ラスト・オブ・モヒカン(2)

0511mohican  2度と見ないだろうと前の感想にも書いてある「ラスト・オブ・モヒカン」。DVDは廃盤だしねえ、だったんですが。アメリカ盤をゲットしてしまいました。送料がもったいないので、ついでに、だったのです。さわりだけね、と思ったのが、最後まで見てしまいました、何年ぶりでしょう?

 はまりにはまって、51回も劇場で見た映画。もちろん、生涯最高の回数です。93年公開だから、もう16年もたつのですね。この画像は前売り券に使われていました。「命は愛のためにある」ですか、ドラマチックなあの物語にぴったりです。

 画像を検索していたら、こちらの記事がヒット。弟カップルに関して、初めて知った情報もあり、感激です。あの控えめな愛情表現は、そういう訳だったのですねー。

 なんだかうまく考えがまとまりませんが。山に始まり山に終わる本作は、ちょっとBBMを思い出させます。舞台は1757年、フレンチ・インディアン戦争の3年目。イギリスが敗退を続けていたころで、悲惨な戦闘シーンも描かれます。そういえばマイケル・マン監督の作品なのでした。当時は彼がどういう存在か存じませんでしたが、確かにガン・アクションは冴えていて、ただの恋愛映画じゃ我慢できない私にはぴったり、はらはらドキドキの連続です。

 ラブシーンは抑え目で、このような描き方なら「マイアミ・バイス」もいらいらしないで見られたのになあ。でも女との絡みを減らすと男同士の絆が目立ちすぎるのか。「ラスト・オブ・モヒカン」では、このナサナエルとコーラ(マデリン・ストウ)のカップル、共に雄雄しくて、男女というより同性のカップルの匂いがしないでもない。コーラも銃をとって戦ってたしね。

 辛くて見られないと思っていたけど、時間は、辛ささえ懐かしさに変えてしまうのでしょうか。引退を伝えられたダニエルは、昨年、2度目のオスカーに輝きましたね。

| | コメント (0)

存在の耐えられない軽さ

存在の耐えられない軽さ DVD 存在の耐えられない軽さ

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2006/01/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 タイトルだけで敬遠しつづけた作品である。ようやく見る気になったのだが、171分と知って、また腰がひけた。
 が、借りた以上は見ずには返却できない、いざスタート!

 舞台はプラハ。ダニエル・デイ・ルイス扮する脳外科医トマシュはプレイボーイ。「軽さ」とは彼のこの性向のことか、と思わせるほどに次から次へと女遍歴を重ねる。このへんからもう、はあーっとため息。軽い、軽すぎる。
 かといってミラン・クンデラ原作でプラハの春を描いた映画なのだから、そのうち重くなるのでは、と期待して見つづける。
 プラハの春。68年春だったろうか、私はほんのお子ちゃま、だがソ連のチェコ侵攻に身震いし、今度こそ戦争だ、と怖くなったのを覚えている。

 トマシュはテレーザ(ジュリエット・ビノシュ)と恋におち、まじめに将来を考えたのだろうか、とりあえず落ち着いたように見え、二人でプラハを離れるが、またトマシュの軽さが再発である。
 結局、その軽さが耐えられず、テレーザは二人の愛犬を連れて自由のないプラハに戻る。と、トマシュも彼女の後を追うのだ。いいのか、自由のない国に戻ってしまって。2度と国外に出られず、脳外科医として働けなくなっても、彼は恋を選んだのか。

 このあたりにきて、ようやく軽さは影を潜め、かといって重くもならず、プラハの春も、それほどインパクトのある描かれ方ではなくて、私は途方にくれたのだった。
 やはり子供時代、遠い日本でソ連の暴虐に震えた時のほうが、よほどショックを感じた気がする。

 88年の作品(米)だからベルリンの壁崩壊は翌年に迫っていたのだ。幾多のトマシュやテレーザが、あれで自由になったことだろうか。
 映像でしか見たことの無い美しいプラハを、いつか訪れてみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エバースマイル、ニュージャージー

0274  ダニエル・デイ・ルイスがオスカーを受賞した直後に公開(90年)された映画だそうだ。
 理想主義者の歯医者ファーガスが、ニュージャージーの歯科財団から南米に派遣され、虫歯撲滅という夢に向かって奮闘する。サイド・カーに機器を積み込んでバイクで移動。広大な南米の風景はぼーっと見ているだけでもなごんでしまう。

 学校やオフィスで歯磨きの大事さを説いて回るファーガス。途中で彼に一目ぼれした娘が押しかけ助手にやってきたりする。彼は妻帯者なのだけど、旅が長引くうちに妻は離れていくのだ。
理想主義の彼についていけなかったのかもしれないが。となると、押しかけ助手にもチャンスが出てきて…。

 監督はカルロス・ソリン、「王様の映画」でヴェネチア映画祭・銀獅子賞を受賞しているらしい。
「エバー・スマイル…」もサン・セバスチャン国際映画祭で何やら受賞しているそうなのだが。なんだかさっぱり…。いや、べつに小難しい映画ではなく、恋がからんだロード・ムービーなのだが。

 旅の途中でギャングのボスの歯を治療してやったり。「先生、ありがとう!」次にボスと会ったのは路上、彼はバスを襲っている最中だった。停車したバスの横に、ホールドアップした乗客がずらりと並んでいた。
と思えば妖しげなマダムがファーガスを自宅の豪邸に招待して、助手の娘がやきもきしたり。と、それなりに見どころはあるのだが、ううむ。

 なぜダニエルほどのアクターが、この映画に出る気になったのだろう?
 理想主義の歯科医なんて想像もしなかった役。全く違う役ばかり演じたがる彼らしいというか、たとえば私は「眺めのいい部屋」を見ていて、彼が出ていることに気づいたのはだいぶ話が進んでからだった。
「ラスト・オブ・モヒカン」での逞しいイメージが強すぎて、弱々しいインテリ男と同一人物とは思いもしなかった。カメレオン俳優と呼ばれるだけのことはある。

 それはともかく、まったりと南米の風景を眺めつつ思ったのは、デイ・ルイスは南米ロケに魅力を感じたのではないか、ということ。オスカーを獲った「マイ・レフト・フット」では体が不自由な役だったそうで、活動範囲も限られていただろうし。気分を変えたかったのでは?
 雄大な自然を眺め、ダニエルと共に旅した気分を味わえる映画ではあるが…。

http://c-cross.cside2.com/html/a10e0005.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイ・ビューティフル・ランドレット

マイ・ビューティフル・ランドレット スペシャル・エディション DVD マイ・ビューティフル・ランドレット スペシャル・エディション

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2005/03/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 さっき「ラスト・オブ・モヒカン」でダニエル・デイ・ルイスの映画は、それまでちゃんと見たことが、と書いたが、実はかなり前に見ていたのだ。「マイ・ビューティフル・ランドレット」を公開時にちゃんと見てました@シネマスクエアとうきゅう。87年日本公開だっていうからだいぶ前だ。当時、代々木に住んでいた私、歌舞伎町なら歩いて見に行ったかも。

 昨年、やっとDVD化されたとき、なつかしい、とレンタルで再見したが、実は私、レンタル落ちのビデオを持ってました。

 85年制作かー、監督は「プリック・アップ」のスティーブン・フリアーズ、こっちの方が先に作られた。テレビ用の作品だったが、好評につき公開されたとか聞いた気がするが? 今見てもなかなかの力作だと思う。

 当時はもちろん、ゲイのカップルの映画だっていうのでいそいそと見に行ったのだ。それもロンドンっ子とパキスタンの移民青年の愛。ダニエルにとっても初主演映画かな。やせた兄ちゃんだなーというくらいで、あまり強い印象は残っていないが。

http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=40588

 イギリスの移民差別を、この映画で思い知った。パキスタン系は「パキ」と呼ばれて蔑視される、胸が痛かった。再会した幼馴染のジョニー(ダニエル)とパキスタン系のオマール(ゴードン・ウォーネック)。ジョニーには悪い仲間がいて、彼らは移民とみるや難癖をつけてリンチにも及ぶ。ジョニーとオマールは、まるでロミオとジュリエット?

 02年にロンドンに行ったとき、入国審査で私はあっさり通してもらえたが、隣のカウンターにいたインドだかパキスタン系の家族は、しつこく尋問されていた。「甥の家に滞在する」とか言っているのに、だ。それでまた、この映画のことを思い出した。

 そういえばジュード・ロウはこれを見て演技者になりたい、と思ったらしい。けっこうラブシーンもしっかりあるのだが、ジュード、これを見て何を思ったのか。ダニエルの演技に惹かれたのかな。舞台はジュードの地元、南ロンドンだし。あまり環境が良い地区ではないそうだが、ジュードの出身地だと思うと親しみが湧く。

 この映画に限らないが、イギリスのゲイものって、ちゃんとベッドシーンなど描くからたいしたものだ。ネクタイをしたままのオマールのシャツの胸をはだけさせ、胸をまさぐるダニエル、良かったわ♪ 他にもっと濃厚なシーンも。アメリカはやっと「ブロークバック・マウンテン」で追いついた?

 愛の前には人種も性別も関係ないんだな、と書いてしまえばそれまでだが、失業にあえぐ街でコイン・ランドリーで地道に商売し自立していこうとするオマールと、ジョニーとがうまくいきますように、と祈りたい気持ちになった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ラスト・オブ・モヒカン

D110479675  あおさんのブログで、ダニエル・デイ・ルイスが引退していたことを知って驚いた。
http://blog.so-net.ne.jp/ao-lovestory-dvd/the-last-of-mohicans
 ダニエル・デイ・ルイスのことは、「日曜日は別れの時」で、これが彼のデビュー作、と書いたが、以来、ちゃんと彼の作品を見た事はなし。(これから見ます~・汗)そして彼を初めてきちんと見た作品は「ラスト・オブ・モヒカン」(91・米)である。

 なにしろ劇場で51回見たのだ、もちろん私の生涯最多記録、第2位の「レッド・ツェッペリン狂熱のライブ」が17回だから、ちょうど3倍、34回も余計に見ているのだ。
 週末毎にサンドイッチを作り飲み物も持参して、入れ替えのない映画館に走ったものだった。一日に2回3回は当たり前、ロードショーが終ると2番館、2本立ての映画館では併映作品は見ずにロビーで待機したり。

 これほど私を突き動かしたのは、主人公ナサナエル役のダニエル・デイ・ルイスの熱演もさることながら、エリック・シュウェイグ演じる彼の弟、ウンカスだった。ナサナエルは、白人でありながらネイティブ・アメリカンのモヒカン族に育てられ、モヒカン族の一人として暮らしている。
 モヒカン族は、父と実の息子ウンカス、そして白人の息子の3人だけになっていた。

 ウンカスはヒューロン(フランス語で「猪」の意。ヘアスタイルが猪を連想させる。北米五大湖にもヒュ-ロン湖ってありますね)族にさらわれた思い人の少女を奪い返すべく、断崖絶壁をよじ登り、救出に向かうが、力尽きる。
 あのウンカスの最期。私も見るたびに泣いたが、なにしろ51回見たので、そこに反応する女性たちもさまざまだった。
 上映前はポテチをばりばり食べて笑っていた中学生トリオは号泣していた。泣きすぎて自力で歩けず、両脇から支えられていたOL風、そっとハンカチで涙をぬぐっていた女性。
 
 あそこまでやってくれたら、たとえ目的は果たせなくても、来てもらった方に悔いはないだろう。少女は、ウンカスが落ちていった崖の下をみつめ、泣きもわめきもせず、だまって自分も身を投げた。
 沈黙の愛。互いに思いを寄せながら、言葉にする時間はなかった。ウンカスは行動で愛を示し、少女は彼の愛に殉じた。

「ラスト・オブ・モヒカン」、私はもう、この映画を見ることはないだろう。あまりにいろいろな思い出がつまりすぎて辛いのだ。
 51回見たからといって、人生最高の映画とも思わない。ただ、93年の4月から10月の、この映画への情熱を、たまになつかしく思い出すのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜日は別れの時

B00009y3nl01  こちらは「ラ・ピラート」とは違って、複雑な人間関係ながら、えらくあっさりした展開。原題が[Sunday,Bloody Sunday]と物騒なわりには内容は至って平和、流血騒ぎはありません。「真夜中のカーボーイ」のジョン・シュレシンジャー監督が故国イギリスでメガホンを取った作品。「真夜中のカーボーイ」の監督だし設定も私のツボだし、かなり期待して見に行った覚えが。

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=16935

 30代の女アレックス(グレンダ・ジャクソン)、40代の男ダニエル(ジョン・フィンチ)。彼らの恋人は、ともに彫刻家の卵・ボブ(マレー・ヘッド)。当初、互いの存在を知らなかったアレックスとダニエルだが…。

 男女の愛人の間を淡々と行き来するかに見えるボブ。どこかふわふわした印象だったな。当時としては男同士のキスやベッドシーンがしっかりあったが、ボブもダニエルも粛々とやることやってます、といった感じで熱っぽさはなかった。それでも私はこんなにきちんとした(?)男同士のラブシーンがあることに感激していたっけ。若かったのねー。

 やがてボブは(解説によればバイセクシャルであることに疲れて)アメリカに旅立ってしまう、そこで男女の愛人たちが顔を合わすが、特にいさかいも起こらず。大人の味というか、ほんとに淡々と終わった作品。

 特筆すべきは、これがダニエル=デイ・ルイスの映画デビュー作ということだろう。まだ12歳くらいか、公園で車に傷をつける悪ガキの役でちょっとだけ出ている。大人になってからの顔とぜんぜん違うけど。この映画がきっかけでオスカーを受賞するまでになったんだから、よかったよかった。

↓そのダニエルの出演シーンがこちらから見られます!

http://aaddl.pro.tok2.com/sundy.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

▲アン・リー監督作品 | ▲ジェイク・ジレンホール出演作 | ▲ヒース・レジャー出演作 | ▲ブロークバック・マウンテンⅡ(51)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅣ(151)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅧ(351)~ | ▲ブロークバック・マウンテン | ▲ブロークバック・マウンテンⅢ(101)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅤ(201)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅥ(251)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅦ(301)~ | ▲私見・アカデミー賞 | △LGBT映画 あ | △LGBT映画 い~お | △LGBT映画か、が行 | △LGBT映画さ、ざ行 | △LGBT映画た、だ行 | △LGBT映画な行 | △LGBT映画は、ば、ぱ行 | △LGBT映画ま行 | △LGBT映画ら行 | △LGBT映画わ行 | △「腐女子」を考える | △ジェンダー関連 | △ドラマ | ある日どこかで | アーサー王伝説 | エド・ウッド関連 | クリスト・ジフコフ出演作 | サッカー | ジェラール・フィリップ出演作 | ジェームズ・フランコ出演作 | ジェームズ・スペイダー出演作 | ジャック・ガンブラン出演作 | ジャレッド・レト出演作 | ジュード・ロウ出演作 | ジュード・ロウ関連映画 | ジョニー・デップ出演作 | ダニエル・デイ・ルイス出演作 | ドラマ | パリの本 | ポール・ニューマン出演作 | レオナルド・ディカプリオ出演作 | ヴァンサン・ペレーズ出演作 | ヴィスコンティ作品 | 人形アニメ | 写真集 | 小説あ行 | 小説か行 | 小説さ行 | 小説た行 | 小説な行 | 小説は行 | 小説や行 | 市川雷蔵出演作 | 年下の彼 | 忘れられないコミックス | 忘れられない小説 | 忘れられない随筆 | 戦争の記憶・ヨーロッパ | 日本映画あ行 | 日本映画か行 | 日本映画さ行 | 日本映画た行 | 日本映画な行 | 日本映画は行 | 日本映画ま行 | 日本映画や行 | 日本映画ら行 | 映画あ | 映画い | 映画う | 映画え | 映画お | 映画か | 映画き | 映画く | 映画け | 映画こ | 映画さ | 映画し | 映画す | 映画せ | 映画そ | 映画た | 映画ち | 映画つ | 映画て | 映画と | 映画な | 映画に | 映画の | 映画は | 映画ひ | 映画ふ | 映画へ | 映画ほ | 映画ま | 映画み | 映画む | 映画め | 映画も | 映画や | 映画ゆ | 映画よ | 映画ら | 映画り | 映画る | 映画れ | 映画ろ | 映画わ | 映画書籍あ行 | 映画書籍か行 | 映画書籍さ行 | 映画書籍た行 | 映画書籍は行 | 映画書籍ま行 | 映画書籍や行 | 映画音楽 | 滝口雅子詩集 | 猫いろいろ | 私のルーツ | 美術書CATS | 美術書あ行 | 美術書か行 | 美術書さ行 | 美術書た行 | 美術書な行 | 美術書ら行 | 華氏911 | 追悼 伊福部昭 | *Football | *コメディ映画あ行 | *コメディ映画さ行 | *コメディ映画た行 | *コメディ映画ま行 | *コメディ映画や行 | *家族問題 | サンドラ様blog開設お祝いカード