペクツ」で最後まで騙されてショックを受け、「ヒッチコックを見なれていれば半分で結末がわかる」との映画ライターの言葉にまたショックを受けるわけだ。
 そうか、ヒッチコックを見ていれば半分で…。あの時は悔しかった!

  というわけで、遅まきながらヒッチコックに挑戦? 第1弾は「北北西に進路を取れ」(59)。
「アリゾナ・ドリーム」を見たときに、この映画の物真似(?)が出てきた。トウモロコシ畑でいきなり複葉機に襲われるケーリー・グラント。
演芸大会か何かで、このシーンの形態模写が。そのシーンも出てくるが、演芸会の観客には舞台での模写は不評だったような。伏せたり走ったりするだけだもんね。

「北北西に…」を見ていれば、もっとこのシーンを楽しめたのになあ、とまたまた悔しさをかみしめた。で、実際にそのシーンを見て、なるほどこういうシチュエーションか、とニヤニヤしたのだった。

  主人公ソーンヒル(ケーリー・グラント! 彼もゲイだったそうで。詳しくは「五線譜のラブレター」の感想をどうぞ)は、ある日突然、誘拐・拉致される。どうも別人と間違われているようなのだが?
「巻きこまれ型サスペンス」の最高傑作、なのだそうだ。確かに47年たった今見ても出色の出来だとわかる。

  謎の美女エヴァ・マリー・セイントも魅力的だし、追い詰められてラシュモア山の岩壁に彫られた歴代大統領の顔に逃げ込むラストまで一気に見せる。
 やはり20世紀最高の監督といわれるだけのことはあるみたい。「サイコ」なんかも怖そうだけど見てみようかな。

 敵役で出てくる若き日のマーティン・ランドー、スマートで眼光の鋭いこと、カッコイイ。つい「エド・ウッド」でのおちぶれたドラキュラ役者を思い出してしまうが、こんな時代もあったのねえ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぼくの美しい人だから

ぼくの美しい人だから DVD ぼくの美しい人だから

販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
発売日:2005/11/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 また消えちゃったよお、ほとんど完成してたのに。やっぱりメモ帳に書いてからコピペすればよかった。(涙)

 気を取り直して、と。えー、このDVDは去年の春にゲットしてたんですが、いま980円の廉価盤が出回ってるんですね。もっと安くなるまで待ってればよかった。

 それはさておき、この年の差カップルは凄いです。16歳の年齢差。スーザン・サランドンは実生活でも夫君ティム・ロビンズと一回り違いますが、いいなあ。いえ、実は私、年下くんが大好きなので。

 そしてこの映画、主人公マックスを演じるジェームズ・スペイダー、いいですね。前からスチール写真を見て好みだったけど、映像を見たらほんとに好みで困ってしまった。色んな作品に出てるのに、いままで出会えなかったのが残念。でもこの1本だけでいいくらい、気に入ってしまいました。なんてったって設定がツボ。

 5つくらいならともかく、10歳以上の年齢差があると、女がイニシアチブをとりがちですよね。それはマザコンというのではなく、若い男性が愛と尊敬をもって大人の女性をエスコートしていく。女も人生の先輩として広い心で彼を見守っていく。といった感じかな。

 だから同じ年下くんでも「グッド・ガール」みたいのはペケです。私が好きになる年下くんは、この子、年下なのに、こんなにしっかりしてて男らしい、素敵! なのであって、単なる依存心の強いガキに用はねーよ、ってことです。

 舞台はニューオーリンズ。年齢だけでなく住む世界が違いすぎるマックスとノーラ。でもマックスは愛妻を事故で、ノーラも息子を病気で失くしている。その喪失感が、最初は二人を結び付けたような。うまくいきっこない、と思いつつ、半同棲が始まる。

 マックスは富裕層のユダヤ系、なにかというと一族郎党集まってパーティ。早く再婚相手を探せと周囲はうるさい、実際につりあいそうな女性を紹介したりする。ノーラはバーガーショップで働く、家庭事情も複雑そうだ。なかなか家族に紹介してくれないマックスを、ノーラは「私が恥ずかしいんでしょ!」となじる。

 やっとマックスの一族に紹介されたノーラだが、やはり冷たい視線を浴びる。愛しあっているのに、これではハッピーエンドは無理かなあ。ノーラは姿を消してしまう。

 と、大逆転が待ってるんですね。以下、ネタばれなのでご注意。

 大逆転とは。ノーラではなく、マックスの方が相手に合わせるのだ! 

 つまりニューオーリンズを脱出し、ノーラのいるNYに向かう。家も職も捨て、ノーラとの再出発を宣言する、素晴らしい! 最後はべたべたの甘々、まいったまいった。

 虚飾に満ちた生活と決別し、新たな人生を選び取り、大切な人を手に入れたマックス。ノーラももうシニカルなことは言わない。ほんとにすがすがしいラストだった。もっとどろどろした話かと気が進まず見ずにいたなんて、もったいないことしちゃった。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ぼくのバラ色の人生

ぼくのバラ色の人生 DVD ぼくのバラ色の人生

販売元:日活
発売日:2000/05/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 リュドヴィック(ジョルジュ・ドゥ・フレネ)は7歳。マッシュルームカットが似合う可愛い男の子。彼には女の子になりたかった。いつかなれると信じていた。
 けれど、転校した学校でお気に入りのものを持ってくるように言われて、お人形を持参した男の子はリュドゥヴィックだけ。そして彼は隣の家の男の子に恋をする。

 故・淀川長治氏によれば、この作品(97・英・仏・ベルギー合作)はベルギー色が強いということだが、私にはさっぱりわからない。舞台はフランスか、ベルギーのフランス語圏。
 リュドヴィックの性向は近所のひんしゅくをかい(パーティにスカートをはいていったり)、ガレージに「オカマは出ていけ!」などと落書きが。ヨーロッパでもこうなのか、とがっかりしてしまった。
 母親はリュドヴィックの頭を丸刈りにしてしまう。映画館では、前の女性が泣いていた。私は心の中で、髪を切られても君は女の子だからね、とエールを送っていた。

 心を閉ざすリュドヴィック。が、男の子のような女の子と知り合い、彼女に気に入られたこともあり、最後は明るめに終ってよかった。一緒に行った友達は「どこがバラ色なんだ」と怒っていたが。
 7歳にして人生の辛酸をなめてしまったんだもんなあ。リュドヴィックは存在を全否定されたようなものだもの。誰もが自分の生きたいように生きられる人生を歩めるといいのだが。
 と書くと深刻な映画に思われるかもしれないが、ポップな色づかい、リュドヴィックだけに見える妖精が出てきたり、メルヘン的な楽しい作品だ。その底に、重大なテーマが隠れているのがすばらしい。淀川氏も触れていたように「アメリカでもこのテの映画には手をつけかねていた」のだ。アメリカでも、じゃなくてアメリカだから、という気もするが。

 アメリカ映画界はけっこう保守的なところだと思う。ゲイや異常者の役はイギリスなど、他国のアクターが演じることが多いように思うのだが。
 というわけで、「ぼくのバラ色の人生」は、ヨーロッパ映画らしい秀作です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

▲アン・リー監督作品 | ▲ジェイク・ジレンホール出演作 | ▲ヒース・レジャー出演作 | ▲ブロークバック・マウンテンⅡ(51)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅣ(151)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅧ(351)~ | ▲ブロークバック・マウンテン | ▲ブロークバック・マウンテンⅢ(101)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅤ(201)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅥ(251)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅦ(301)~ | ▲私見・アカデミー賞 | △LGBT映画 あ | △LGBT映画 い~お | △LGBT映画か、が行 | △LGBT映画さ、ざ行 | △LGBT映画た、だ行 | △LGBT映画な行 | △LGBT映画は、ば、ぱ行 | △LGBT映画ま行 | △LGBT映画ら行 | △LGBT映画わ行 | △「腐女子」を考える | △ジェンダー関連 | △ドラマ | ある日どこかで | アーサー王伝説 | エド・ウッド関連 | クリスト・ジフコフ出演作 | サッカー | ジェラール・フィリップ出演作 | ジェームズ・フランコ出演作 | ジェームズ・スペイダー出演作 | ジャック・ガンブラン出演作 | ジャレッド・レト出演作 | ジュード・ロウ出演作 | ジュード・ロウ関連映画 | ジョニー・デップ出演作 | ダニエル・デイ・ルイス出演作 | ドラマ | パリの本 | ポール・ニューマン出演作 | レオナルド・ディカプリオ出演作 | ヴァンサン・ペレーズ出演作 | ヴィスコンティ作品 | 人形アニメ | 写真集 | 小説あ行 | 小説か行 | 小説さ行 | 小説た行 | 小説な行 | 小説は行 | 小説や行 | 市川雷蔵出演作 | 年下の彼 | 忘れられないコミックス | 忘れられない小説 | 忘れられない随筆 | 戦争の記憶・ヨーロッパ | 日本映画あ行 | 日本映画か行 | 日本映画さ行 | 日本映画た行 | 日本映画な行 | 日本映画は行 | 日本映画ま行 | 日本映画や行 | 日本映画ら行 | 映画あ | 映画い | 映画う | 映画え | 映画お | 映画か | 映画き | 映画く | 映画け | 映画こ | 映画さ | 映画し | 映画す | 映画せ | 映画そ | 映画た | 映画ち | 映画つ | 映画て | 映画と | 映画な | 映画に | 映画の | 映画は | 映画ひ | 映画ふ | 映画へ | 映画ほ | 映画ま | 映画み | 映画む | 映画め | 映画も | 映画や | 映画ゆ | 映画よ | 映画ら | 映画り | 映画る | 映画れ | 映画ろ | 映画わ | 映画書籍あ行 | 映画書籍か行 | 映画書籍さ行 | 映画書籍た行 | 映画書籍は行 | 映画書籍ま行 | 映画書籍や行 | 映画音楽 | 滝口雅子詩集 | 猫いろいろ | 私のルーツ | 美術書CATS | 美術書あ行 | 美術書か行 | 美術書さ行 | 美術書た行 | 美術書な行 | 美術書ら行 | 華氏911 | 追悼 伊福部昭 | *Football | *コメディ映画あ行 | *コメディ映画さ行 | *コメディ映画た行 | *コメディ映画ま行 | *コメディ映画や行 | *家族問題 | サンドラ様blog開設お祝いカード