夏の嵐

夏の嵐 DVD 夏の嵐

販売元:紀伊國屋書店
発売日:2006/04/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 Mizumizuさんの「アン・リー監督はヴィスコンティアン? (続き)」という記事はBBMフリークにとってたまりません! ヴィスコンティの映画「夏の嵐」とBBMに、こんなに類似シーンがあるとは。一応ヴィスコンティは好きなんですが未見の作品も多く、「夏の嵐」もそのひとつでした。しかし、こんな事実を知ったら見ずにはいられません! いやー、ゴージャズな名作ですね、そしてイタリア独立運動の時代、とくれば「山猫」を思い出してしまいます、のめりこむようにして見ました。

 BS2で来月、「夏の嵐」の放映があるそうです。その情報もMizumizuさんから教えていただきました。ありがとうございます!

9/4 夏の嵐 午後1時から
9/5 ドキュメンタリー 午後1時から
9/5 白夜 午後2時から

 他にもヴィスコンティの長編デビュー作「郵便配達は2度ベルを鳴らす」など、9月のBS2は見逃せませんね。「揺れる大地」は学生時代、自主上映会(?)で見ました、なつかしー。当時はビデオもない時代、ロードショーや2番館以外で名作を見るチャンスは滅多になくて勇んで出かけたのを覚えています。

 さて、「夏の嵐」です。まず、Mizumizuさんの記事、そして私のこの記事も、映画を見てから読まれることをお勧めします。BBMとの類似シーンはなるほど確かにありました。リー監督がこの映画を見ていることは間違いないと私も確信。見ていて、非常にオペラ的な映画だと感じました。どこがどうとは上手くいえないのですが。冒頭にはオペラのシーンも出てきますし。

 そのオペラシーンですが、Wikipediaには「映画に使われた『イル・トロヴァトーレ』」として【筋書の荒唐無稽さなどから非常に「イタリア・オペラ的」作品と考えられており、多くの映画作品でとりあげられている。】とあり、「夏の嵐」も紹介されています。【Senso「夏の嵐」(1954年): ルキノ・ヴィスコンティ監督作品。1866年、オーストリア帝国支配下のヴェネツィアのフェニーチェ劇場で「見よ、恐ろしい炎を」が歌われた際、観客がその歌にイタリア独立・統一へのメッセージを読み取り暴動が発生する、というシーンが描かれている。 】

 BBMと似た点ですが、リヴィアがフランツを訪ねていくシーンの残酷さはジャックが離婚成立の報を受け、イニスに会いに行く場面とだぶりました。フランツは「(戦争中で危ないから)来るなと言ったのに」と、すっかり金目当てだったという正体を明かしてしまいます。この居直りは、離婚しても一緒に暮らせないと(口には出さなくても宣言したも同然)態度で示したイニスと似ているような。

 もちろんイニスはフランツと違って済まないと思っているのですが、「離婚成立」としか書いていない葉書を受け取ったらジャックがどう解釈するか? それを考える余裕はイニスにはなかったでしょうけどね。結局は娘たちとの時間を優先したのだし。

 そしてフランツは何故、リヴィアにあそこまで冷酷に接したのでしょう、リヴィアがああした行動に出るとは予想できなかったのでしょうか? 否、フランツはもう、人生に疲れきっていたのでは? とはいえ自殺する勇気もない、金が尽きるまで自堕落に暮らして後は野となれ山となれ? 誰かに引導を渡してもらいたかったのでは。リヴィアに「殺してくれ」と甘えてみたのかもしれません。穏便に済ませる方法はいくらでもあったはずなのに、あそこまですべてを暴露し、リヴィアを追い詰めるのは危険すぎる。むしろリヴィアに密告され、死にたいという欲望があったのでは、とふと思ったのでした。

 書きたいことは山ほどあるのですが、とりあえず今日はここまで。改めて書く元気が出てきたら、また書きますねー。

| | コメント (1)

ナイロビの蜂

ナイロビの蜂 DVD ナイロビの蜂

販売元:日活
発売日:2006/11/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 中学の社会の時間。新聞の広告で一番多いのは? と先生が質問しました。正解は「薬」。ン十年前の話ですが、今も大差ないのではないでしょうか。医者に行く時間がとれない勤め人はつい市販薬に頼ってしまいます。TVのコマーシャルも風邪、水虫、花粉症、胃腸薬、と薬品関係は多いですよね。新聞、雑誌も同じです。

 何故こんなことを書くかというと、私の父が薬剤師だったから。父の口癖は「薬はすべて毒、必ず副作用がある。」でした。その言葉が頭から離れず、いまもなるべく薬は飲まないようにしています。習慣のように毎朝、胃薬を飲む人もいますが怖いです。きっとスモン病をご存じないのでしょう。薬害エイズ事件は日本でも波紋を呼びましたが、アフリカのエイズ事情には目を覆いたくなります。

ナイロビの蜂」は2年前の年5月に公開。ちょうどBBMを毎週見に行っていた頃で、予告を何度も見ました。大好きなレイチェル・ワイズがアカデミー助演女優賞を獲った作品でもあり興味はあったのですが。アフリカが舞台、陰謀がらみの夫婦愛ものかな、と思ってました。

 事なかれ主義の外務ジャスティン(レイフ・ファインズ)がテッサ(レイチェル・ワイズ)と恋におち、結婚したのがことの始まりでした。事なかれ主義の夫と運動に熱心な妻。ナイロビに赴任したジャスティンは、テッサが製薬会社の陰謀について調査を始めたことに危惧を抱き…。

*以下、ネタバレとなります。

「君は来週、帰国することになっている」と告げられ強制帰国させられたジャスティンはパスポートを奪われる。手を引けということです。大人しくガーディニングに没頭し、再婚でもすれば生きながらえることはできたでしょう。しかし、ジャスティンは行動を起こしました。テッサの兄の協力を得て偽造パスポートを手に入れ、列車でベルリンへ。少しずつ秘密が暴かれていきます。

 なぜテッサはのめりこんでいったのでしょう? 死産がきっかけではないかと思います。「死んだ子供ばかり生まれてくる」背景には巨悪の存在があるのではないか。子供を失った今、捨て身で陰謀を暴こうとしたのでは? そして悲劇が。

 薬は命を助けるためのものなのに、第3世界の人間なら実験台にしても構わないという傲慢さがありありです。アフリカではエイズの蔓延で大変な状況であることは皆さん、ご存知かと思います。

 最後にジャスティンがたどり着いたのはテッサが射殺された現場。アフリカの赤い大地でテッサを思うジャスティンの背後に…。早くテッサの元に行きたかったのだろうけど、何も行動しないままではテッサに申し訳が立たない、そんな気持ちだったのかと。今こそジャスティンはテッサにふさわしい、テッサの前に出ても恥ずかしくない「闘う夫」として死んでいったのです。

| | コメント (1)

ナンニ・モレッティのエイプリル

190  ナンニ・モレッティといえば「息子の部屋」で一躍、有名になった監督だが私は未見。メインはこういったドキュメンタリータッチの作品だろうか? 以前「親愛なる日記」が話題になったのよね。ヴェスパでローマを走り回る話…らしい。(いい加減ですみません)

 その続編ともいえる、この「ナンニ・モレッティのエイプリル」(98・イタリア)は、その続編に当たるのだろうか、日本未公開作品。
 しかしエイプリルはないだろう、確かに4月の話だが、イタリアでっせ、イタリア。スペルだって、ちゃんと[Aprile]、アプリーレなのだよ~、アプリーレでプリマヴェーラなんだってば! そういえば桜も満開、もうすぐ4月。

 TVではベルルスコーニの首相当選が報じられている。無力感にさいなまれるモレッティ。
 右派首相の誕生に他国からも不安の声が…、モレッティ、さらにおちこむ。が、いいこともある、モレッティはパパになったのだ!

 彼は53年生まれというから、かなり遅くなっての息子誕生、名前は何にしようか~から、親バカぶりも描かれる。
 93年から97年までの出来事が、やはり日記風につづられ、んー、なんだかつかみ所がないというか、困ったな。

 撮れない~、何も撮っていない、と愚痴るモレッティを見ていてもなあ、と思っているうちに、やっと映画の撮影シーン?
 菓子職人のトロツキストが歌って踊るミュージカル仕立て、後ろでは撮影スタッフが音楽に合わせて体を動かしているのが、とーっても笑える。唯一、フィクションらしさを感じさせ笑えたシーン。

 79分と短かったのが幸いし、最後まで放棄せずに見ることができた。この感想も短いのだが、この映画の短さに比例して、ということで勘弁してください。(泣)
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=161057

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

▲アン・リー監督作品 | ▲ジェイク・ジレンホール出演作 | ▲ヒース・レジャー出演作 | ▲ブロークバック・マウンテンⅡ(51)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅣ(151)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅧ(351)~ | ▲ブロークバック・マウンテン | ▲ブロークバック・マウンテンⅢ(101)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅤ(201)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅥ(251)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅦ(301)~ | ▲私見・アカデミー賞 | △LGBT映画 あ | △LGBT映画 い~お | △LGBT映画か、が行 | △LGBT映画さ、ざ行 | △LGBT映画た、だ行 | △LGBT映画な行 | △LGBT映画は、ば、ぱ行 | △LGBT映画ま行 | △LGBT映画ら行 | △LGBT映画わ行 | △「腐女子」を考える | △ジェンダー関連 | △ドラマ | ある日どこかで | アーサー王伝説 | エド・ウッド関連 | クリスト・ジフコフ出演作 | サッカー | ジェラール・フィリップ出演作 | ジェームズ・フランコ出演作 | ジェームズ・スペイダー出演作 | ジャック・ガンブラン出演作 | ジャレッド・レト出演作 | ジュード・ロウ出演作 | ジュード・ロウ関連映画 | ジョニー・デップ出演作 | ダニエル・デイ・ルイス出演作 | ドラマ | パリの本 | ポール・ニューマン出演作 | レオナルド・ディカプリオ出演作 | ヴァンサン・ペレーズ出演作 | ヴィスコンティ作品 | 人形アニメ | 写真集 | 小説あ行 | 小説か行 | 小説さ行 | 小説た行 | 小説な行 | 小説は行 | 小説や行 | 市川雷蔵出演作 | 年下の彼 | 忘れられないコミックス | 忘れられない小説 | 忘れられない随筆 | 戦争の記憶・ヨーロッパ | 日本映画あ行 | 日本映画か行 | 日本映画さ行 | 日本映画た行 | 日本映画な行 | 日本映画は行 | 日本映画ま行 | 日本映画や行 | 日本映画ら行 | 映画あ | 映画い | 映画う | 映画え | 映画お | 映画か | 映画き | 映画く | 映画け | 映画こ | 映画さ | 映画し | 映画す | 映画せ | 映画そ | 映画た | 映画ち | 映画つ | 映画て | 映画と | 映画な | 映画に | 映画の | 映画は | 映画ひ | 映画ふ | 映画へ | 映画ほ | 映画ま | 映画み | 映画む | 映画め | 映画も | 映画や | 映画ゆ | 映画よ | 映画ら | 映画り | 映画る | 映画れ | 映画ろ | 映画わ | 映画書籍あ行 | 映画書籍か行 | 映画書籍さ行 | 映画書籍た行 | 映画書籍は行 | 映画書籍ま行 | 映画書籍や行 | 映画音楽 | 滝口雅子詩集 | 猫いろいろ | 私のルーツ | 美術書CATS | 美術書あ行 | 美術書か行 | 美術書さ行 | 美術書た行 | 美術書な行 | 美術書ら行 | 華氏911 | 追悼 伊福部昭 | *Football | *コメディ映画あ行 | *コメディ映画さ行 | *コメディ映画た行 | *コメディ映画ま行 | *コメディ映画や行 | *家族問題 | サンドラ様blog開設お祝いカード