シャーロック・ホームズ(3)

僕たちの好きなシャーロック・ホームズ (宝島SUGOI文庫) Book 僕たちの好きなシャーロック・ホームズ (宝島SUGOI文庫)

販売元:宝島社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前の記事ではURLの紹介に終わってしまいましたが、アメリカTV/映画ノーツさんの「シャーロック・ホームズ」レビューは非常に興味深いものがありました。いやにアクション派のホームズだなーと思いましたが、ロバート・ダウニーJr.は「アイアンマン」にも主演してたんですね。シネコンで「アイアンマン2」の予告を見ておきながら、なんだかピンとこなくて。どうしても彼は「ゾディアック」の屈折した記者のイメージが強いんですよねー。

イメージが変わったのはジュード・ロウ演じるワトソン君も同様。TVドラマではあまり存在感がなかったのですが、確かに【これまでのシャーロック・ホームズ作品としてのキャラクター比率がホームズとワトソンで8:2くらいだとしたら、今回は7:3か、あるいは6:4くらい】にはなっていそうです。ほぼ対等の相棒って感じです。アクションもけっこうありましたね。

ホームズに絡むアイリーン・アドラー(レイチェル・マクアダムス)も出番が多いしアクションもするし、ワトソンの婚約者もけっこう強い感じで恋人というより頼もしい姉、といった雰囲気です。その分(?)ホームズとワトソンの関係が微妙というか、ホームズは明らかにワトソンの婚約をぶちこわそうとするし、アイリーンとの仲もイマイチ色っぽさが感じられません。ワトソンは何度もホームズにひどいことをされて愛想を尽かしてるぽいのですが、ピンチの時にはちゃんとフォローというか、どうしても見捨てられないようです。腐れ縁ですかねえ。こんな感じで次回も2人の活躍を期待したいものです。

それにしてもアメリカではルパンは人気がないのですかー。私も特に好きというわけではありませんが、中学のとき図書委員をしていて、あまりにホームズとルパンシリーズの貸し出しが多くて驚いた経験があります。だから両者の人気は双璧、と思い込んでいたのですがこれは日本だけの事情なんでしょうか?

| | コメント (0)

シャーロック・ホームズ(2)

シャーロック・ホームズの冒険DVD BOOK vol.16 (宝島MOOK) (DVD付) Book シャーロック・ホームズの冒険DVD BOOK vol.16 (宝島MOOK) (DVD付)

販売元:宝島社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ホームズといえば、NHKで放映されていた「シャーロック・ホームズの冒険」が真っ先に浮かぶ人も多いのではないでしょうか。私もそうですね、さほど熱心なファンではありませんでしたけど、研究所まであるんですね! 高価なDVDボックスも出てますが、宝島社ではDVD付きMOOKを刊行、お求めやすい価格ですね。そして、何故わざわざvol.16をご紹介するかというと、分かる人にはわかりますね。そう、「ショスコム荘」に、今回の映画でワトソン君を演じたジュード・ロウが出演してるのです!

 Amazonレビューは1件のみですが、「今のイケメンぶりからは想像もつかない、言われなければわからん(笑) 」ですかあ。確かに垢抜けてはいませんが(そういう役だし)美形だったと思いますけどねえ。ジュードは当時、19歳だったと聞いております。

 と、ここまで書いて、宝島MOOKより、もっとお得なDVDを発見。「ショスコム荘」だけでいいなら、こっちがお得でしょう。

★お買得!送料込み!シャーロック・ホームズの事件簿 Vol.3 「ショスコム荘」 ★お買得!送料込み!シャーロック・ホームズの事件簿 Vol.3 「ショスコム荘」

販売元:カレンダー楽天市場店
楽天市場で詳細を確認する


【後に映画「AI」でスターダムに駆け登った、若き日のジュード・ロウの演技も必見。】ですって。「AI」の前に「リプリー」でオスカー候補に挙がってますけど??? それはともかく、ジュードの演技に言及してくれてて嬉しいです。私はレンタルで見たのかな? すぐ引っ込んでしまったのでこれだけ? と思ったら最後の最後で楽しませていただきましたー! 未見の方はぜひどうぞ。

 こちらの視点がなかなかです、ぜひどうぞ

| | コメント (0)

シャーロック・ホームズ

シャーロック・ホームズ オリジナル・サウンドトラック Music シャーロック・ホームズ オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:サントラ
販売元:SMJ
発売日:2010/03/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 公開から1ヶ月以上過ぎて、やっと見に行くことができましたー、やれやれ。やはりスクリーンで見たい映画ですよね。予告を見て、絶対に! と思っておりましたです、はい。なんといってもジュードとロバート・ダウニーJr.の共演ですし! そうでなくても、あの予告には惹かれました。公式サイトでどうぞ!(本編を見てからのほうが予告は面白い気がしますが)

 8年前。3日だけ滞在したことのあるロンドン。お目当てはジュード主演の舞台でしたが、その劇場の裏通りはダークな雰囲気で、本作に出てくる19世紀ロンドンを彷彿とさせるのです。世界的大都市も、裏通りには今も産業革命当時の闇の部分を併せ持つ?

 私は特にホームズファンというわけではありません。1~2作は読んでいるのでしょうか? 中学時代は図書委員で、ホームズとルパンシリーズの貸し出しの多さに驚嘆した憶えはありますが。確かに面白いですよね。でも、今回の映画は、ちょっとイメージが違ってました、とっても肉体派なホームズでした。そしてワトソン君は、なにせジュードが扮しているので伊達男、ひげも似合い過ぎです。そしてホームズとの腐れ縁は十二分に感じられました、いつも実験台にされるキュートな愛犬もいいですね。

 ホームズが唯一、愛したらしい女性アイリーン(悪女?)にはレイチェル・マクアダムス。最後まで「誰だっけ、どこかで見たんだけど」と名前が思い出せませんでした、「きみに読む物語」のヒロインだったとは! 大人っぽくなりましたよねー、当然か。でもって、ワトソン君にも理解ある婚約者がいるのですが、男と男の絆は断ち切れないようで?

 ストーリーはテンプル第4騎士団、でしたっけ? 秘密結社をめぐるおどろおどろしいものでで、なんかホームズのイメージに合わない気がしたのですが、私がTVドラマのホームズシリーズの明るいムードに騙されていただけかもしれません。水木しげる先生のマンガで知った(ドイルが心霊術に魅せられていたこと)件を、映画の途中で思い出しました。

 監督はガイ・リッチーですか、ロンドンの陰鬱な部分は「スナッチ」でもよく描かれていたし、やはりロンドンっ子でなければ作れなかった映画かも。同じく寒い北国育ちの私には好きになれない暗い空のロンドンですが、産業革命の国らしいエピソードにあふれた本作には感心しきり。市民を戦慄させる怪現象の数々も種を明かせば? です。ちょっと違いますが、特にうなったのは、普通の人間なら死んでるよ? な爆発シーンのスローモーション映像。いやー、19世紀が舞台でも迫力ある映像ってできるんですね。

 と、いろいろ楽しめた本作。いかにも続編アリアリなラストですが、次回作を楽しみに待つことにいたしましょう!

 ところで、劇場の予告ではジェイクの「マイ・ブラザー」が! 3年ぶりにスクリーンで見るジェイクに感無量です、ちゃんと予告を見たのは初めてですが、予想以上に深刻なお話なんですね。それでも早く見たいです。6月4日公開ですか? 「プリンス・オブ・ペルシャ」も来月28日公開、ネットで予告を見ましたが、うーん。「ホームズ」の時に予告で流れた「ウルフマン」「タイタンの戦い」同様、めまぐるしい展開で、どこがどう違うのよ? もち、ジェイクが出てるかどうかは大きな差ですけど、「マイ・ブラザー」のような、しみじみと問題提起する作品が今は見たいです!

 そしてそして、ヒース最後の主演作、7月2日、リリース決定です。ジュードにコリンも出てるし楽しみですよね、2枚組!

【特典ディスク】
■メイキング ■削除シーン ■プレビズ映像&ストーリーボード ■ヒースと友人たち ■ヒースの衣装テスト ■ヒースインタビュー ■鏡の世界 ■ギリアムのイマジナリウム ■寺院の建立 ■キャスト&スタッフ インタビュー集 ■ロンドンプレミア

 はあー、悲しいけど楽しみ!

Dr.パルナサスの鏡 プレミアム・エディション [DVD] DVD Dr.パルナサスの鏡 プレミアム・エディション [DVD]

販売元:ジェネオン・ユニバーサル
発売日:2010/07/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1)

主人公は僕だった

主人公は僕だった コレクターズ・エディション DVD 主人公は僕だった コレクターズ・エディション

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2008/06/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「ダークナイト」の後、むしょうに元気なマギー姉さんと会いたくなりました。本作は映画館で見るはずが行けなかったほど興味津々でした。というわけで早速、拝見しました。原題は「STRANGER THAN FICTION」、事実は小説より奇なり、を地でいった話です。データはこちら

 男は悩んでいた。自分だけに聴こえる、作家の声に。

 というキャッチだけ知っていれば十分ですね。あとは見てのお楽しみ。

 ウィル・フェレル主演だから大コメディかとは思わなかったですね、こういう役も合うみたいです。マギー姉さんとの相性もよさそう。期待通りの元気なキャラクターで嬉しかったです、ちょっと「ダークナイト」での彼女は重過ぎましたので。同じ思いの方、「ダークナイト」から浮上するにはぴったりの作品ですよ?

 とても後味のいいお話だと思ったら脚本も評判だったようですね。主演の2人にエマ・トンプソンにダスティン・ホフマンと豪華キャスト、監督もマーク・フォースターじゃないですか、それなら面白くないはずはないですよ。地味目の映画ですが楽しく拝見。どんなきっかけで人生が変わるか分からないものですね? 確かにSTRANGER THAN FICTION、悪く言えば荒唐無稽ですが、私はすんなり入っていけました。ほのぼのと心があったかくなる映画ですね、見てよかった。

| | コメント (0)

sherrybaby

516ntgsg2bnl  今夜の日曜洋画劇場で「フライトプラン」がオンエアされますね。ピーター・サースガードが出演です、楽しみです。

 ここ数日ジレンホール・ファミリー関連作が続きましたが、今日は久々にマギー姉さん主演作をご紹介。「Rendition」と一緒に取り寄せました、これも日本公開はなさそうですね、せめてDVDを出してほしい。英語字幕がないですよ? データではついてることになってるんですが? 泣く泣く字幕なしで見ました、案の定、さっぱりわかりません。謎解きミステリーとかじゃいないので、どうにか雰囲気はつかめましたけど。

 いやー、噂通りマギー姉さん、素晴らしい体当たり演技です(陳腐な言い方ですが)。アクターたるもの自分をさらけ出さねば、なんでしょうけど、ここまでやらんでも、とちょっと目のやり場に困ったり。R指定でございます、「セクレタリー」以上に熱演が光ります。ゴールデングローブ賞の主演女優賞候補に挙がったのも当然でしょう。

 ヘロインに溺れ、3年間の刑に服して自由の身となり、幼い娘と人生をやり直そうとニュージャージーへ帰ってきたSherryですが、なかなか思うようにはいきません。娘は兄夫婦に預けていたんですが、娘にとっては彼らが両親のようなもの、Sherryにはなつかないんですね。仕事でストレスがたまれば、またヤクに手を出すし~、見ていて辛いです。「代理人」と違って裁判等の山場はなく、Sherryの日常が淡々と描かれていきます。

 家族に問題があったことも散見され、そうだよなー、好奇心だけでドラッグに走るわけないよなー、とため息をつきました。溺れるのは簡単だけど立ち直るのは本当に大変。娘のためとはいえ、この先ちゃんとやっていけるのか? 少しだけ素直になったSherryの成長を感じさせ、希望を残しますが。ドラッグは怖い、現実は厳しい、と痛感したのでした。

| | コメント (0)

死刑台のエレベーター

 

死刑台のエレベーター DVD 死刑台のエレベーター

販売元:紀伊國屋書店
発売日:2006/06/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 15年前、母と一緒にオープンしたばかりの長崎ハウステンボスに行きました。九州なんか行ったことのない母。一人で好き勝手に旅行している父へのあてつけ、でもないのですが。

 長崎駅前のホテルに泊まりました。ホテルのバーから夜景を眺めましたが、母はそういうのが苦手なようで早く部屋に戻りたいようでした。そしてBSで「死刑台のエレベーター」を放映、母と2人で見ました。

 中学2年のとき、マイルス・デイビスの「死刑台のエレベーター」のサントラLPを買い、聞きまくってました。ビデオもない時代、音楽を通じて映画を想像するしかなかったのです。そして、思いがけず母と一緒に、旅先の長崎で「死刑台のエレベーター」を見ることができました。その前に深夜放送で見ていたかもしれないのですが。完全犯罪が、1枚の写真によって脆くも崩れていく。印画紙に徐々に浮かび上がっていく確かな証拠。ジャンヌ・モローの美しかったこと!

 人間っておろかだね、と母は言いました。またこのホテルに泊まりたい、とも。

 私の映画好きは、きっと母の影響なのだと思います。1月から母は入院しておりましたが、昨日、他界いたしました。うちのマンションの前を通り、すぐそこの橋を渡った向こうの祭儀場に、母はいま眠っています。彼岸のせいか、あさってでないと火葬の予約が取れませんでした。

 こんな極私的な話は、このブログにはそぐいません。近頃、ドラマメインの軽い話題ばかりだったのは、母の容態が急変したのも原因のひとつだったのは確かです。普通に通夜、葬式をしてたら、記事を書くどころじゃありません。ごく内輪で葬儀を済ませることにいたしましたので、あさっての火葬まで、特にすることもないのです。

 エントランスを出て、川沿いに少し歩き、橋を渡った向こうの祭儀場に母はいます。とても不思議な気持ちです。BBM(120)に橋の話を書きましたが、橋の向こうは確かに異界だな、と思う次第です。

|

初体験/リッジモント・ハイ 

初体験 リッジモント・ハイ (ユニバーサル・セレクション第2弾) 【初回生産限定】 DVD 初体験 リッジモント・ハイ (ユニバーサル・セレクション第2弾) 【初回生産限定】

販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
発売日:2007/08/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 25年も前の青春映画です。ジェニファー・ジェイソン・リー(けっこう好き) の若い頃が見たかったのですが、他にもショーン・ペン、 フィービー・ケイツ 、アンソニー・エドワーズ  、ニコラス・コッポラ (ニコラス・ケイジ) にフォレスト・ウィッテカー !? ウィッテカーさん(フットボール選手の役です、赤いスタジャン~、彼にもこんな時期があったのですね)、若い、若すぎる! データはこちら

 テーマはずばり初体験、リッジモント高校に通うステイシー(J.J.リー。あまりにういういしくて目がテンに。)は早くバージンを捨てたくてたまらない様子。学食でニンジンを使い、その日に向けてのレッスンなど受けてます。そしてめでたくオンナになる日がやってくるのですが、なんだかなー、の結末。

 しかし、遊ばれて落ち込むということもなく、次の相手もちゃんとゲット。兄の恋模様も描かれる一方、ショーン・ペン演じるサーファー風のジェフは、いったい話と何の関わりがあるのか、いつ本筋にからんでくるの、と思ってるうちに終わってしまいました。そしてA.エドワーズとニコラス・ケイジはとうとう最後までどの子だか特定できませんでした。(涙)たぶん主要キャラの友人役だったと思うのですが?

 というわけで、特にどうということもない話、売りはやっぱり豪華な出演陣でしょう。あのころはみんなこんなに若かったのね~。特にウィッテカーさんは拾いものでしたね、本当に。いまこの面子で続編、「25年目の同窓会/リッジモント・ハイ」なんていかがでしょう、出演料だけでどえりゃ~ことになりそう?

| | コメント (2)

地獄の逃避行

地獄の逃避行 DVD 地獄の逃避行

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2007/06/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 偶然出会ったブログ「どんな部屋で暮らしたい?」をイッキ読みしてしまいました。(お気に入りに追加済み)札幌在住の大工ゴウさんが「住む人の身になって」リフォーム等されている姿に頭が下がり、かつて間取り図が大好きだったこと、理想のリフォームを夢見ていた頃をなつかしく思い出しました。椅子の張替えなどDIYの記事も楽しいです。お近くの方、リフォームはぜひゴウさんにご用命を!

 と、こちらの記事でブルース・スプリングスティーンの「ネブラスカ」が取り上げられているではないですか。彼はテレンス・マリックの処女作('73、未公開)「地獄の逃避行」にインスパイアされてこの曲をつくったのだそうです。映画の予告はこちら。シシー・スペイセクは当時23歳ながら15歳の少女を演じて違和感なし。「キャリー」でも26歳にして17歳役、初めてシシーを知った映画ですが、あの初々しさには驚きましたねー。

「地獄の逃避行」は、ジェイクファンにとっては「グッド・ガール」でホールデンが泳ぐシーンが本作へのオマージュ、とコメンタリで監督が語っていて興味深いです。実際に見てなるほど、でした。当時はテレンス・マリックの存在も知りませんでしたねー。先に「天国の日々」を見てしまいましたが、「地獄の逃避行」(この邦題、「天国の日々」と対?)も問題作です。

 映画では25歳、実際の事件では19歳、ジェームス・ディーン似のキット(マーティン・シーン。チャーリー・シーンのパパ。)と15歳のホリー(シシー・スペイセク)の逃避行。無雑作に人を殺す(ように見える)キットには戦慄します。次々と殺人を重ね、最後はお決まりのコースです。最初に犠牲になるのはホリーの父親(ウォーレン・オーツ)と、配役も豪華。34年前の作品ですか、うーむ。原題は「Badlands」、ワイオミングの地名(シャイアンの街の灯がどうとか)も出てきます。乾いたタッチの秀作かと。

↓私にとってシシーとの出会いの映画。怖いけど必見です!

キャリー (特別編) DVD キャリー (特別編)

販売元:20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン
発売日:2007/07/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1)

ジャイアンツ

ジャイアンツ コレクターズ・エディション DVD ジャイアンツ コレクターズ・エディション

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2006/09/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ジェームス・ディーン出演作、第2弾は「ジャイアンツ」です。レンタルでも2枚組、特典が多いのかと期待したら本編が長い(201分)のでした。いやー大河ドラマでしたね。30年にわたるテキサスの大農場一家の物語。この作品もいろいろあったのですね。

 東部の女性レズリー(エリザベス・テーラー)がテキサス男ジョーダン・ベネディクト(ロック・ハドソン)に恋をして。彼にずばり言うのです、「テキサスはメキシコ人から盗んだ土地なんですね」、それを言っちゃあお終いよ、なんですがジョーダンは逆にレズリーに興味を抱き2人は結婚、テキサスへと旅立ちます。これは異文化の結婚でもあるのですね。テキサスは特異な土地柄、これを見ておけばBBMでジャックがテキサスでヒドイ扱いを受ける理由もすんなりわかったのに。よそ者に本当に冷たい! Lone Starとかいう一つ星のテキサスの旗をアメリカ国旗以上に大事にしているようでした。

 ホモソーシャルの具体例も見られます。ジョーダンの屋敷で男たちが選挙の話などしている。妻たちは別の場所で大人しくしています。レズリーが男の話に混じろうとすると「女にはわからない話」と。リベラルな育ちのレズリーはかっとなり「原始人みたい」。メキシコ人への差別も露骨、しかしレズリーは少しずつ状況を変えていきます。新婚当時はメキシコ人は使用人でしかなかったけど、子供たちが成人する頃には隣人となり、長男(デニス・ホッパー!)はメキシコ人女性と結ばれます。

 肝心のジェームス・ディーン(ジェット)はベネディクト家の使用人。ジョーダンからは嫌われています。しかし彼の姉ラズが遺言でジェットに遺した土地が意外なことに。

 ジェットが自分の土地に自力で建てた家にレズリーを招き、お茶でもてなすシーンがとても好きです。つつましい建物でしたが花の鉢があったり、心のこもった家でした。リッチになってからのジェットの自宅は出てきません。大邸宅でしょうが、ひえびえとしたものだったと思います。手作りのあの家の温もりはどこにもなかったことでしょう。富だけ手に入れても空しいのです。大富豪になってもレズリーを忘れられなかったジェット、晴れの日を深酒で台無しにした彼の独白は胸に沁みました。

 差別的だったジョーダンもいやおうなく変化させられます。メキシコ人を差別する店主と殴りあうまでになるのですね。アメリカでは60年代までは店に「犬とインディアン入るべからず」の張り紙があったそうですが、テキサスではメキシコ人がこれほどに? いろいろなことを知ることができた貴重な作品です。ジミーの出演作というだけでなくスケールの大きいおおらかな人間ドラマとしてこれからも生き続けていくでしょう。

 嬉しかったのはHit the hay(干草に埋もれる=寝る)という台詞が何度か出てきたこと。BBM(原作)でdozy embraceに出てくるイニスの台詞、母が昔言ったという「さあさ、干草に埋もれる時間(おやすみの時間の意)だよ」。実際に映画で使われたのははじめて聞きました。

 ところで「理由なき反抗」で石油王ポール・ゲティの屋敷が使われていたと知り、思い出したのがゲティ家の誘拐事件です。ポールの孫が誘拐され耳を切られたという事件があったのですね。検索したら何故かジャレッド・レトがヒット。誘拐された孫の息子がジャレットと親交があるんだそうです。そのバルサザール・ゲティは「蝿の王」に主演。前から気になってるんですが、やっぱり見るべきでしょうか?

蝿の王 DVD 蝿の王

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2007/05/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (3)

知らなすぎた男

知らなすぎた男 DVD 知らなすぎた男

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2006/12/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

その男は本当に知らなかった!!
[ダイ・ハード]より運がよく、[007]より女にモテ、 ヒッチコックよりも先が読めない 
映画史上最強のウルトラC級スパイ・ムービー。

 上記のキャッチ通りまさにウルトラC級、近来まれに見る傑作コメディ!(98年の作品ですが)笑いが足りない方に激・オススメ、今なら690円で手に入ります。

 ヒッチコックの「知りすぎていた男」(THE MAN WHO KNEW TOO MUCH)のパロディだろうと思って一緒に借りてきました。TOO MUCH→TOO LITTLE、さあどんなパロディ? もちろん先にヒッチ先生の方を見たのですが、タイトルは似てても中身はぜんぜん別ものでした。

 オープニング・クレジットは「ピンク・パンサー」かOO7風音楽をバックにマトリョーシカ人形に細工する男、どうも時限爆弾を作っているようです。もしかして面白い? と期待がふくらみます。

 期待は裏切られませんでした。苦手だったビル・マーレーが実にいい味出してます。アイオワのビデオ店で働くリッチー(マーレー)がロンドンに住む弟ジェイムズ(ピーター・ギャラガーなんですよ、ぜんぜん似てない、濃ゆい~)を訪ねてきたものの、邪魔にされて…。そこから先は書きたいけど書かないほうが…、何も知らずに見るほどに楽しめると思います。最近そんな感想ばっかりですが、それだけ意外性を満喫できますので~。allcinemaのレビューでも大好評、やっぱりね。見た後でそうそうそう、と頷いてくださいませ。

 ちょこっとネタばれ? 「バルト海舞踏団」のコサックダンスは見事でした、ついでですがPeter Presenting Brokebackもご覧下さい。

 凸凹兄弟のほかに怪優アルフレッド・モリナ(「プリック・アップ!」怖かった)、ジェイムズの妻は「フォー・ウェディング」の花嫁の1人だし、ちょい役でデクスター・フレッチャーも。なかなか豪華な出演陣(カルト?)です。

 脚本は原作者と共同でハワード・フランクリンが書いてます、「薔薇の名前」の脚本家の1人なんですね。映画は脚本が命ですが、硬軟どちらもイケる脚本家なんでしょうか。かの名作、廉価盤が出るたびにすぐ完売ですが、来月には再び廉価盤が登場とのこと、楽しみですね。

DVD 薔薇の名前 特別版

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2007/05/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

▲アン・リー監督作品 | ▲ジェイク・ジレンホール出演作 | ▲ヒース・レジャー出演作 | ▲ブロークバック・マウンテンⅡ(51)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅣ(151)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅧ(351)~ | ▲ブロークバック・マウンテン | ▲ブロークバック・マウンテンⅢ(101)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅤ(201)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅥ(251)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅦ(301)~ | ▲私見・アカデミー賞 | △LGBT映画 あ | △LGBT映画 い~お | △LGBT映画か、が行 | △LGBT映画さ、ざ行 | △LGBT映画た、だ行 | △LGBT映画な行 | △LGBT映画は、ば、ぱ行 | △LGBT映画ま行 | △LGBT映画ら行 | △LGBT映画わ行 | △「腐女子」を考える | △ジェンダー関連 | △ドラマ | ある日どこかで | アーサー王伝説 | エド・ウッド関連 | クリスト・ジフコフ出演作 | サッカー | ジェラール・フィリップ出演作 | ジェームズ・フランコ出演作 | ジェームズ・スペイダー出演作 | ジャック・ガンブラン出演作 | ジャレッド・レト出演作 | ジュード・ロウ出演作 | ジュード・ロウ関連映画 | ジョニー・デップ出演作 | ダニエル・デイ・ルイス出演作 | ドラマ | パリの本 | ポール・ニューマン出演作 | レオナルド・ディカプリオ出演作 | ヴァンサン・ペレーズ出演作 | ヴィスコンティ作品 | 人形アニメ | 写真集 | 小説あ行 | 小説か行 | 小説さ行 | 小説た行 | 小説な行 | 小説は行 | 小説や行 | 市川雷蔵出演作 | 年下の彼 | 忘れられないコミックス | 忘れられない小説 | 忘れられない随筆 | 戦争の記憶・ヨーロッパ | 日本映画あ行 | 日本映画か行 | 日本映画さ行 | 日本映画た行 | 日本映画な行 | 日本映画は行 | 日本映画ま行 | 日本映画や行 | 日本映画ら行 | 映画あ | 映画い | 映画う | 映画え | 映画お | 映画か | 映画き | 映画く | 映画け | 映画こ | 映画さ | 映画し | 映画す | 映画せ | 映画そ | 映画た | 映画ち | 映画つ | 映画て | 映画と | 映画な | 映画に | 映画の | 映画は | 映画ひ | 映画ふ | 映画へ | 映画ほ | 映画ま | 映画み | 映画む | 映画め | 映画も | 映画や | 映画ゆ | 映画よ | 映画ら | 映画り | 映画る | 映画れ | 映画ろ | 映画わ | 映画書籍あ行 | 映画書籍か行 | 映画書籍さ行 | 映画書籍た行 | 映画書籍は行 | 映画書籍ま行 | 映画書籍や行 | 映画音楽 | 滝口雅子詩集 | 猫いろいろ | 私のルーツ | 美術書CATS | 美術書あ行 | 美術書か行 | 美術書さ行 | 美術書た行 | 美術書な行 | 美術書ら行 | 華氏911 | 追悼 伊福部昭 | *Football | *コメディ映画あ行 | *コメディ映画さ行 | *コメディ映画た行 | *コメディ映画ま行 | *コメディ映画や行 | *家族問題 | サンドラ様blog開設お祝いカード