龍馬伝(9)

龍馬伝 完結編 (NHK 大河ドラマ・ストーリー) Book 龍馬伝 完結編 (NHK 大河ドラマ・ストーリー)

著者:福田 靖
販売元:日本放送出版協会
発売日:2010/10/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「龍馬暗殺まで、あと六ヶ月」。のナレーションにのけぞります。うわー、本放送自体が、あと6回しかないんですもんね。

放映開始当時は、ぜんぜん思い入れのできなかった福山・龍馬ですが、最近はとても魅力的な人物になりましたね。そして次々と政府の逆鱗に触れる暴挙を重ねていきます。次回はまた新撰組が出てくるのかな。龍馬は暗殺された地、京都に戻ってしまうのですね。

先週はまた、高杉晋作が世を去りました。高校の日本史の授業で「『騎兵隊』じゃなく『奇兵隊』ですから」と教わって、ふうん? ととりあえず記憶に留まっていた彼。「奇兵隊」とは武士以外の、町民や農漁民も加わっての混合軍だったんですね。そんな彼らが政府軍を蹴散らした!

おもしろき こともなき世に おもしろく すみなすものは心なりけり

面白くもない世の中だが、考え次第で面白くもなる? 彼の辞世の句と伝えられていますが真偽はともかく、いえてますよね。30前に世を去った彼、あふれる才能に恵まれながら生かしきれなった無念。遺志を引き継ぐはずの龍馬も、労咳ではないものの暗殺されて余命はわずか、でした。

それでも。時代は動く、尊皇攘夷の大波は止めようがない。「龍馬伝」、あまり視聴率はよくないようですが、私は生まれて初めて、こんなにのめりこめる、毎回かかさず見たいドラマに出会いました。いまいちすっきり理解できなかった幕末や尊皇攘夷の意味も、やっと分かった気がするのです。残りあと6回。楽しみに見届けたいものです。

| | コメント (0)

龍馬伝(8)

Ryoumaden 第2部が、ついに終わってしまいましたね。て、いつの話ですか、ヤマトの予告で浮かれてる場合じゃなかったんですが! 「以蔵を楽にしてやってくれ」って、悲しいすぎるよ武市先生! でも、大殿様の山内容堂が同じ地べたに来てくれて、もう思い残すことはない、となったのでしょうか?

「怪物容堂」なんて回もありましたが、演じた近藤正臣さんは、まさに怪物? お初は「柔道一直線」でした。美形の彼が柔道着姿でピアノを足の指で弾くシーンは衝撃! 大河ドラマでは何といっても日本史の大学入試には必ず出そうな「北畠親房」役。もう19年も前なのですね。そして近藤さんは還暦をお迎えに? 信じられません!

大殿様に請願のとおり、以蔵は「楽に」してもらえます。そして武市自身も。龍馬が弥太郎をせっついて牢に直接、出向いて助けようとしたのですが無理でしたね。あのシーンも女無用の熱いものでした。そしてドラマは長崎編へと移行するわけですが。もう以蔵、半平太の苦しむ姿を見ないで済むんだと思うとほっとする反面、がっくりきちゃいます。ここ数回、本当に二人のシーンは見て見ぬふりというか、ちゃんと見たはずなのに記憶が拒否してるというかなんというか。つらすぎるものがありました。

が、佐藤健くん、自身のブログにこんな記事をアップ! いやーん、以蔵も半平太も楽しそう。この画像を見て、かなり心が軽くなりました。あの世でこんな笑顔で語り合う二人を想像してニマニマしています。健くんも、こんな濃密なドラマに出られてよかったね、役者としてすごい財産じゃない? すっかりファンになりました、大森南朋ともどもずーっと応援していきますよ! 次は「るろうに剣心」?

| | コメント (0)

龍馬伝(7)

㈱狩野ジャパン 龍馬伝ギフトRM-15 ㈱狩野ジャパン 龍馬伝ギフトRM-15

Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑便乗商法、すごいですね。しかし景気回復のためには、財布の紐を締めるだけではなく消費をする必要もありますよね。

さて。記事に入る前に皆様にお願いがあります。リンクの左サイドにも張りましたが、「はやぶさ2」が予算削減のためにピンチに陥っています。

【概算要求17億円が、事業仕分け等により3千万円しか認められなかった
為に着手すら出来ないのです。】

17億ったら、ほぼBBMの制作費と同じじゃないですか。映画としては低予算の部類であれだけの名作が! BBMと「はやぶさ」の快挙がだぶります。いくら景気低迷とはいえ日本が出せない額じゃないはず。ここで「2」が頓挫したら日本は一転、世界の笑いものじゃないですか? ぜひ、皆様のご協力をお願いいたします。署名はこちらから

「龍馬伝」は坂本龍馬の物語ですが真の主人公は江戸から明治へと激動する日本そのものだと思います。どうして日本だけが諸外国に支配されず独自の道を歩いてこれたのか? その過程を示していると思います。多大な犠牲も払ったけれども。龍馬はじめ登場人物は短命の方が多いですね。太く短く! 精一杯生き抜いた姿に胸を打たれます。

昨夜の第25回、激動すぎて目が回りそうでした。「蛤御門の変」、聞いたことはあるけど、長州が起こした事件だったんですね。私は学生時代にあのへんをうろちょろしていたはずですが、なーんも知らんかったとです。海軍操練所は閉鎖されそうだし、京都、神戸、激動。一方、土佐では以蔵の拷問が厳しさを増す中、半平太が半狂乱で、もう見てるのがつらいです大森半平太! そこに香川照之がからみ、熱い演技合戦、て感じで、私はもう何がなんだか。半平太が差し出したブツに魚ギョギョ! ですた。

次回はいよいよ西郷どんが登場ですね。気づけば放映から半年、物語はいよいよ佳境に向かうのですね。次回もヘロへロになりながら見ることになりそうです。

| | コメント (0)

龍馬伝(6)

龍馬伝ロゴ入り/坂本龍馬 マグカップ/長崎県 波佐見焼 ama-733867 Kitchen 龍馬伝ロゴ入り/坂本龍馬 マグカップ/長崎県 波佐見焼 ama-733867

販売元:ランチャン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ドラマ「仁」の続編が来年4月から放映されるそうですね! 内野龍馬と再会できるのが楽しみですー。大河の福山龍馬も前よりはすっくりくるようになりましたが、やはり、内野龍馬のアクの強さにはちょっと及ばないかな、と。

 ジェイクの新作公開に浮かれて第22回を見逃した私ですが、しっかり再放送は見ました。ついにお龍が登場ですね。真木よう子さんは「SP」でしか知らないのですが、べたべたした感じがなくていいですね。正直、加尾と龍馬のシーンは、どうにもつまらなくてチャンネルを変えていた私です。が。お龍さんならじっくり見られます、やれやれ。

そして翌日は第23回。2日続けてコアな展開を見せ付けられた私、暗澹たる思いにかられました。以蔵が捕まっちゃったよー。土佐に送られてた武市先生と再会できたのはいいけど、来週は~、なんでしょ、ぐっすん。見るのがどんどん辛くなるー!(涙)新撰組も登場ですね。かつての攘夷派のように今はブイブイいわしてるけど、やがては同じ末路をたどる。それが判っているだけに肩で風切る姿が悲しいです。

 それにしても、土佐に戻るという武市を必死に止める龍馬の滂沱の涙。せつないなんてもんじゃなかったですね。実は私、龍馬と加尾が別れを決めるシーンも、あんまりこうした胸が締め付けられる感じはしなかったんですけどね。友情になると熱いぜ龍馬! お龍さんの前でも「わしは何にもできんじゃったー」と大泣きするのですが、それがお龍の琴線に触れたみたいですよね? この人は他の男と違う! なんでも互いに面白いヤツと思っていたらしいご夫婦ですが。てなわけで、辛いといいつつ次回も見てしまいます。なんだかんだ言っても今、いちばん楽しみなドラマですから。

| | コメント (0)

龍馬伝(5)

NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.1 Music NHK大河ドラマ 龍馬伝 オリジナル・サウンドトラック Vol.1

アーティスト:TVサントラ
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2010/01/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 先日の「トップランナー」大森南朋、良かったですね! 素の彼は、うーん、もちろん、どの役柄とも違って、とってもshy。演じているときは大胆この上ないイメージなんですが、地は照れ屋さんのようです。武市半平太への思いも興味深かったですね、なるべく長く画面に出ていて欲しい気持ちは変わりませんが、いつかは彼の人生にも終焉が来るわけで。そう思うと心を冷たい風が吹き抜けますが、ま、仕方ないですよね。この世に生を享けて、その人生が終わらなかった人間は一人もいないのですから。

 さて。大分前の回ですが、龍馬があんぐり口をあけて黒船を凝視していたとき。当時の狂歌、

太平の眠りを覚ます上喜撰、たった四杯で夜も眠れず

 を、しきりに思い出していました。喜撰法師も関係しているとは、今回、初めて知りましたが。口あんぐり龍馬を見て、当時、いかに黒船が日本国民に(江戸庶民に、でしょうか)衝撃を与えたかが実感できたのでした。

 そして今夜の「龍馬伝」第16回は「勝燐太郎」。いよいよ龍馬と勝海舟が出会います。勝を演じるのは武田鉄矢。フォークグループ「海援隊」としてデビューの頃から存じてはおりますが、そのグループ名が、そもそも龍馬と深い関わりが。龍馬オタクを自認する武田さん、この役は嬉しくてたまらないでしょうねえ。勝海舟のテーマらしき音楽も、なかなかです。弥太郎のテーマもジンタみたいでとても好きなんですけどね。ほんと「龍馬伝」は音楽もナイス!

 そして今回。ついにわれわれが知っている、龍馬のイメージ通りの龍馬が誕生したのではないですか? 咸臨丸に乗船して「日本人じゃー!」と叫ぶ龍馬の楽しそうなこと。ジョン万次郎もついに出たー! ですよ。回を重ねるごとに面白さが増す「龍馬伝」、半平太には悪いけど、もう藩だの攘夷だの言ってる場合じゃない。日本は日本として歩みだすのですねえ。あー、次回も楽しみ!

| | コメント (0)

龍馬伝(4)

別冊ザテレビジョン NHK大河ドラマムック 龍馬伝  カドカワムック  62483-34 (カドカワムック 331 別冊ザテレビジョン) Book 別冊ザテレビジョン NHK大河ドラマムック 龍馬伝 カドカワムック 62483-34 (カドカワムック 331 別冊ザテレビジョン)

販売元:角川マーケティング(角川グループパブリッシング)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 いやー、「龍馬伝」面白くなってきましたね! 第14話「お尋ね者龍馬」サイコ、いやサイコーでした! なんてったって半平太と以蔵! いけずやわー、武市先生。以蔵の気持ちをもてあそび、ではなく、うまく利用して。いえいえ、ほとんど本心なのかもしれませんが、あれはないでしょう。あんなさびしそうな顔してお前だけが! なんて口説かれたら(?)経験の浅い以蔵なんてイチコロです。「岡田以蔵は武市半平太のためなら死ねる!」状態じゃないですか、キャー。

 あのやりとりは、見てはいけないものを見たような、指先を唾で湿して障子に開けた穴から密会を覗いているようなドキドキ感でしたねえ。「人斬り以蔵」誕生の瞬間を目撃してしまったようで胸が苦しいです。半平太にとっては以蔵は龍馬の身代わりだったのかも。そのつもりはなくても、以蔵の向こうに龍馬を透かし見ていたような気もします。

 21歳になったばかりの若い佐藤健くん、大変な役をもらっちゃいましたねえ。「わしはガキの頃から誰よりも。誰よりも武市先生のことを」ですって、ギャー。これからの俳優人生に、どれほどプラスになるか分かりませんね、大森南朋との濃密な共演! ああ、もうとんでもない。(それは私の腐れ頭の中身ですねっ)

 そうそう、素晴らしい情報を頂きました、今夜の「トップランナー」に大森南朋が登場! 絶対に録画しなくっちゃですわよ、皆様! そして明日の夜は「龍馬伝」があります、いやはや、本当に楽しみですねえ。

| | コメント (0)

龍馬伝(3)

【坂本龍馬】愛用の蓋付飯碗 有田焼で復刻! Kitchen 【坂本龍馬】愛用の蓋付飯碗 有田焼で復刻!

販売元:ランチャン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 なかなか良さげな茶碗ですね、お値段も良すぎますが。

 バンクーバーのフィギュア競技に振り回された2月もようやく終わりました、気づけばこちらのブログもさっぱり更新してませんが、「龍馬伝」は熱烈視聴しておりますよ。特に先週の第9回は今までで一番よかったかも。武市半平太出ずっぱりです。恥をかいた、と悔しそうな姿も、山本琢磨の逃亡を許したことで上士にねちねちいたぶられるシーンも、龍馬と対峙する場面も。大森南朋、ほんとにいいです!

 さっき再放送を見たのですが、フィギュアでのイライラから開放されたせいか(本放送の頃は気持ちに余裕がなくて)、龍馬が琢磨を逃がすシーンには涙が出てしまいましたね。琢磨を演じた橋本一郎さん、なかなかいい役者じゃ、と検索してみたら。なんと役所広司の息子! だそうでびっくりです、へえええー、こんな大きな息子さんがいたのねー。将来が楽しみですね。

 さて、逃亡した琢磨はその後どうなったのかなーと思ったら「龍馬伝紀行」で紹介されてましたが、これもびっくり。波乱に満ちた80年の生涯、と聞いて、当時としてはずいぶん長生きしたんだな、龍馬も半平太も弥太郎も桂小五郎も、みんな若死にしちゃったのをどう思っていたのかなあ、なんてしみじみしてしまいました。

 次回(明日!)は、またまた新展開のようでますます目が離せません。弥太郎もそろそろ出獄できるのかしらん?

| | コメント (1)

龍馬伝(2)

NHK大河ドラマ「龍馬伝」完全ガイド (TOKYO NEWS MOOK 173号) Book NHK大河ドラマ「龍馬伝」完全ガイド (TOKYO NEWS MOOK 173号)

販売元:東京ニュース通信社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 いやー、面白くなってきましたね、「龍馬伝」。もう毎週、楽しみで楽しみで。昨日は、なんといっても土佐に帰ってきた龍馬を前に、半平太と弥太郎が「攘夷」で対立するシーンがサイコー。おろおろする龍馬を尻目に、火花散らす男二人。

♪けんかをやめて 二人を止めて
(龍馬)のために争わないで もうこれ以上 ...

 河合奈保子の歌声が聞こえてきそうでしたよ???

 しょっぱなから腐れモードですみません。今のところ龍馬って発展途上というか、私たちがイメージする龍馬とはちょっと違う。龍馬は如何にして龍馬になっていったか、という点で見所がありますが、はっきり言って、私。半平太と弥太郎だけでイイって感じですわ、はい。半平太はどんどん攘夷に突っ走って、以蔵を巻き込んで(彼だけじゃないけど)大変なことになっていくんだろうし。弥太郎に関しては、こんな記事もあって、なるほどねー。いずれは大三菱の創始者として活躍、第一回の放映でのお姿のようにこざっぱりして出てくるんでしょうから。いいじゃないのボロボロでも。

 それにしても大森半平太! 当初の物静かなイメージから、狂信的攘夷論者として、いまや先生と呼べ! 状態ですよ。土佐のヤング下士のカリスマですよ。一方では大空電気の加藤さん、じゃなかった吉田東洋と一触即発? 前回の「所詮、下士は」みたいな発言に顔色変える半平太。あんな表情ができる大森南朋って? とため息です。そういえば「武市半平太にも嫉妬ちうもんがあったか」との弥太郎の台詞に見せた半平太の横顔。哀しみとも悔しさともつかない複雑な貌(かお)に私ははっとしましたよ。

 余談ですが田中泯さん(吉田東洋)は舞踏家ですし大森南朋ともお父様の縁で親しいのでは~と勝手に思ったり。いえ、作業服でレンズ磨いてたおっさんとは思えない。んなこと言ったら大森南朋だって「お金をもうけるのがいけないことでしょうか」のハゲタカと同一人物とは???

 というわけで、龍馬以外の面で興味津々な「龍馬伝」。今のところいまいち盛り上がらないバンクーバーを尻目に、来週も熱く鑑賞してしまいそうです。その前にフィギュアスケートもありますが。男子はそろそろ始まってしまいますね、どきどき。

| | コメント (1)

JIN-仁-(3)

JIN―仁 (第3巻) (ジャンプ・コミックスデラックス) Book JIN―仁 (第3巻) (ジャンプ・コミックスデラックス)

著者:村上 もとか,酒井 シヅ,富田 泰彦,大庭 邦彦
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 早いもので、今日で「JIN-仁-」も最終回! 近年、これほど楽しみにしていたドラマはありませんねー、ストーリーはもちろん、出演陣、特に仁と龍馬がとってもよかったし。

 先日「ぴったんこかんかん」に大沢さんが出演、神保町を散策してましたが、このあたりで育ったとか、へええー、でした。江戸の書専門の古書店で古書をめくる姿は仁そのもの? もちろんTBSなのでプロモなんですけど、そこで初回の龍馬との出会いが流れました。「これは神田川?」といぶかる仁を最初から押し倒してたんですね。あー、しょっぱなからこうだったんだ、と笑ってしまいました。身投げじゃないっつーに、あの龍馬像はどこから? いいんですけどね、楽しいから。

 村上もとかの作品はダブルヒロインが多いそうですが、野風と咲。がそれなのかな? いえ、未来と野風? どちらにしても興味津々なお話です。最終回のラストは、もろ「続きは映画館で」風だとか聞いてます。それってどうよ、なんですが。赤字のTBSには救世主ともいえるドラマですから儲けたい気持ちはわかりますが、せっかくの秀逸なドラマをねえ、と疑問です。

 ともあれ、今夜は最終回。楽しみに待ちたいと思いますー。

|

天地人(7)

NHK大河ドラマ 天地人 完全版 第壱集 [DVD] DVD NHK大河ドラマ 天地人 完全版 第壱集 [DVD]

販売元:ジェネオン・ユニバーサル
発売日:2009/11/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ↑早くもDVD発売ですか! 次回が最終回となってしまう「天地人」。11月に最終回って早すぎませんかあ? 

 先日、15日の第46回ではついに大阪城が~、城田優くん@真田幸村が~、というわけで複雑な気分で鑑賞しました。と、城田くんのあまりのシブさに卒倒しそうになりました! いやー、美形は髭が似合うとは定説ですが、城田くん似合いすぎ! ブログの画像もご覧くださいね。声も低くしていて、それは相対する直江兼続も、なんですが。前夜「サムライ・ハイスクール」で、相変わらずヘタレな高校生を演じていた城田くんを見たばかりだったので、なおさらシブさにやられましたー! スペインの血を引く彼、いつか大河の主演も勤めてほしいものです。

 その城田くん、最近はやっとCMでもお姿を拝見できるようになりました。予想よりブレイクが遅れましたが、やっと城田くんにも日が当たるようになりつつあって嬉しいです。ロッテ「シャルロッテ」のCMでのお貴族さまぶりの似合うこと! 大人ぶる少女シャルロッテに余裕の対応。城田くん自身、一回りも年下の妹さんがいらっしゃる故、やりやすかったのでは? シャルロッテといえば『若きウェルテルの悩み』のヒロイン。懐かしいなー。

 と、脱線しましたが、46回は、何しろ大阪城が落ちます。秀頼と千姫のエピソードは、どんなカップルで見てもぐっときちゃいますがー。今回は淀殿が深田恭子ということで、二人もかなり初々しかったですね。あの秀頼は、まだ少年に見えましたわー。

 またまた城田くんの話ですが。木曜夜は「交渉人」に出演中です。こちらも「天地人」「サムライハイスクール」とはまったく違う役柄ですが、楽しげに演じてます。来年には映画も公開とか、楽しみに待ちましょう!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

▲アン・リー監督作品 ▲ジェイク・ジレンホール出演作 ▲ヒース・レジャー出演作 ▲ブロークバック・マウンテンⅡ(51)~ ▲ブロークバック・マウンテンⅣ(151)~ ▲ブロークバック・マウンテンⅧ(351)~ ▲ブロークバック・マウンテン ▲ブロークバック・マウンテンⅢ(101)~ ▲ブロークバック・マウンテンⅤ(201)~ ▲ブロークバック・マウンテンⅥ(251)~ ▲ブロークバック・マウンテンⅦ(301)~ ▲私見・アカデミー賞 △LGBT映画 あ △LGBT映画 い~お △LGBT映画か、が行 △LGBT映画さ、ざ行 △LGBT映画た、だ行 △LGBT映画な行 △LGBT映画は、ば、ぱ行 △LGBT映画ま行 △LGBT映画ら行 △LGBT映画わ行 △「腐女子」を考える △ジェンダー関連 △ドラマ ある日どこかで アーサー王伝説 エド・ウッド関連 クリスト・ジフコフ出演作 サッカー ジェラール・フィリップ出演作 ジェームズ・フランコ出演作 ジェームズ・スペイダー出演作 ジャック・ガンブラン出演作 ジャレッド・レト出演作 ジュード・ロウ出演作 ジュード・ロウ関連映画 ジョニー・デップ出演作 ダニエル・デイ・ルイス出演作 ドラマ パリの本 ポール・ニューマン出演作 レオナルド・ディカプリオ出演作 ヴァンサン・ペレーズ出演作 ヴィスコンティ作品 人形アニメ 写真集 小説あ行 小説か行 小説さ行 小説た行 小説な行 小説は行 小説や行 市川雷蔵出演作 年下の彼 忘れられないコミックス 忘れられない小説 忘れられない随筆 戦争の記憶・ヨーロッパ 日本映画あ行 日本映画か行 日本映画さ行 日本映画た行 日本映画な行 日本映画は行 日本映画ま行 日本映画や行 日本映画ら行 映画あ 映画い 映画う 映画え 映画お 映画か 映画き 映画く 映画け 映画こ 映画さ 映画し 映画す 映画せ 映画そ 映画た 映画ち 映画つ 映画て 映画と 映画な 映画に 映画ね 映画の 映画は 映画ひ 映画ふ 映画へ 映画ほ 映画ま 映画み 映画む 映画め 映画も 映画や 映画ゆ 映画よ 映画ら 映画り 映画る 映画れ 映画ろ 映画わ 映画書籍あ行 映画書籍か行 映画書籍さ行 映画書籍た行 映画書籍は行 映画書籍ま行 映画書籍や行 映画音楽 滝口雅子詩集 猫いろいろ 私のルーツ 美術書CATS 美術書あ行 美術書か行 美術書さ行 美術書た行 美術書な行 美術書ら行 能楽 華氏911 追悼 伊福部昭 *Football *コメディ映画あ行 *コメディ映画さ行 *コメディ映画た行 *コメディ映画ま行 *コメディ映画や行 *家族問題 サンドラ様blog開設お祝いカード