猫は14の謎をもつ

猫は14の謎をもつ Book 猫は14の謎をもつ

著者:リリアン・J. ブラウン,羽田 詩津子,リリアン・J. ブラウン
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 猫に関する本はそんなに読んではいませんが、やはり猫好きの私としてはちょぼちょぼ書いてみようかな、と。新カテゴリー「猫いろいろ」を設けてみました。猫の西洋名画集も入れておきましょう。

 この短編集は去年の母の日に母にプレゼントしたものです。文庫1冊、セコイ!(汗)しかし、これがなかなか面白いんです、短編集にしたのは母が読みやすいだろうから。当時79歳の母、ちゃんと読破しましたよ。冒頭の「猫は神経を集中する」の出だしから引き込まれました。「生まれてまもなくファット・ファットは人間が下等な種族であることを悟った。」きっついわあ。でもその通りかも…。

 作者のブラウンさん、もちろん猫好きです。しかし初めて飼ったシャム猫のココはマンションの10Fから転落して死亡! いま解説を読んでそのことを知り、胸が潰れる思いです、私もあやうく最愛のトラを失いかけたのですから。

Book トマシーナ

著者:ポール・ギャリコ
販売元:東京創元社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 友人に頼まれて復刊.com.にリクエスト投票したのが「トマシーナ」との縁でした。友人の知人がどうしても読みたいといってると。どんな本、と私も図書館の書庫から借りて読んだら、ぐいぐいひきつけられて止まりません。めでたく復刊されておめでとうです。リクエストが100票になると復刊交渉ができるみたいです。皆様も復刊させたい本をリクエストされてはいかがでしょう? 

 この「トマシーナ」も「猫だましい」で取り上げられてます。何故かエジプトの神猫まで「トマシーナ」には登場するのですが、そのへんの分析もお見事。「綿の国星」まで。少女と猫は似てますか、なるほどー。

猫だましい Book 猫だましい

著者:河合 隼雄
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

2006_024_2

 8月6日の午後、トラ失踪の数時間前に撮った写真です。もしかしてこれがトラのラスト・ショットになったかも、こんな脱力ものが。トラがいない間は、これを見ても泣けて泣けて仕方がありませんでした。ダンボールも悲しくてかくしてしまいました。これが遺影(?)にならずに済んで本当にヨカッタです。いま、トラはこのお気に入りのダンボールで昼寝中です。

| | コメント (0)

夏への扉

夏への扉 Book 夏への扉

著者:福島 正実,ロバート・A・ハインライン
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 この小説を読みたかったのは、タイトルと表紙画ゆえ、だ。SFの長編はほとんど読んだことがないので読了できるかどうかも不安だったが。

 中西信行氏による、この優美なニャンコの後姿。護民官ペトロニウス、愛称はピート、主人公ダンの愛猫だ。いったいどんな話かわくわくしながら読み始めた。

 ネコ好きにはたまらない小説と聞いていたが、まさに。ネコの扱い方も書いてある。「ネコを笑ってはいけない」、そうだ! このブログのフォトアルバムの主人公トラのあられもない写真を母に見せ、2人して大笑いしたときのこと。トラがこっちを見て鳴くのだ、まるで「笑うニャー!」と抗議するように。わかるんだねえ、と母と顔を見合わせる。そう、ネコはなんでも聞いている。

 文句なしに面白い筋立て、リズミカルな文章もあって夢中で読み進んでしまった。福島氏は翻訳に定評のある人だった。自身、優れたSF作家でもあったから当然だろうか。翻訳を読んで文章に感心するなんて、めったにあることではない。惜しむらくは40代の若さで氏が没したこと。

「夏への扉」、このタイトルに何故あんなに惹かれたのか。そもそも夏とは何か。BBMにやられている今はわかる、それは人生の絶頂のとき。その季節への扉に手をかける瞬間がきっと人生のピークなのだ。いまもしそんな扉が目の前にあったら、こわごわと開いて夏の入り口でしばらくたたずんでいるだろう。

 誰もがそれが絶頂の時間とも知らず嬉々として飛び出していく。そして秋の終わりや冬の始めに、あれが夏だったことにようやく気づく。2度と戻れない時間。

 これ以上ないくらいのエンディングは、やはり何かもの悲しい。福島氏もハインラインも此の世を去っていると思うと。でも、「夏への扉」が永遠の名作であるのは確かだ。

| | コメント (6)

日本以外全部沈没

日本以外全部沈没―パニック短篇集 Book 日本以外全部沈没―パニック短篇集

著者:筒井 康隆
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「日本沈没」リメイク版、そろそろ公開なんですか? と思ってたら、こんな映画が! http://www.cinematopics.com/cinema/c_report/index3.php?number=1979

 74年の星雲賞(日本SF界の大きな賞らしい)で、「日本沈没」が長編小説部門、こっちが短編小説部門で受賞っていいですね。柏原くんの「真剣にやればやるほど面白くなると思うので」ていえてる。あー、見たいじゃないか! ヘンなもんに激反応してしまうわが身が呪わしい…。

 うーん、今回の「日本沈没」を見る気はないが、「日本以外全部沈没」はちょっと見たい気が。見るなら先に「日本沈没」を見ておくべきか、パロディなんだから。旧作ならDVDになってるのよねー、半額のうちにレンタルしとけばよかった。もちろん、こっちを見れば「日本以外」ももっと楽しめるんだろうけど。

 それにしても、NO*AのCMは笑えました。日本が沈没したら他の国に行くしかない日本人。今こそ外国語を、というわけです。

 日本が沈没するのは構わないんですが? とりあえず、ジェイクのトークが少しでも聞き取れるよう、今年は私、「英語をやり直すぞ宣言」を致します。♪

日本沈没 DVD 日本沈没

販売元:東宝
発売日:2003/09/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アメリカ人の英語―文化と言葉のまるわかりガイド Book アメリカ人の英語―文化と言葉のまるわかりガイド

著者:ディレリ・ボルンダ ジョンストン
販売元:日本放送出版協会
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (6) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

▲アン・リー監督作品 | ▲ジェイク・ジレンホール出演作 | ▲ヒース・レジャー出演作 | ▲ブロークバック・マウンテンⅡ(51)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅣ(151)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅧ(351)~ | ▲ブロークバック・マウンテン | ▲ブロークバック・マウンテンⅢ(101)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅤ(201)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅥ(251)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅦ(301)~ | ▲私見・アカデミー賞 | △LGBT映画 あ | △LGBT映画 い~お | △LGBT映画か、が行 | △LGBT映画さ、ざ行 | △LGBT映画た、だ行 | △LGBT映画な行 | △LGBT映画は、ば、ぱ行 | △LGBT映画ま行 | △LGBT映画ら行 | △LGBT映画わ行 | △「腐女子」を考える | △ジェンダー関連 | △ドラマ | ある日どこかで | アーサー王伝説 | エド・ウッド関連 | クリスト・ジフコフ出演作 | サッカー | ジェラール・フィリップ出演作 | ジェームズ・フランコ出演作 | ジェームズ・スペイダー出演作 | ジャック・ガンブラン出演作 | ジャレッド・レト出演作 | ジュード・ロウ出演作 | ジュード・ロウ関連映画 | ジョニー・デップ出演作 | ダニエル・デイ・ルイス出演作 | ドラマ | パリの本 | ポール・ニューマン出演作 | レオナルド・ディカプリオ出演作 | ヴァンサン・ペレーズ出演作 | ヴィスコンティ作品 | 人形アニメ | 写真集 | 小説あ行 | 小説か行 | 小説さ行 | 小説た行 | 小説な行 | 小説は行 | 小説や行 | 市川雷蔵出演作 | 年下の彼 | 忘れられないコミックス | 忘れられない小説 | 忘れられない随筆 | 戦争の記憶・ヨーロッパ | 日本映画あ行 | 日本映画か行 | 日本映画さ行 | 日本映画た行 | 日本映画な行 | 日本映画は行 | 日本映画ま行 | 日本映画や行 | 日本映画ら行 | 映画あ | 映画い | 映画う | 映画え | 映画お | 映画か | 映画き | 映画く | 映画け | 映画こ | 映画さ | 映画し | 映画す | 映画せ | 映画そ | 映画た | 映画ち | 映画つ | 映画て | 映画と | 映画な | 映画に | 映画の | 映画は | 映画ひ | 映画ふ | 映画へ | 映画ほ | 映画ま | 映画み | 映画む | 映画め | 映画も | 映画や | 映画ゆ | 映画よ | 映画ら | 映画り | 映画る | 映画れ | 映画ろ | 映画わ | 映画書籍あ行 | 映画書籍か行 | 映画書籍さ行 | 映画書籍た行 | 映画書籍は行 | 映画書籍ま行 | 映画書籍や行 | 映画音楽 | 滝口雅子詩集 | 猫いろいろ | 私のルーツ | 美術書CATS | 美術書あ行 | 美術書か行 | 美術書さ行 | 美術書た行 | 美術書な行 | 美術書ら行 | 華氏911 | 追悼 伊福部昭 | *Football | *コメディ映画あ行 | *コメディ映画さ行 | *コメディ映画た行 | *コメディ映画ま行 | *コメディ映画や行 | *家族問題 | サンドラ様blog開設お祝いカード