SPACE BATTLESHIP ヤマト(2)

LOVE LIVES Music LOVE LIVES

アーティスト:スティーヴン・タイラー
販売元:SMJ
発売日:2010/11/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

いいですね、青い地球! 「SPACE BATTLESHIP ヤマト」で赤茶けた無残な姿を見せられたあとでは涙が出るほど美しくいとしく感じます。結局、2回目も行ってしまいました。今度は台詞もしっかり聞き取って、前回より落ち着いて楽しめましたね。

んー、VFXはハリウッドに比べたらまだまだ、らしいですが、私には十分でした。こういう宇宙での戦いを実写で見たかったみたいです、私。アニメだと、ヤマトではなく「ガンダム」「イデオン」で充足してしまって、ヤマトは、どうしても、なぜ「戦艦大和」が宇宙戦艦のモチーフにされるのか疑問を感じてしまったのかもしれません。でも、実写版を見られてよかったです。名作ではありませんが、力作であり意欲作です。もう1回くらい見に行ってしまいそうです、どうしちゃったんでしょう、私!

さて。実写というと、昔昔、「キャプテンウルトラ」が好きでした。

54ced0920ea01f98d6162210l1967年頃の東映作品、テレビ放映のあと、たぶん東映まんが祭りで上映されまして、私も見に行きました。テレビはまだ白黒時代、大画面で、カラーで見られるのを楽しみにしていたのですが。キャプテンウルトラが無重力で空中で前転するシーン、なんとピアノ線が丸見えで大ショックを受けました。宇宙空間もなんだか青すぎてチープだし。それを思うと今回のヤマト、申し分ないです。比較の対象が違いすぎて申し訳ないですが。ついでですが画像の左端、サザエの被り物(キケロのジョー )の方は小林稔侍さんで、これがプロデビュー作だそうです。「せっかくのチャンス、喜んで演じさせていただきました」といつぞやTVで談話を覗いまして驚いたものです。

ヤマトの感想はいろいろ読みましたが、いちばん納得できたのが、こちら。「凄く興奮し、とても感動し、だけれども突っ込みもした」と素直におっしゃるヤマトファンの方です。ネタバレ全開ですのでご注意ください。アニメ版に思い入れの無い私はついていけない箇所もありましたが、そうそう、そうよねー、と、何度もうなづきながら読みました。映画を見たあとでじっくりお読みくださいねー。

| | コメント (0)

SPACE BATTLESHIP ヤマト

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」ORIGINAL SOUNDTRACK Music 「SPACE BATTLESHIP ヤマト」ORIGINAL SOUNDTRACK

アーティスト:サントラ
販売元:カナメイシレコード
発売日:2010/12/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

行ってきました、YAMATO! 初日の初回に、と意気込んではいたけど、まさか朝9時から上映とは。電車混むなーと思いつつ、私は今日1日だけの苦行、初回に行けるのにぶつくさ言ってはバチが当たる! というわけで。

えーっと、私は存分に堪能して帰ってきました。まだ高揚感が続いてますね。私的には、どんなに期待しても期待を裏切られることはないと確信していました。というのは、YAMATOの発進や宇宙での雄姿を実写で見られるだけで御の字。他はすべておまけのつもりで臨みましたので。臭い芝居があろうが、キムタク始めキャスト、スタッフの熱意が空回りしようが失望することはあるまいと妙な自信があったのです。

前にも書きましたが、私、アニメのヤマトシリーズには何の思い入れもありません。1話も見たことがないです。ただ、発想と音楽は素晴らしいのではないかと。ここんとこずっと、頭の中でささきいさおさんの主題歌が渦巻いていて困りました。先週は公開直前のためかNHKでささきさんが熱唱してらっしゃいました。

コアなヤマトファンには突っ込みどころ満載かもしれませんが、あらすじ程度の知識の私は何の障害もなく没頭できました。心から沖田艦長、古代や森雪の思いに共感できたし、あの苦手な西田敏行さえ許容範囲に感じられました。確かにドラマ的に「くどい! 早くしないと攻撃されてまうがな!」とイライラするシーンが皆無だった、とはいいませんが。キャストスタッフ総員の、YAMATOへの熱い思いは画面から迸っておりました。

それにしても息苦しかった! 無限の宇宙とはいえ、艦の外は死の暗闇。守るべき地球は放射能に汚染され尽くした赤茶けた瀕死の星。緑が恋しくて、回想シーンの緑の草原や沖田艦長の部屋にあったあるものに癒されました。終わって外に出て、真っ先に私は緑を探していました。この星のいとおしさを再確認させてくれましたね。

映画の日とはいえ、初日の初回、それも朝の9時から。その割にはお客が多かったような。そして終映後、何人もの方が携帯メールを打っているのが印象的でした。感想を伝えたい人がいたのか、私と同じように記事を打っていたのか。そんな姿はどんな映画の後も見たことがないです。皆さん、気に入ってくれたのならいいけど。

あー、どうしよう。1度で十分だろうと高をくくっていましたが。よもやの再見があるかもしれません、意外に悲しくない(私的には)ラストだったので。今度は筋がわかっている分、リラックスして見られ、安心して泣けそうです???

迷っていらっしゃる方にはぜひ! とオススメします。艦長代理のブログも必読ですよー。

| | コメント (1)

深呼吸の必要

深呼吸の必要 [DVD] DVD 深呼吸の必要 [DVD]

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2005/01/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

深呼吸の必要」というタイトルだけ聞くと内容が「?」ですが、たまたま手持ちのキネ旬で特集されていて、前から見たいと思ってました。

【――さとうきびを刈ったことがありますか?"きび刈り隊"。今でも沖縄に残る、さとうきび収穫時のアルバイトである。応募してきたメンバー達は寝食を共にし、来る日も来る日もひたすらきびを刈り続ける。
それぞれの思いを胸に、本州から渡ってきた7人の若者達。彼らを待ち受けていたのは、全長3mを超えるきび7万本を35日間で刈り取らなければならないという試練だった。】

とまあ、そういったお話です。日給5千円、けして高給ではないです。それでも島に渡ってきた彼らは、それぞれに何かを抱えているのでしょうが、あまりバックははっきりと描かれません。ちょっと肩透かしな感じですが、逆に言うと説明されないほうが想像できていいような。意見の食い違いであわや、といったシーンでも殴り合いになったりはしません。淡々とした描写が多いのですが、説明過多な映画が多い中、好感が持てます。逆に、想像力を働かせるのが苦手な人は、なんだこりゃ、なのかもしれません。

そしてどうでしょう、この豪華キャスト陣! 6年前だから出来た?

香里奈、谷原章介、成宮寛貴 金子さやか、久遠さやか、大森南朋

で、とっても暗い女子高生が出てくるんですが、どっかで見た顔だなあーと思ったら。長澤まさみ、でした。

キャストは実際にさとうきびを刈って、一緒に食事して、映画の中で描かれたのと同じ生活を送ったらしいですが、極言すれば刈って食べて、それだけの映画です。それなのに見終わって「いい映画だった」とつぶやいてしまいました。その理由は、実際に見ていただかないとわからないかもしれません。彼らがいるはずもないのに、不意に沖縄に行きたくなってしまいました。

しかし大森南朋って、アロハシャツも似合うんですね。

| | コメント (0)

SPACE BATTLESHIP ヤマト「予告編」(2)

SPACE BATTLESHIP ヤマト (小学館文庫 わ 9-2) Book SPACE BATTLESHIP ヤマト (小学館文庫 わ 9-2)

著者:涌井 学
販売元:小学館
発売日:2010/10/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」の公開まで2ヶ月を切りました。公式サイトにはキムタクも登場し、あと57日、の告知に胸が躍ります、うひゃー。キムタク、最近はギャツビーだかのCMで見かけますが、ますます色気が増しているような。やっぱ男は30台からよね? 黒木メイサもクールビューティぶりがなんとなくいい感じーって、これまたCMでしか見てないのですが。

予告編もVFX部分がかなり加味され迫力があり、ますます楽しみになってます。ただ、主題歌がスティーヴン・タイラー? なんか「アルマゲドン」みたいだなあ、と思ったら、どうもその線を狙ってるらしく、うーん??? 見てない映画にケチつけるのもなんですが、あの大味と評された作品の方向を目指すのはどうでしょう、確かに自己犠牲の精神は共通するものがあるかもしれませんが。まるで別次元の話なんだし、変な方向に行って、ますますオリジナルつーかアニメファンの逆鱗に触れるのでは、と思ったり。どういう層をターゲットにしてるんでしょうねえ?

とにかく私はミーハー的に宇宙空間の迫力あるバトルに期待してます。(なのに「スターウォーズ」は1作も見てないし、何を求めているのでしょうね、私。)浪花節は要りませんが、どうもそうなる予感が。だって、わざわざ「ALWAYS三丁目の夕日」の監督を起用したのですからねー。彼はVFXも得意なのでしたっけ。まさかのアレに宇宙版になってしまうのか? 実態は「SPACE BATTLESHIP 三丁目の夕日」にならないことを祈りつつ固唾を呑んで公開を待ちたいと思います!

| | コメント (0)

SPACE BATTLESHIP ヤマト「予告編」

超合金魂 GX-57 宇宙戦艦ヤマト (初回特典付き) Toy 超合金魂 GX-57 宇宙戦艦ヤマト (初回特典付き)

販売元:バンダイ
発売日:2010/11/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今一番楽しみな映画! それはなんといっても実写版ヤマト、12月1日公開の「SPACE BATTLESHIP ヤマト」」です。もう、初日に行っちゃおうかというくらい楽しみで、12月が待ち遠しくてなりません。あと142日も先です、ひゃー、我慢できるでしょうか、て、するしかないんですが。しかしなんでやねん? なんでヤマトやねん、と自分に突っ込みたくなりますよ、まったく。アニメのヤマトにはまるで興味がなかった私なのに。松本零士の画風が好きでないのと、無節操に映画を何作も作る点が、なんだかなー。

特にキムタクのファンでもないのですが、古代進は彼でよかった、ような。特にキャストに希望もないのですけどね。ドラマ部分は撮り終え、今はVFX部分の製作中でしょうか。予告を見ては、もっと見せてー、と悶々としております。が、本物の予告よりも偽!予告のほうがわくわくしちゃいます、なぜなんでしょう? 原作のイメージに忠実、とのコメントがついてますね。私は逆に原作には何の思い入れもなく、ただ宇宙を行くヤマトや戦闘シーンとかを実写で見たいだけ、なんだと思います、たぶん。

で、あれこれ偽予告を見ているうちにすごいのを発見しました。音楽・伊福部昭です、こ、これは最強! 東映画の総力を結集したがごとき内容、特撮監督が円谷英というのも泣けます。中身も強烈で、ヤマトが出てくる余地なく地球は滅亡しちゃいそうですが、マジ見たいです。冥界から大勢のスタッフに戻ってきてもらわないと無理ですが。これ見た後だと最新のVFXも宮川さんの音楽も薄っぺらく感じてしまいます、おそろしや。それでもやっぱり公開が楽しみなんですけどね。あー、キティちゃんとのコラボ前売り券買っちゃおうかな???

| | コメント (1)

女囚701号 さそり

女囚701号 さそり [DVD] DVD 女囚701号 さそり [DVD]

販売元:東映ビデオ
発売日:2002/07/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 今になって水野美紀主演でリメイクされたという「女囚さそり」。梶芽衣子じゃないと似合いませんが、思い出のある「さそり」です。何故パリ・オペラ座の前で「女囚さそり」の話になったのでしょう? 2003年暮れ、現地で知り合ったバレエファンの女性と「さそり」話で盛り上がったのは確かです。以来、パリ・オペラ座=恨み節、になってしまいました。

 そもそも、私はなんで「さそり」を見たのか。おそらく映画「忍ぶ川」と2本立てだったのだと思います、同じ72年の作品ですから。どういうわけか当時、淡い思いを寄せていた1学年下で剣道部のKが同じ映画館に居合わせていて動揺した記憶もあります。彼は「さそり」目当てだった? いや、インパクトの強い映画でしたね、いまだに「恨み節」は覚えてます、

♪花よ きれいと おだてられ 

咲いて見せれば すぐ散らされる

バカな バカな バカな女の 恨み節

 サン・セバスチャン映画祭関連で、ビルバオのグッゲンハイム美術館で、この「女囚701号 さそり」が上映されたのですって、へええ。ビルバオといえば、大好きなバスク人ダンサー、Igor Yebraの出身地。YouTubeってすごいですね、こんな映像があったんだ。今はじめて彼の声を聞きました、どきどき。5年前、ボルドーで彼のジゼル(アルブレヒト役)を見て大ショック、いまだにあれが最高のアルブレヒトだと信じていますが、出待ちする気力・体力がなかったです。スペイン語もやらないとなー、なに言ってるか理解したい。

 Igorのおかげでバスクへの関心も高まりました。フランコ政権の下では話すことも禁じられたバスク語。サン・セバスチャンも、バスク語では「ドノスティア」です。

【上映後、20歳代の女性は「1972年と言えば私たちの国スペインではフランコ政権下で、エロティックなシーンはもちろん、女囚が暴動を起こすような映画はまず上映出来なかった。その同じ時代に、日本でこんな映画が作られていたなんて驚きました。国旗などがシンボリックに出て来るのが良かった」と満足げに会場を後にした。

 当初は「36年前の映画のことをいつまでも持ち出されてかなわん」とボヤいていた伊藤監督も、現地の若者たちからの好反応に「次にこの映画祭に寄せていただくときは、ぜひ僕の『誘拐報道』を皆さんに観てほしいと思います」としっかりアピールしていた。】

 伊藤監督、ぜひバスクの歴史にも触れてみてくださいね。

| | コメント (0)

潮騒

41wh4nngmxl  山口百恵の映画が地上波で放映されました。偶然テレビを見ていた私、タイトルは見逃しましたが話の流れで「潮騒」だとすぐわかりましたね、いちばん最初に読んだ三島作品です、思わず最後まで鑑賞。

 75年、百恵さんデビュー2年後の主演作です。相手役は言わずと知れた未来のハズ、三浦友和。2人の映画は初見ですが、いやー、友和さんがあまりにかわいくてビックリです。この「焚き火超え」のシーンをご覧ください。そして百恵さんは本当に子供だったんだなーと。でも、この頃もう友和さんを異性として意識していたのかもしれません。

「あんたの嫁になることに決めた」という台詞は本心だったのか、友和さんはまだ演技だっただろうけど。彼女の自伝「蒼い時」は発売時にゲットして夢中で読みました、百恵さんが運命の人と出会ったのは16歳のとき、彼は23ですか。彼が子供の自分を相手にしてくれるはずがない、との嘆きが書かれていました。

 こちらの記事には、【「いつの間にか私の目は、彼を追うようになっていた。(中略)もうすでに彼をひとりの異性として意識していた…」  山口百恵にとって、この「潮騒ロケ」こそが恋の発端であった。その想いが表情に溢れ出し、ファインダー越しに語りかけたのだと思えてしかたがない。 】とあります。

 特に百恵ファンではなかったけど、常に気になる存在でした。今回は「風立ちぬ」「春琴抄」も見ました、おいおいそちらの感想も書いていきたいと思います。

| | コメント (0)

Shall we ダンス?

Shall we ダンス? DVD Shall we ダンス?

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2006/10/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 すなっく「ままちゃり」さんからBrokeback Wind?をご紹介いただきました。大傑作です、宝塚おそるべし! 未見の方、削除される前に急いでご覧くださいね。レッド・バトラーに口ひげがありますが、今や女に口ひげも当たり前なんですね。確か鳳蘭さんが初めてこの役で口ひげをつけて話題になったような。男性役は本当に凛々しく、女性からみた理想の男性は宝塚にのみ存在するのかもしれません。

 ままさん宅の記事「タカラヅカ男役の退団前と退団後」も非常に楽しく拝読&拝見しました。元月組のトップスター紫吹淳が女性としてダンスを踊るわけです。大変なテクニックでさすがなのですが、男役18年の影響か、胡坐や仁王立ちの癖が出てしまったり、と苦労されたようです。

「Shall we ダンス?」ですが、ソシアルダンス・ブームに火をつけた記念碑的作品ですね。私も劇場で1回、TV放映でも3回は見ているような。ダンスは好きですし、ヒロイン役が現役バレリーナの草刈民代さんというのも興味がありました。その後、生の舞台に接する機会がありました、たいへん美しい方ですね。この映画が縁で周防監督とゴールイン。民代さんの言葉で印象的だったのは、出演時「ソシアルダンスができますか?」との問いに「私はプロですから振付けてくれれば何でも踊ります」。

 肝心の感想ですが、んー、とにかくよく出来ていて楽しいです。アメリカでもヒットしてリメイクされましたよね。アメリカ版、踊りはたいへん素晴らしいようですが、特に見る気はしませんね。私のお気に入りダンスシーンは、なんといっても「セント・オブ・ウーマン」のものです。「限りなく美しいのに、どこか切なくて哀しい。映画史上に残る名シーン」と感想に書きましたが、音楽も胸を締め付けられ、見るたびに涙が出そうになります。

 最後に男同士のダンスシーンをご紹介しましょう。映画「タンゴ」の一場面です。白い衣裳のフリオ・ボッカはアルゼンチン出身、昨年までABT(アメリカン・バレエ・シアター)のプリンシパルでした。女性パートということになるのでしょうか、しなやかに反らせた上体の艶かしさにクラクラ~。

タンゴ DVD タンゴ

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2004/01/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

▲アン・リー監督作品 | ▲ジェイク・ジレンホール出演作 | ▲ヒース・レジャー出演作 | ▲ブロークバック・マウンテンⅡ(51)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅣ(151)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅧ(351)~ | ▲ブロークバック・マウンテン | ▲ブロークバック・マウンテンⅢ(101)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅤ(201)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅥ(251)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅦ(301)~ | ▲私見・アカデミー賞 | △LGBT映画 あ | △LGBT映画 い~お | △LGBT映画か、が行 | △LGBT映画さ、ざ行 | △LGBT映画た、だ行 | △LGBT映画な行 | △LGBT映画は、ば、ぱ行 | △LGBT映画ま行 | △LGBT映画ら行 | △LGBT映画わ行 | △「腐女子」を考える | △ジェンダー関連 | △ドラマ | ある日どこかで | アーサー王伝説 | エド・ウッド関連 | クリスト・ジフコフ出演作 | サッカー | ジェラール・フィリップ出演作 | ジェームズ・フランコ出演作 | ジェームズ・スペイダー出演作 | ジャック・ガンブラン出演作 | ジャレッド・レト出演作 | ジュード・ロウ出演作 | ジュード・ロウ関連映画 | ジョニー・デップ出演作 | ダニエル・デイ・ルイス出演作 | ドラマ | パリの本 | ポール・ニューマン出演作 | レオナルド・ディカプリオ出演作 | ヴァンサン・ペレーズ出演作 | ヴィスコンティ作品 | 人形アニメ | 写真集 | 小説あ行 | 小説か行 | 小説さ行 | 小説た行 | 小説な行 | 小説は行 | 小説や行 | 市川雷蔵出演作 | 年下の彼 | 忘れられないコミックス | 忘れられない小説 | 忘れられない随筆 | 戦争の記憶・ヨーロッパ | 日本映画あ行 | 日本映画か行 | 日本映画さ行 | 日本映画た行 | 日本映画な行 | 日本映画は行 | 日本映画ま行 | 日本映画や行 | 日本映画ら行 | 映画あ | 映画い | 映画う | 映画え | 映画お | 映画か | 映画き | 映画く | 映画け | 映画こ | 映画さ | 映画し | 映画す | 映画せ | 映画そ | 映画た | 映画ち | 映画つ | 映画て | 映画と | 映画な | 映画に | 映画の | 映画は | 映画ひ | 映画ふ | 映画へ | 映画ほ | 映画ま | 映画み | 映画む | 映画め | 映画も | 映画や | 映画ゆ | 映画よ | 映画ら | 映画り | 映画る | 映画れ | 映画ろ | 映画わ | 映画書籍あ行 | 映画書籍か行 | 映画書籍さ行 | 映画書籍た行 | 映画書籍は行 | 映画書籍ま行 | 映画書籍や行 | 映画音楽 | 滝口雅子詩集 | 猫いろいろ | 私のルーツ | 美術書CATS | 美術書あ行 | 美術書か行 | 美術書さ行 | 美術書た行 | 美術書な行 | 美術書ら行 | 華氏911 | 追悼 伊福部昭 | *Football | *コメディ映画あ行 | *コメディ映画さ行 | *コメディ映画た行 | *コメディ映画ま行 | *コメディ映画や行 | *家族問題 | サンドラ様blog開設お祝いカード