引き裂かれたカーテン

名優たちの軌跡 ポール・ニューマン ベスト・パフォーマンス・コレクション(DVD) ◆22%OFF! 名優たちの軌跡 ポール・ニューマン ベスト・パフォーマンス・コレクション(DVD) ◆22%OFF!
販売元:ぐるぐる王国 ヤフー店
ぐるぐる王国 ヤフー店で詳細を確認する

 ポール・ニューマンの訃報に接し、何か出演作を、とゲットしたDVDですが、今頃やっと見ました。ヒッチコックの監督50作目、監督40周年作品。重いかな、と敬遠していたのですが、冒頭から興味深く、楽しく拝見しました。もっと早く見ればよかった。ポールが若い、当然ですね。40そこそこですからね。ジュリー・アンドリュースもミュージカル俳優のイメージが強いですが、ヒッチコックの映画にも出ていたとは。

 あまり評判が芳しくないそうですが、私は気に入りました。なんといっても冷戦時代、東ベルリン、西ベルリンと聞いただけで怖くなります。子供の頃、まだベルリンの壁がなかった頃。西に逃げようとして国境付近で射殺される人が絶えなかったと聞いてぞっとしました。結局、壁が築かれたのですが、それも破壊されて、すでに20年。今では「ベルリンの壁」を知らない世代も出てきて、唖然とします。私が若い頃は、ドイツは永遠に東と西に分かれたまま、だと思い込んでいたのですから。

 冒頭は北欧に向かう船、一転、ルーマニア航空で東ベルリン入り、行きたくてたまらなかったライプチヒ(大好きなダンサーが在籍していたので。今は帰国していて、行く理由がなくなりました。でもバッハゆかりの地だし憧れます)も出てきて、旅の気分が味わえます。

 共産主義はやっぱり窮屈なものですね。ポール・ニューマン@マイケルの決断は無謀というかなんとういか、大丈夫かいな、この人? とはらはら見守るだけでもスリル満点。殺害シーンもどうなっちゃうのー(時間がかかるもので)、だし、バスのシーンも、なかなかでした。最後にはバレエも出てくるし。あれはなんだろう、「石の花」? あのバレリーナはいろんな意味で怖かったですー。

| | コメント (0)

ロード・トゥ・パーディション~追悼 ポール・ニューマン

ロード・トゥ・パーディション<特別編> DVD ロード・トゥ・パーディション <特別編>

販売元:20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
発売日:2003/11/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 とうとう、この時が来てしまいました。ポール・ニューマン逝去。この夏、ガンで余命わずかと聞き大ショック、信じたくない気持ちでいっぱいでした。でも、数年前にロイヒル監督が亡くなったとき、TVに「ハスラー」のポール出演シーンがチラッと出た、そこしか見なかったためポールが死んだのだ、と、泣きながら外をうろうろ、なんてことがありました。誰の訃報なのか確かめるのも怖かったのです。

 私が映画を見始めた60年代、彼は既に大スターでした。若い頃の作品は未見だったこともあり、あまりぴんとこなかったのですが、「明日に向かって撃て!」、「タワーリング・インフェルノ」あたりからシブさに夢中になりました。あれから30年以上たつのですね。

「ロード・トゥ・パーディション 」は、ジュード・ロウにお熱だった私には夢の作品でした、大好きなポールも出ているのですから。監督が「アメリカン・ビューティ」のサム・メンデス、そのオスカー受賞後作品ということで注目を集めました。過小評価されているのが不満です。(「ジャーヘッド」に対しても同様の不満があります、ジェイクがメンデスの映画に主演してくれて嬉しいけど。)

 舞台は1931年冬のイリノイ州ロックアイランド。町を牛耳るルーニー(ポール・ニューマン)に仕える殺し屋マイク・サリヴァン(トム・ハンクス)はルーニーの厚い信頼を得ていたが、ルーニーの息子コナー(ダニエル・クレイグ)のために窮地に追い込まれ…。

 なんと007でブレイクしたダニエル・クレイグも出演、豪華ですよねー。ダメ息子振りが上手かった。サリヴァンの妻はジェニファー・ジェイソン・リーが演じてるし、もう言うことありません。サリヴァンはルーニーの息子を押しのけ跡目を継ぐかも、というほどの優秀さ、それが仇になったともいえますが。ポール@ルーニーが愚かな父親の一面を見せて心に沁みました。この映画で真っ先に思い出すのはジュードでもトムでもなく、あの弱い男の心情の吐露です。組織のためには息子を切り捨てるのが最上なのに、それが出来ないのです。

 反逆的なヒーローを演じたポールも、「評決」や「ノーバディズ・フール」(これも隠れた傑作、豪華キャスト)など沁みる名作にいくつも主演しました。稀有のアクターでした、BBCはポールをMOVIE LEGENDと。

 心から冥福をお祈りします。でも、ようやく天国で息子さんに逢えますね。ドラッグは良くないときつく叱ってやってください、て、私が言うまでもないですか。「逆縁」は本当に辛いと思うので。落ち着いたらしみじみとポールの出演作を鑑賞したいです、ずっと見ていなかった「ロード・トゥ・パーディション」も含めて。

| | コメント (0)

評決

評決 DVD 評決

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2007/05/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

【この名作が初DVD化にしていきなりの廉価化! FOXの英断に感謝しつつ、映画ファンは必見の価値ありと叫んでおきたい。】

 Amazonレビュアーhide-bonさんの叫び、私も全く同感です。FOXえらいです、今なら896円ってウソでしょー!? ポールはご挨拶程度ですがシドニー・ルメット監督のコメンタリ付です。公開時に高く評価されていましたがなかなか見るチャンスがなくて。これは買って良かった、人生最高のお買い得?

 かつての栄光はどこへやら、酒に溺れる日々の初老の弁護士、フランク(ポール・ニューマン)。舞台はボストン。冒頭、昼間からビール飲みつつピンボールに興じる姿に今の境遇が透けて見えます。そんな彼にオイシイ話が。医療ミスで植物状態になった女性の示談、話をまとめればけっこうな収入になります。

 はじめはフランクも示談に応じようとします。しかし実際に病室でチューブだらけで生かされている女性を見て、気持ちが変わり裁判に持ち込む事にします。有力な証言をしてくれる医師もみつかり、先行きは明るい…はずでした。

 しかし、被告側の雇った辣腕弁護士は裏で手を回し、フランクは追い詰められていきます。しまいにゃ再度、示談に持ち込もうとして断られる始末。弱いです、だらしないし、みっともないです。でも、これが人間ではないでしょうか? 妙な正義感に動かされず示談にしておけば大金が転がり込んだのに。

 allcinemaのレビューでは、だいちゃんさんが【昨今、この映画のテーマである「医療モノ」「弁護士モノ」「落ちぶれ中年復活モノ」が、玉石取り混ぜてやたら多いので、それらの原型となるこの映画の有り難みが薄れてしまっているのが、なんとも残念です】と。無念は分かりますが、「評決」が82年、25年も前の映画であることは動かせない事実。四半世紀前にこれほどの名作が~。

 司法界に真っ向から挑戦したこの作品、アカデミー賞5部門にノミネートされながら無冠に終わったのも頷けます。新しすぎ過激すぎたのではないでしょうか? 同時期にゲイ映画の傑作「メーキング・ラブ」が作られたことを思い出します。コメンタリによれば最初は別の監督、俳優で製作されるはずでした。が、彼らは主人公をもっとヒロイックに脚本を変えたのだそうです、しょーがないなー。ルメット監督、ポール・ニューマン主演で映画になって本当によかったです。

 そしてそして謎が似合いすぎる女、シャーロット・ランプリングが華を添えます。脇の演技陣もシブくて的確、若き日のブルース・ウィリスも出演しているようです。クレジットなしですが、被告側の弁護士事務所にいたような? 今とはだいぶ感じが違うので確信はもてませんが。

 ボストンの街並み、歴史的な建物の内部。訴訟の相手先がキリスト教系の病院であるのもミソでしょうか。監督によればボストンは宗教色が強いのだとか。陪審員を選ぶときポール@フランクがある人に「聖キャサリン病院に行ったことは?」「私はユダヤ人ですよ」なんてやり取りも。優れた演出、脚本、演技だけでなく色々な楽しみが詰まった傑作です。

| | コメント (0)

熱いトタン屋根の猫

熱いトタン屋根の猫 DVD 熱いトタン屋根の猫

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2006/10/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ポール・ニューマンが 現役を引退するそうです。はあー、ショック。82歳ですか。50年もやったら十分、そうかー、彼がそう言うなら仕方ないけど。

 最初に彼を知ったのは「明日に向かって撃て!」、あの引き込まれそうな青い瞳(ジェイクの前に惹かれたブルーアイは彼だけ!)、13回も見ました。出演当時44歳ですか、信じられない若さ。私は40代以降の彼が好きで、若い頃の作品は未見でしたが。先日、やっと58年(33歳?)の「熱いトタン屋根の猫」を見ました。

セルロイド・クローゼット」でも取り上げられた映画、原作はテネシー・ウィリアムズ。主人公ブリック(ポール・ニューマン)と亡き親友スキッパーに何かあったようなんですが、スキッパーは名前が出るだけで関係はぼかされたままです。ブリックの妻マギー(エリザベス・テイラー)が夫から疎まれる理由はそこにありそうなんですが。

 脚本はずたずた、T.ウィリアムズはリズの演技以外は不満で仕方なかったようですが、私は、ブリックとスキッパーの関係の「ほのめかし」だけで十分でした。一体何があったのかとあれこれ想像、主要人物の不在というのもスリリングなものですね。

 やはり優れた原作のある映画は違うな、と感心しちゃいました。台詞がエスプリに富んでいるように思えたのですが。ビッグ・ダディ(バール・アイヴス)の曲者ぶりも良かったです。「ジャイアンツ」同様、リズは輝くばかりに美しく、充たされぬ若妻の苛立ちが伝わってきました。こちらは閉塞した家族関係でしたね。

 若きポール・ニューマンとリズの熱い演技ぶりを見られてよかったです。リズはただの美人女優じゃないですね、と何を今更、なんですが改めて感心しました。ポールの映画もあまり見てないし、これからじっくり拝見しようと思います。

↓そうそう、P.ニューマンといえば反逆児のイメージでした。お年を召してもこんなにダンディ。大人になりたくない60歳を演じた「ノーバディズ・フール」も傑作でした。キャストの豪華さも特筆ものです。こういう佳作にもっと光が当たってほしいものです。

少年の心を持った反逆児ポール・ニューマン Book 少年の心を持った反逆児ポール・ニューマン

販売元:近代映画社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 感想をまだ書いてないけど、最後に劇場で見たポール出演作「ロード・トゥ・パーディション」。「ジャーヘッド」のメンデス監督、ポールのダメ息子役はダニエル・クレイグ(新ボンドですね)。彼のヘタレ振りもなかなかでした、見直さないとー。

ロード・トゥ・パーディション (特別編) DVD ロード・トゥ・パーディション (特別編)

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2007/02/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

ノーバディーズ・フール

DVD ノーバディーズ・フール

販売元:ジーダス(JSDSS)
発売日:2003/05/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

D110716684   どうでしょうねえ、左記のポール・ニューマン。肩から力が抜けたようなフツーの人そのものの顔。そう、この映画のポールはどこにでもいる凡人の役。ただしどこか浮世離れしている。

 60歳の土木作業員。94年の作品だから、ポールは68,9か。どうして見る気になったのか、たぶん雑誌の紹介で興味を惹かれたのだろう。なかなか味わいのある佳作だ。

 ポール演じるサリーは恩師ミス・ベリル(ジェシカ・タンディ)の家に下宿している。妻とは離婚、息子夫婦とも不仲。けっこう孤独だが、まあ人生こんなもんだろ、てな感じで飄々と暮らしている。

 サリーといさかいを起こす男にブルース・ウィリス、その妻にメラニー・グリフィス。「セント・オブ・ウーマン」の項に書いたがオスカー男優賞のF.S.ホフマンが気の弱い警官役で出演、出番は少ないが印象に残る役。と、なかなか豪華キャストなのだ。ジェシカ・タンディは「ドライビング・ミス・デイジー」でオスカー主演女優賞の名女優で、これが遺作になったそうだ。

 舞台はニューヨーク州。雪深い東部が舞台の映画にはいつもほっとする。アメリカ西部と違ってどこかヨーロッパ風な懐かしい風情があるからだろう。

 大した事件は起こらないが、最後にサリーには「人生、捨てたもんじゃない」というちょっといいことがあって、気持ちよいラストだった。問題作、大作もいいのだが、こうした何気ない、それでいて心が温かくなるような映画も好きだ。

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=17342

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日に向かって撃て!

明日に向って撃て! ―特別編― DVD 明日に向って撃て! ―特別編―

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2001/09/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

明日に向かって撃て! Music 明日に向かって撃て!

アーティスト:サントラ,B.J.トーマス
販売元:ユニバーサルインターナショナル
発売日:2005/10/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 映画館で13回も見た、なつかしの映画。上記のサントラのジャケ写がオリジナル版のポスターだと聞いてます。

http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD352/?flash=1

 原題はブッチ・キャシディとサンダンス・キッド。ブッチ(ポール・ニューマン)とキッド(ロバート・レッドフォード)の名コンビが楽しくて~、ポールが好きで13回見ちゃったけど、映画自体も大好きだった。

 アウトローの二人、南米ボリビアに逃げてそこでも強盗なんぞやった挙句、軍隊に包囲されて。ラストは「俺たちに明日はない」と同じだけど、飛び出す二人のスチール画面に銃声だけが響く。ロイ・ヒル監督の温かい視線を感じた。「俺たちに…」同様リアルなラストなら、辛くてとても13回は見られなかっただろう。

 アン・リー監督が60年代に「BBM」を作っていたらポールをキャスティングするって言ってたけど、うーん、似合いそう。ポールはリベラルな人だし、きっと受けたんじゃないかな。

 1890年代の西部。ブッチとキッドは実在したキャラクターだそうだ。2人とエッタ(キャサリン・ロス)は三角関係っぽいけど、特にどちらと進展があるわけでもなく、エッタは去っていくのよね。

 所詮は悪党コンビなんだけど、ほんとに憎めなくて、ひょうひょうとした2人の名コンビぶりだけが胸に残っている。ポールとレッドフォードは「スティング」でも組んで息の合ったところを見せたけど、やっぱり圧倒的にこっちの方が好きだなあ。

 音楽がまた素敵で、当時、一世風靡したバート・バカラック。3人が野で遊ぶシーンに流れた〔雨にぬれても〕は大ヒットしたっけ。この歌が「スパイダーマン2」で流れたときには面食らいましたが。ライミ監督もこの映画が好きなのかもね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

▲アン・リー監督作品 | ▲ジェイク・ジレンホール出演作 | ▲ヒース・レジャー出演作 | ▲ブロークバック・マウンテンⅡ(51)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅣ(151)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅧ(351)~ | ▲ブロークバック・マウンテン | ▲ブロークバック・マウンテンⅢ(101)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅤ(201)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅥ(251)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅦ(301)~ | ▲私見・アカデミー賞 | △LGBT映画 あ | △LGBT映画 い~お | △LGBT映画か、が行 | △LGBT映画さ、ざ行 | △LGBT映画た、だ行 | △LGBT映画な行 | △LGBT映画は、ば、ぱ行 | △LGBT映画ま行 | △LGBT映画ら行 | △LGBT映画わ行 | △「腐女子」を考える | △ジェンダー関連 | △ドラマ | ある日どこかで | アーサー王伝説 | エド・ウッド関連 | クリスト・ジフコフ出演作 | サッカー | ジェラール・フィリップ出演作 | ジェームズ・フランコ出演作 | ジェームズ・スペイダー出演作 | ジャック・ガンブラン出演作 | ジャレッド・レト出演作 | ジュード・ロウ出演作 | ジュード・ロウ関連映画 | ジョニー・デップ出演作 | ダニエル・デイ・ルイス出演作 | ドラマ | パリの本 | ポール・ニューマン出演作 | レオナルド・ディカプリオ出演作 | ヴァンサン・ペレーズ出演作 | ヴィスコンティ作品 | 人形アニメ | 写真集 | 小説あ行 | 小説か行 | 小説さ行 | 小説た行 | 小説な行 | 小説は行 | 小説や行 | 市川雷蔵出演作 | 年下の彼 | 忘れられないコミックス | 忘れられない小説 | 忘れられない随筆 | 戦争の記憶・ヨーロッパ | 日本映画あ行 | 日本映画か行 | 日本映画さ行 | 日本映画た行 | 日本映画な行 | 日本映画は行 | 日本映画ま行 | 日本映画や行 | 日本映画ら行 | 映画あ | 映画い | 映画う | 映画え | 映画お | 映画か | 映画き | 映画く | 映画け | 映画こ | 映画さ | 映画し | 映画す | 映画せ | 映画そ | 映画た | 映画ち | 映画つ | 映画て | 映画と | 映画な | 映画に | 映画の | 映画は | 映画ひ | 映画ふ | 映画へ | 映画ほ | 映画ま | 映画み | 映画む | 映画め | 映画も | 映画や | 映画ゆ | 映画よ | 映画ら | 映画り | 映画る | 映画れ | 映画ろ | 映画わ | 映画書籍あ行 | 映画書籍か行 | 映画書籍さ行 | 映画書籍た行 | 映画書籍は行 | 映画書籍ま行 | 映画書籍や行 | 映画音楽 | 滝口雅子詩集 | 猫いろいろ | 私のルーツ | 美術書CATS | 美術書あ行 | 美術書か行 | 美術書さ行 | 美術書た行 | 美術書な行 | 美術書ら行 | 華氏911 | 追悼 伊福部昭 | *Football | *コメディ映画あ行 | *コメディ映画さ行 | *コメディ映画た行 | *コメディ映画ま行 | *コメディ映画や行 | *家族問題 | サンドラ様blog開設お祝いカード