BBM備忘録(25~1)

Brokebackmountain_gyllenhaalj  相変わらず猛暑が続いていますね。引き続きご自愛くださいませ。

 明日は私、14回目のBBM鑑賞の予定です。BBM記事を書き始めた頃は、5回は行きそうだけど…、といった程度でした。それが先行ロードショーが3月4日に始まり、暑い最中まで上映があり、スクリーンで味わえるのは嬉しいことです。DVDのリリースまで、あと一ヶ月半。なんとか暑さを乗り切って、元気でその日を迎えましょう。

 本日は(1)から(25)、1月18日から2月26日分までとなります。何せ情報も乏しい時期ですし、早く見たい、といってるだけという気もしますが、GG賞発表やオスカーノミネートなどの話題。当時をなつかしく思い出しながら再読しました。

(25)…買いなおした脚本を読んだ話とか。紛失したと思ってたんですよね…、いいけど。この記事に限りませんが、URLが直に飛ばないものがあります、ご了承ください。

(24)…公開前なので、貼った画像がどんなシーンかわかってません。プルーのエッセイの感想など。

(23)…フランスのBBMサイト、そして例のシャツが高値で落札された話。あのオークションは2月でしたか、大昔みたい。

(22)…やっと画像が貼れるようになった、と喜んでます。ジェイクが英アカデミー賞で助演男優賞受賞、との嬉しいニュースも。あと10日で先行ロードショー、の頃のお話。

(21)…バスク人について書いてます。あの食料調達の叔父さんですね。日本の予告について、あれこれ…、あの予告には今も違和感ありあり。結局1度も劇場で目にすることはありませんでした、「カサノバ」は4回も遭遇したのに(すべてBBM鑑賞時)。

(20)…原作の翻訳文庫を読んでの感想、ため息がとまらない…そうだろうなあ(遠い目)。発売は2月17日でした、これまた大昔みたい。

(19)…「20年にわたるエニスとジャックの交流。逆にいうと20年、と限定されてしまったのは何故なのか。」うーん、なにが言いたかったのだ、私? リー監督の談話、「50歳を過ぎたら自分の運命を知れという言葉もある通り、私はやはりドラマを作っていくべきだと思った」。BBMを作ってくれてありがとう! もう幾度感謝したか分からないけど。いくら感謝してもしきれることはないですよね。

(18)…日本盤サントラ発売日。フランスサイトの予告の話など。

(17)…BBMに入れ込みすぎてダウンしてますね。公開前からBBMのおかげで生活が崩壊してたんですねー。アメリカの地図を見て「ワイオミングとテキサスって、けっこうな距離が。ワイオミングの南端とテキサスの北端でも直線距離でゆうに500キロはあります。」

(16)…数日後に原作が出ますが、映画の前に読んでしまっていいの? と。自分はとっくにネットで結末を知っていたのですが。ぼちぼち感想もネットで読めるようになり、『やはり同性愛に「?」な人は「奥さんのほうがよっぽど可哀想」という結論』ですって。

(15)…この頃から原作の朗読CDを買う気はあったようです。この時はチャンスを逸しましたが、後に改めてご紹介いただき、今では買ってよかった、です。C.スコットの声がいいですよね。

(14)…「ブロークバック効果」でワイオミング観光の人気上昇と、のニュースを取り上げてます。日本のファンもリピーターになりましょう、のススメ。

(13)…毎日毎日、よく書くことがあると自分でも笑ってしまう、ですって。2月から自覚があったんですね。これはもう「ラスト・オブ・モヒカン」のときの熱中振りを超えるな、と予想がついています、だと。はい、全くその通りになりました。他、60年代にBBMが制作されたらイニスとジャックは? 

(12)…BBMを「純愛」と呼ぶ事に違和感を覚えてますね。「プラトニック・ラブ」がふさわしいと。

(11)…プルーがBBMを書き始めたきっかけを、脚本付き原作のエッセイから紹介。BBM誕生秘話、というところですか。

(10)…自信はないけど脚本を読んでみるか、という気に。リー監督のインタの紹介も。例の引退も考えていた、という件です。

(9)…BBMがオスカー8部門にノミネート。受賞結果はいろいろ納得いきませんが、アン・リーの監督賞は、やっぱり素直に嬉しいですね。

(8)…翻訳文庫の発売日とか先行ロードショーの時間表とか。情報関係ですね。当時(1/24)はアメリカで興行成績4位ですか、立派なもんです。。

(7)…イニスは何故ジャックとの人生を選べなかったか。「きみ読む」と比べて考察してますが、イニスの苦悩はこんなもんじゃ説明できなかったわけですが。何せ1月時点の話なんでご容赦を。

(6)…GG賞受賞作について失礼な表現をみかけて、かなり怒ってますね。「トランスアメリカ」も見事公開され、あとは「カポーティ」が楽しみです。

(5)…イニスとジャックの妻たちについて少々。まだまだ考察が浅いですね。まあ資料もないしちゃんとした筋もわかってなかったこともあるけど。

(4)…Kitamaruさんの「ブロークバック・マウンテンの衝撃」について書いてますね。この頃はまだアメリカ在住の方のレビューしか読めなかったけど、この記事はBBMの本質を突いていると思います。

(3)…アメリカでの上映中止騒ぎなどもあって(館主はモルモン教徒)さらに注目度がアップ、という話。ヒースが抗議したとか。

(2)…プルーが女性であることに気づいて驚いております。男性だとばかり…。

(1)…2006年1月18日、記念すべきBBM記事1号。年末から期待は高まってましたが、ちょうどGG賞受賞で、自分でも何か書きたくなったようです。

|

BBM備忘録(50~26)

Brokeback009_2  備忘録…、単に過去記事のざっとした内容を書いておこうという、それだけのことです。前々から考えていた事ですし、やはりアップすることにしました。今回は(50~26)の25記事分です。一気に(1)まで書きたかったのですが、けっこう大変でして、今回は半分だけ。ほとんど自分のための記録ですが、よろしかったらご覧ください。(2月28日から3月25日の記事となります。)

 BBM本編を見る前に32記事も書いてたんですね、私。やっぱりどうかしてましたね。(笑)

(50)…3月25日、5回目のBBM鑑賞の話。ジャックが遺灰をブロークバックに撒いてくれ、との遺言に違和感を感じております。

(49)…ヒースが表紙のyes2号の紹介。実は4度目のBBM鑑賞の後かなり落ち込んでしまい、まともなことが書けず、ごまかし気味な内容でした。

(48)…4度目鑑賞。ラリーンについての考察。「ムーンライト・マイル」との比較あり。この時点で、彼女のことはよく分かっていなくて。でも無理にでも書いてみて少しずつ見えてきたものも。友達夫婦、男女が逆転、などと書いてますね。

(47)…4度目の鑑賞直前でドキドキ。キャシーにジャックの影を感じる、と書いてます。牧場主任の話もちらりと。

(46)…自然の美しさに魅了されたという話。ジャック=聖母を感じたことも。

(45)…全国公開の翌日。3度目のBBM鑑賞後、家族と口もききたくないほど没頭していると。I wish I knew how to quit youや回想シーンの話。

(44)…3回目のBBM鑑賞。yes2号のヒースのインタビューに感激してますね。

(43)…イニスはゲイなのか?【「BBM」のことを考えるようになってから、ゲイ、非ゲイといっても色々あるので、ゲイはこう、非ゲイはこう、と一括りにできないな、と考えるようになりました。】と。

(42)…yes2号の表紙がヒース、早速注文、という話。「ブラザーズ・グリム」への期待、台湾総統もBBMを見た?

(41)…「どうしてジャックはあんなに長いことイニスから離れられなかったんだろう?」の疑問がshitoさんのブログで解けたという話。あのときはスッキリしました。

(40)…回想シーンの話。プログラムに載った米塚氏の談話も。原作によればここは「ジャックの忘れられない体験」。それに対する私見です。

(39)…2度目のBBM鑑賞の翌日。BBMは「もしかしてMy Best & Onlyになるかも。大好きだし書きたいこといっぱいあるし」ですって。

(38)…ジャックのママの話。素晴らしい演技なのに評価が低いのでは? と不満でした、というか今も不満。

(37)…主役はシャツ、と断言しております。

(36)…あんまり思い出したくない記事です。何故BBMはオスカー作品賞を獲れなかったか。Kitamaruさんの記事の私なりの解釈を書いたら、抗議メールがきました。それも一緒にBBMで盛り上がっていた人から。(悲)「クラッシュ」をベタ褒めし「BBMは大した映画じゃない」ですって。当然、その人とは縁を切りました。

(35)…何か別のことを書くつもりだったんですが、ジェイク恐怖の4コマとkitamaruさんの記事の衝撃で忘れてしまいました、そうです。(笑)

(34)…初めてBBMを見た翌日。昨夜はあまり眠れず、と。年末からずっと見たいと思ってたんだから無理もないか。シネマライズの盛況ぶりなども。

(33)…3月7日、初めてBBMを見た日のレポ。「冷静ではあったのですが、やはりイニスとジャックが最後に会い、喧嘩別れするあたりから涙が止まらなくなりました。」かあ…、なつかしい。

(32)…オスカー発表の翌日。複雑な心境でしたねー。

(31)…先行ロードショー開始の翌日。キネ旬BBM特集の表紙にドキッとした話とか。

(30)…いよいよ今日(3月4日)からBBM先行ロードショー。

(29)…レズビアンの話、「めぐりあう時間たち」の話など。

(28)…ジェイクが表紙の「ビッグ・イシュー」の話題。実はまだゲットしてないのです。ぜんぜん販売員を見かけないもので。

(27)…「見た気」にはなれても本当に見るのとは別、当然ですよね。1週間後にBBM鑑賞が迫り、なんとか見たい気持ちを抑えようと脚本など読んでいた模様。

(26)…BBMがゲイ雑誌advocateの表紙に。今も繰り返し読んでいる生盛さんのレビューの感想など。

|

ブロークバック・マウンテン(50)

Bbm_dead_tired ついに50記事目です、はあ~。ビョーキ度もいよいよ深まってきましたが、まだまだ続きそうな勢い、どうぞ末永くおつきあいお願いします。

 というわけで今日は5回目の「BBM]鑑賞。地元(徒歩圏内)横浜シネマリンで最終回を。が、ダメですね、ここは。スクリーンが小さいのはともかく映像が暗くて音響に難アリ。エアコンの音がうるさいし~。今度のレディス・デーはまた川崎大師、もとい川崎チネチッタ詣でですわね。

 でも、シネマリンはゆったり見られるのは確かです。初日なのにガラガラ。HPを印刷していくと1,400円で見られるのはいいですよね。横浜見物のついでに「BBM]を、なんて方には向いているかもしれません。ここのHPは公式サイトのリンクでも表示されませんが、検索するとすぐ出てきます。

★以下、ネタばれが含まれます。ご留意の上、進んでくださいませ。

「気になるブログ」のぐりさんの日記の「BBM]トリビア面白いです。22日の「ムダムダ」をご覧ください。メキシコでジャックが買った男娼は撮影監督だった! イニスに面影が似てると思ったのにスタッフだったとは。私のしょーもないコメントもついてます。

 私は歩いて映画館に行ったのに、本日、すあまさんは往復6時間かけて「BBM」を見に行かれたご様子。ゼータクほざいてるわが身が恥ずかしい。「BBM]リンクのSuama's libraryも是非チェックしてくださいね。

 話は変わりますが、私はジャックが「遺言」で遺灰をBBMに撒いてくれ、という字幕が気になっていて。まだ30台で遺言なんてしますかね? 最初はジャックが「事故」にあった後、少し意識があって口にしたのかな、と。でもそれは無理があり…。日常、酔ったときに口にしてたんでしょうか。酔うと無防備にいろいろ口にしちゃいますからね。もしかして「イニス…」なんて口走って、ラリーンのこめかみにピキ、なんて。(笑)

 さてさて。(48)にジャック夫妻は親友関係? みたいなことを書きましたが。久々に私の愛読書、富岡多恵子さんの「青春絶望音頭」を開いてみたら。凄いフレーズがありました。

 一夫一婦制できめられた夫婦というのは、性関係を公認された友人同士なのではなかろうか。でなければ長の年月、いっしょにおれるはずがない。また友人だからこそ、それぞれに恋人が欲しくなるのではないか。

 うーん、鋭い!?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

ブロークバック・マウンテン(49)

yes (イエス) vol.2 [雑誌] Book yes (イエス) vol.2 [雑誌]

販売元:インフォレスト
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 本日はねたばれ一切なし、「BBM]未見、もしくはまた見たいけどいけない皆様の寂しさを埋めるべく関連本などのご紹介を。

 まずイチオシの「yes」vol.2はもうゲットされましたでしょうか。まだの方、いまAmazonで計5,000円以上、「本、CD、DVD]を買うとその場で500円割引キャンペーンやってます!

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/browse/-/16423081/ref=amb_top-right-1_40770006_1/503-2004234-7919944

 詳細は上記から。その上、本とCDで5,000円以上なら、250円のギフト券も。750円お得で、Yesが130円でゲットできる計算に。私ももっと早く気づけばよかった。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/browse/-/3519481/ref=amb_left-2_40769606_1/503-2004234-7919944

オリジナル・サウンドトラック~ブロークバック・マウンテン Music オリジナル・サウンドトラック~ブロークバック・マウンテン

アーティスト:サントラ,ウィリー・ネルソン,エミルー・ハリス,テディ・トンプソン,ルーファス・ウェインライト
販売元:ユニバーサルクラシック
発売日:2006/02/15
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Brokeback Mountain: Story to Screenplay Book Brokeback Mountain: Story to Screenplay

著者:Annie Proulx,Larry McMurtry,Diana Ossana
販売元:Scribner Paperback Fiction
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 yesと上記のサントラ、原作つき脚本で計5,081円。めでたく5,000円超え。私は全部ばらばらに…残念。

 もうyes以外はゲットしちゃった方、今月のCUTは「BBM]別冊付録付き!

Cut (カット) 04月号 [雑誌]

Book Cut (カット) 04月号 [雑誌]

販売元:ロッキング・オン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 690円ですか…、まだまだ足りない? CDが入らないとギフト券の対象から外れますが、ヒース、ジェイク出演作で未見のをこの際、ゲットされては?

デイ・アフター・トゥモロー DVD デイ・アフター・トゥモロー

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2005/11/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ジェイク出演。999円です。私も持ってますが、まだちゃんと見てないなー。

ケリー・ザ・ギャング DVD ケリー・ザ・ギャング

販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
発売日:2005/12/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

悪霊喰/ヘルハウス DVD 悪霊喰/ヘルハウス

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2005/08/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「ケリー・ザ・ギャング」は980円! 「悪霊喰」は何故か「ヘルハウス」とペアで1,980円。キャッチが笑えますね。「これさえあればいつでも自宅で肝だめし」。買っちゃおうかな?

 というわけで、色々組み合わせてお得に「yes」をゲットしてください。Cutだけじゃダメですよ、まず「yes」をカートに入れて、そののち合計が5,000円を超えるようにお願いします。

*割引、ギフト券の発行条件については、くれぐれも説明をよくお読みになり、間違いのないようにお願いいたします。

★ついでの情報★

 今日から4月2日までTSUTAYAで旧作レンタル半額! ですね。アン・リー監督の作品など借りてこようと思ってます。皆様もこのチャンスに未見のヒース、ジェイク出演作などチェックされてはいがかでしょう♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブロークバック・マウンテン(48)

Brokeback05_2  昨夜、4回目の「BBM」を見てきました。レディス・デーの夜の回だからほとんど女性、しんみり見ていて、ちょっと泣いてる方も。入りはやっぱり半分くらいでした。

 今日はジャックと妻ラリーンについて書きます。
★以下、ネタばれなのでご注意ください。

 ジャックは金目当てでラリーンと結婚したことになっていますが、相性はけっこう良く、少なくともイニスのように離婚を申し渡されてはいません。イニスが一緒に暮らす決意をしたら即離婚しようとジャックは考えていたのでしょうが、生涯ラリーンと添い遂げる結果になりました。
 
 ジャックは義父に嫌われていたが、ラリーンと父親の間はどうだったのか? 気に入らない婿をいやいや受け入れたのは、もしかしてできちゃった婚?
 
 たぶん子供ができた時点でジャックは「義務は果たした」と夜の夫婦生活を終わらせたのでしょう。電話1本で用が済む、とはジャックの言葉です。アルマのように夫の不倫現場を目撃したわけではないですが、たぶんラリーンも夫と釣り友達との関係にうすうす気づいていたように思います。

 踊る二人の画像を添えましたが、見れば見るほどお似合いです。昨日もこのシーンで、なんてすてきなカップル、とうっとりしちゃいました。
 この夫婦は男女が逆転しているような気がします。但し、男=能動的、女=受動的、という意味において、です。ラリーンが引っ張りジャックが付いていく。その意味でもお似合いの夫婦でした。マッチョな男よりジャックのように繊細な男性のほうがラリーンには合っていたのでは?

 出会ったその日にジャックと寝てしまうほどラリーンは積極的。しかもジャックに馬乗りになってです。
 ジャックは「君の度胸が気にいった」と言ってましたが、この女とならうまくやっていけると思ったのでは? ロデオ・クイーンのラリーンは、ジャックにはつきあい易い女性でしょう。なんといってもロデオという共通のシュミがある。ジャックはアルマのようなタイプとの結婚は考えられなかったと思います。

 先日まで、ラリーンというキャラが良く分からなかったのですが、けっこう書けてしまいました。ジェイク主演の「ムーンライト・マイル」を見たおかげかもしれません。

「BBM」とどう関係が? 「ムーンライト・マイル」では、ジェイクはジョーという、婚約者に死なれた青年を演じていますが…。

 以下はネタばれになりますので未見の方はご注意ください。以下を読んでから見ても十分楽しめるとは思いますが。

 映画の最後の方でジョーとダイアナが、実は婚約を解消していたことが分かります。
 ジョーはダイアナを友人としか思えなくなっており、それを察したダイアナが自分から解消を申し出た。しかし両親に告白する前にダイアナは流れ弾で死亡。ジョーは「悲運の婚約者」として葬儀に参列します。

 その後も「一生独身でいてくれると嬉しいけど」なんてダイアナの母から言われてプレッシャーを感じたことでしょう。すべてを告白しようやく婚約者の立場から解放されたジョーは、ダイアナという親友を失ったことに気づき、はじめて素直に悲しみを表します。

 ラリーンにもそんな面があるように私は思ったのでした。ジャックは夫だったが、ある意味、親友でもあった。夫婦生活が途切れた後はなおさら、友人としての色合いが濃くなっていったのではないか? 
 どちらにせよ、イニスからの電話で見せたラリーンの悲しみは本物だったと思います。

「ムーンライト・マイル」ではジョー(ジェイク)が「BBM」におけるラリーンの立場です。かつての婚約者であり親友だったダイアナの死を悼むジョー。偶然でしょうが、何かの符合を感じてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブロークバック・マウンテン(47)

2c506879cd1b13871a0244eb875b42bb 今夜、4回目の「BBM」鑑賞に行きます、ドキドキしてきました。もう4回目? 前に3回も見てるという実感がないです。初回の日ほどではないけれど、この映画に恋している私は、イニスとジャックにまた会える嬉しさにそわそわしています。たぶんジャックと4年ぶりで会った日のイニスもそんな気持ちだったかと? 

★以下、ネタばれです、ご注意ください。来月以降でないと上映されない地区もあるし、公開が決まっていない場所も~。なんとか各県に1館でもいいから上映されないものでしょうか。

 今日はイニスが離婚後につきあっていた女性、キャシー(リンダ・カーディリーニ)について。アルマやラリーンについて書くのが先なんでしょうけど、出番が少ないぶん書きやすいので?

 リンダは75年生まれ、ヒースより年上なんですね。でも役の上ではヒースが年上かな? 快活な彼女はイニスに積極的にアプローチ、もしや再婚? となりますね。原作ではジャックとの会話に出てくるだけですが。「町のバーにパートで来ている女、少々訳ありで、あまりありがたくない相手」という記述。

 キャシーはけっこう魅力的でしたね。どんな女優さんが演じるのだろうと思ったら。なかなか好感がもてます、これから活躍するんじゃないでしょうか。それにしても寡黙な男はもてるんですね。現実につきあうとしたら私はイニスは苦手なタイプ。自分が口下手なんで、ジャックの方がいいですー。

 アルマJr.とも会い、進行するかと思われたキャシーとの仲ですが、ジャックとの最後の逢瀬(1週間)で無断で留守にしたのがいけなかったのか。いえ、きっとその前からイニスは別れるつもりだったように思いますが。ダイナーで再会して「どこへ行ってたの?」となりますね。

「俺は面白くない男なんだ」のイニスに対してキャシーは、「面白いから惚れるんじゃないわ」。頬を伝う涙。そして知人の男性に支えられ、泣きながら去りますね。気の毒だけど、やっぱりイニスはジャックのものだから。

 といったことが書きたかったわけではなく。キャシーとイニスが初めて会ったときのことです。イニスは自己紹介するとき「イニス」と言ってからやや間をおき「デルマー」と姓を告げます。ここで私はジャックの影を感じました。冒頭で二人が握手するシーン。あのとき「イニス」とだけ告げたのでジャックが「苗字はないのか」と突っ込みますね。

 イニスは昔から自己紹介は名前だけ、だったんでしょう。それをジャックに突っ込まれてからは姓も言うようになったけど、やっぱり以前の癖で、さっとフルネームを言えない。キャシーに名乗ったときの一瞬の間に、私はジャックを思いました。

 と、それだけの話なんですけどね。

 ついでに、先ほどの、最後の逢瀬でイニスとジャックが「つきあっている女」のことを話すシーン。イニスは本当にキャシーとつきあっていたけど、ジャックの方は「牧場主の妻」ではなく「牧場主」の方とできちゃってるらしい、と皆さんお気づきでしょう。

 が、世の中には額面どおりに受け取る方もいるのですね。テーブルで2組の夫婦が会話してるとき、男同士は意識して見交わしているのに。ベンチでも意味深な会話をしているのに。それでもジャックが言ったとおり「妻の方と」と思ってらっしゃる方のブログを読んでしまって~。案外、そういう方は多いのかも?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ブロークバック・マウンテン(46)

Brokeback08 3度目の「ブロークバック・マウンテン」を見て、改めて自然の美しさに魅せられました。

 最初の30分ほどは、ジャックの視線の行方を注意深く見守りたい(イニスにひと目惚れしていたと思うので、ジャックの視線のすべてを追ってしまう)ため、非常に疲れるのですが、風景や羊やイニス、ジャックが馬に乗ったり働いたりしているシーンではそんな神経を使うこともなく、ただ映像の美しさに身をゆだねていられました。

 私は田舎育ち、遠足と言うと近所の野山に徒歩でつれていかれました。なので自然はもう十分、と都会で暮らしていますが、「BBM」の自然の壮麗さは心地よいです。馬が踏むやわらかそうな下草。幼稚園のとき、近所の丘の芝生の上をお尻で滑り降りて遊んだことなど思い出しました。そして風の強さ。

 そう、なんと風の音が印象的な映画だったことでしょう。下界に下りてからも、アルマと新婚生活を送った野中の家でも吹きすさぶ風の音が。ラスト、イニスのトレーラーハウスでも泣きたくなるほど寂しい風の音。私は北のほうで生まれましたが、祭りが終わって立秋の声を聞くと、決まってあんな風が吹くのです。短い夏が終わり、これからはもう寒くなる一方、と哀しくなるのでした。

 いい映画はいろんなことを想起させます。大昔の子供時代のことを「BBM」のおかげでずいぶん思い出しました。

 映画では少ししか語られませんが、イニスは家族の愛に恵まれない子でした。ジャックも父親を嫌っていたようです。親父の牧場を手伝うくらいなら、と。原作には父親に虐待された話が出てきます。それでも両親が健在で帰る家があるぶん、イニスよりは恵まれていたでしょうか。

 テントで裸のジャックにイニスが抱きつくシーンがありますが。あのイニス、ジャックにすがりついてましたね。助けてくれ、と全身で叫んでいるようでした。そしてジャックの慈愛に満ちた表情。求められて嬉しいのもあったでしょうが、イニスの孤独を包みこむ聖母マリアのように見えました。

 聖母なんてヘンでしょうか。でも私は思ったのです。ジャックはイニスのhomeに成り得た。あのときのジャックは、イニスの父であり母であり、姉であり妹、兄でもあって弟でもありました。つまりジャックがイニスにとっての全ての家族に思えたのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブロークバック・マウンテン(45)

Jakegyllenhaalbrokeback1  こんなに「ブロークバック・マウンテン」に入れこんじゃってどうするんだ、と怖くなることがあります。この「BBM日記」も「狂人日記」と化しているのではないかと…。でも、本当に狂ってる人って自分がおかしいなんて露ほども思わないらしいので、ヘンだなあ、ヘンどころか狂ってるのかも、と思うだけ私はまだマシなのでしょうか。

 そんな前置きはともかく。昨日3回目の「BBM」を見て、ますます深いところに沁みてきていて、帰宅しても家族の顔も見たくないし口もききたくない、とにかく一人で「BBM」の世界にこもりたくて。「yes」2号が届いて「BBM」特集など読んだから尚更です。

 3回見たので当然、細かいところも見えてきて、台詞も前よりは聞き取れるようになってきて。で、変わらず胸を締め付けられるのは、イニスとジャックが最後に会う場面です。特にジャックです。

★もう全国公開されたので、基本的にネタばれ全開ですが、未見の方は以下はお読みにならないほうがいいかと。

 ヒースのトシの重ね方がとても自然、とよく言われますが。反面、ジェイクはあの口ひげがとって付けたようだ、と評判はよろしくありません。私も同感ですが、この最後の逢瀬では、だいぶ自然に見えます。

 焚き火の炎に浮かぶ横顔は深くしわが刻まれ、「時々、お前に会いたくてたまらなくなることがある」の台詞に胸が詰まります。

 そしてメキシコに行こう、と言いイニスの反感を買い「浮気」を認めるジャックは居直っているようにも見えます。でも、「おれたちにはブロークバックしかない」との叫びは悲痛です。「ブロークバック」も具体的に言えば、あの回想シーンの「もう一度体験したくてたまらない」出来事があったから。それゆえ希望をつなぎ、20年近くをジャックは浪費してしまった。

[I wish I knew how to quit you.]をジャックがどんな顔で言うのか、ある意味楽しみにしていたのですが、あのときジャックはイニスに、そして観客にも背を向けています。ジャックがどんな顔で言ったか想像してみろ、と突き放された気分でした。

 イニスが泣き崩れ、もう責め続けることができなくなったジャックは「すまない」とまで口にする。謝るのはイニスの方では? でも彼を泣かせてしまったジャックはそう言うしかないのです、やっぱりイニスが好きだから。そして天上の夢のような回想シーン。

 先日、shitoさんのブログを拝読し、それがジャックにとってどれほど価値があるものか思い知っていたので、3度目の鑑賞、そこでまた涙が止まりませんでした。

http://blog.goo.ne.jp/ronno/e/c0451e9064d31fb144dd63fbcb07168f

「BBM」は行間を読む映画、見る者が試される映画、と言われますが、その通りだと思います。言葉にできなくても何かを感じ、年月がたって見直してみて、こんなに豊穣な世界だったのか、と気づく人はまだいい。どこがいいのかさっぱり、という人の方が圧倒的に多いのかもしれません。残念ながら、それが現実。なんだかもう、分かる人にだけ分かればいいや、って気分になってきました。

| | コメント (9) | トラックバック (1)

ブロークバック・マウンテン(44)

yes (イエス) vol.2 [雑誌] Book yes (イエス) vol.2 [雑誌]

販売元:インフォレスト
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 3回目の「BBM]鑑賞に行ってきました。9:50の初回で、入りは半分くらい。とっても静かな館内、笑いも起きず泣き声も聞こえず、淡々と終わりました。

 ヘンなスケジュールなんですよ。昼からの回は「THE 有頂天ホテル」を上映。そしてまた「BBM」。いちばん客が入りそうな昼に? 川崎チネチッタ、なに考えてんだ? んー、期待してないってことかなあ。確かに初日の初回に半分の入りでは。他のシアターの状況が心配です。ゆったりとご覧になりたい方、川崎はねらい目ですよ。(苦笑)

http://cinecitta.co.jp/cinema/00917/

 入りもそうだし、終映後の女子高生カルテットのあっけらかんとした反応を見てたら不安になってきました。泣けとは言わないけど、あんなに楽しそうにできるのが分からん。やはりこの映画を見るにはある程度の「成熟」が必要なのかも。年齢は関係ないですよ。中学生でも成熟してる人もいるんだろうし。

 で、なんとなく落ち込んで帰宅したら、もう「yes」2号が届いてました! 昨夜、発送済みメールが来てたけど、早くて明日だと思ってたのでビックリ&嬉しい!

 ヒースのインタビューだけでなく、「BBM]その他の記事も充実してます、すばらしい~! 本屋さんでもメンズファッションのコーナーにあるらしいです、ぜひ買ってください。こうした雑誌はまず続けて出せるかどうかが問題です。売れないと廃刊になってしまうので。

 ヒースのインタビューで感銘を受けたのは、自分の子供がゲイだって打ち明けたらどうする、と聞かれて。「正直に話してくれたってことで、もっとその子を愛すると思う」って。子供が同性愛でも気にしないそうです。嬉しいなあ。

 私は子供はいませんが、もし子供がいて同性が愛の対象なら、悩まず打ち明けてほしい。GLBT映画が大好きな母親で話しやすいと思うけど。ヘンに隠して悩まないでほしいです。

 あと、テリー・ギリアム(「ブラザーズ・グリム」監督)の映画に出られてとても喜んでいるのね。そうじゃないかと思ってたんで、わが意を得たり、です。「モンティ・パイソン」に出たかったって? 

「BBM」関連に記事には、98年10月にワイオミングのゲイバッシングで殺されたマシュー・シェパード(享年21歳)の写真が。繊細で優しそうな青年です。こうして写真を見てしまうと改めて怒りがこみあげてきます。「BBM」の原作を読んで感激して、母親にも読んで、と手渡したそうです。

 お母さんの嘆きはどれほどでしょうね。改めてマシューの冥福を祈ります。そして2度とこんな事件が起こらないよう願うばかりです。マシューにも映画「BBM」を見てほしかったなあ。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

ブロークバック・マウンテン(43)

Brokeback09  明日はついに! 全国公開の初日ですね。先行上映のシネマライズでは盛況でしたが、他はどうだろう? 私は週明けというか次のレディス・デーに行こうと思ってたんですが、気がつけば明日の初回、川崎チネチッタのチケットをネット予約してました。やっぱり初日の雰囲気をチェックしておきたくて。http://cinecitta.co.jp/cinema/00917/

 さっき予約したときは◎、今は○だから、あれから少しは売れたみたい。並ばずに済むのでネット予約は便利です。チネチッタは12スクリーン+チネグランデ(800席以上)、日本1の動員率を誇るシネコンです。私は横浜在住ですが、もう一箇所の市内のシネコンはアクセスが悪くて。チネチッタなら乗り換えなしで行けますので。

 さてさて。今日はイニスのセクシャリティについて。ずっと考えてたんですが、イニスはゲイなのかストレートなのか? だんだんゲイじゃないって気がしてきたんですよ。

★以下はネタバレになります。ご注意の上、読み進んでください。

(40)でkenjikenjiさんがくださったコメントに、私は半端にレスしてしまったんですが。

 イニスがゲイなのかどうか、という話です。

 だいぶ前に「薔薇族」の読書欄で読んだ話なんですが。実話なのか小説の紹介なのか忘れましたが、「ストレートの男性がゲイから思いを打ち明けられ、すごく悩む」という話があったそうです。

 その男性は、思いを寄せてくれたゲイの方に、精神的には応えられるけど、どうしても肉体面では無理なんですって。好きになってもらって凄く嬉しいのに応えることはできない。それでお互い、たいへん悩んだ、ということでした。

 難しいですよねー、こういう問題。異性間みたく、「気持ちは嬉しいけどタイプじゃないから」で済ませられたらラクなんでしょうけど。

 肝心のイニスのことですが。あの、ブロークバックで最初にジャックから求められたとき、イニスが「気持ちはうれしいけど応えられない」とかいって何も起きなかったら、と想像しちゃったんです。

 4年後、葉書が届いてイニスはジャックと再会する。でもやっぱり肉体関係はなし。そんな感じで時々会って飲んだりしながら10数年がたつ。突然、イニスはジャックの死を知らされる。

 友達づきあいしてたんだから、イニスはジャックの実家に弔問に行くでしょう。そこで、クローゼットに、あの2枚のシャツを見つけたとしたら。完全ストレートなイニスの反応は?(もちろん、ブロークバックで何らかの殴り合いがあり、シャツに血がついてたと思ってください)

 …やっぱり「そんなに俺を思ってたのか!」と胸が痛くなったと思うんですよね、完璧ストレート男性であったとしても。イニスみたく、一生シャツに呪縛されることはないにしろ。俺は応えられなかったのに、ずっと思っててくれたんだ! と。ちょっと「カリフォルニア物語」のヒース(!)とイーヴを思い出しちゃいます。

http://emmanueltb.cocolog-nifty.com/blog/2006/02/__412d.html#comments

「BBM」のことを考えるようになってから、ゲイ、非ゲイといっても色々あるので、ゲイはこう、非ゲイはこう、と一括りにできないな、と考えるようになりました。絶対に男性しか愛せない(精神的、肉体的に)男性もいるだろうし、女性を肉体的にも受け付ける(ジャックはそうかも)ゲイもいるでしょう。バイセクシャルならどちらもOKだし。ちょっとだけ同性に興味があり,状況次第で寝てもいいや、なんて人もいるはず。要は一人ひとり違うんでしょう。

 イニスは、男性はジャックだけ、だったんですよね。だからメキシコの話を出されたとき、あんなに怒ってました。だったらジャックと暮らしてやれよ、養育費だってそろそろ終わりだろ!

 何が書きたかったのか全然まとまりがつきませんが。明日の午前中、私が3度目の「BBM」を見てチネチッタのスクリーン6(定員244)で泣いている、それだけは確かです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

▲アン・リー監督作品 | ▲ジェイク・ジレンホール出演作 | ▲ヒース・レジャー出演作 | ▲ブロークバック・マウンテンⅡ(51)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅣ(151)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅧ(351)~ | ▲ブロークバック・マウンテン | ▲ブロークバック・マウンテンⅢ(101)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅤ(201)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅥ(251)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅦ(301)~ | ▲私見・アカデミー賞 | △LGBT映画 あ | △LGBT映画 い~お | △LGBT映画か、が行 | △LGBT映画さ、ざ行 | △LGBT映画た、だ行 | △LGBT映画な行 | △LGBT映画は、ば、ぱ行 | △LGBT映画ま行 | △LGBT映画ら行 | △LGBT映画わ行 | △「腐女子」を考える | △ジェンダー関連 | △ドラマ | ある日どこかで | アーサー王伝説 | エド・ウッド関連 | クリスト・ジフコフ出演作 | サッカー | ジェラール・フィリップ出演作 | ジェームズ・フランコ出演作 | ジェームズ・スペイダー出演作 | ジャック・ガンブラン出演作 | ジャレッド・レト出演作 | ジュード・ロウ出演作 | ジュード・ロウ関連映画 | ジョニー・デップ出演作 | ダニエル・デイ・ルイス出演作 | ドラマ | パリの本 | ポール・ニューマン出演作 | レオナルド・ディカプリオ出演作 | ヴァンサン・ペレーズ出演作 | ヴィスコンティ作品 | 人形アニメ | 写真集 | 小説あ行 | 小説か行 | 小説さ行 | 小説た行 | 小説な行 | 小説は行 | 小説や行 | 市川雷蔵出演作 | 年下の彼 | 忘れられないコミックス | 忘れられない小説 | 忘れられない随筆 | 戦争の記憶・ヨーロッパ | 日本映画あ行 | 日本映画か行 | 日本映画さ行 | 日本映画た行 | 日本映画な行 | 日本映画は行 | 日本映画ま行 | 日本映画や行 | 日本映画ら行 | 映画あ | 映画い | 映画う | 映画え | 映画お | 映画か | 映画き | 映画く | 映画け | 映画こ | 映画さ | 映画し | 映画す | 映画せ | 映画そ | 映画た | 映画ち | 映画つ | 映画て | 映画と | 映画な | 映画に | 映画の | 映画は | 映画ひ | 映画ふ | 映画へ | 映画ほ | 映画ま | 映画み | 映画む | 映画め | 映画も | 映画や | 映画ゆ | 映画よ | 映画ら | 映画り | 映画る | 映画れ | 映画ろ | 映画わ | 映画書籍あ行 | 映画書籍か行 | 映画書籍さ行 | 映画書籍た行 | 映画書籍は行 | 映画書籍ま行 | 映画書籍や行 | 映画音楽 | 滝口雅子詩集 | 猫いろいろ | 私のルーツ | 美術書CATS | 美術書あ行 | 美術書か行 | 美術書さ行 | 美術書た行 | 美術書な行 | 美術書ら行 | 華氏911 | 追悼 伊福部昭 | *Football | *コメディ映画あ行 | *コメディ映画さ行 | *コメディ映画た行 | *コメディ映画ま行 | *コメディ映画や行 | *家族問題 | サンドラ様blog開設お祝いカード