フライボーイズ

374314566_b88fa12303  かがみさんから情報を頂きましたが、ジェームズ・フランコ主演の「フライ・ボーイズ」が日本公開です、今月17日からです、Wao! これもお蔵入りか、DVD取り寄せ? と思っていただけに嬉しいです。かがみさん、ありがとうございました。フランコくん、またもやコスプレです、ひゃー。軍服が似合うんですよね、くらくら。公式サイトはこちらです

 予告でいきなり飛行船ツェッペリンが爆発! たまりませーん。ああ、飛行船が出てくるだけで嬉しい~、舞台は第一次大戦なので、フランコくん@パイロットは当然、複葉機に乗ります。複葉機も大好きな私はもう果てそう。戦争モノは勘弁してくださいよ、といいながら、飛行船に複葉機となると造形美に見入ってしまうわけです。アメリカ人ながらフランス軍に志願したとの設定で、ジャン・レノも出演なんですね。

 えーっと12日に試写会があるそうで、一応、応募してみました。なんと今日が締め切り、場所は豊洲ユナイテッドシネマです。2月にBBMを見に行った思い出のシネコン。もし当たったら嬉しいですが、外れてもすぐ公開ですからね、うふ。

 というわけで、本編を見たらまた書きますね、本日は興奮状態のまま失礼します。

| | コメント (0)

スパイダーマン3

スパイダーマン3 Music スパイダーマン3

アーティスト:サントラ,スノウ・パトロール,ザ・キラーズ,ヤー・ヤー・ヤーズ,ウルフマザー,ビートステークス,ザ・ウォークメン
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2007/05/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 見てきました「スパイダーマン3」! ネットの先行予約で先月中に席を確保。今日は連休の谷間、そこまでしなくてもOKだったんでしょうけど、やはりフランコくん最新作ですから! 

 あれは3年前、「バレエ・カンパニー」で一目ぼれしたアクター、プログラムで経歴を見たら「す、すぱいだあまん!?」、目がテンになりましたよ。「バレエ・カンパニー」ではシカゴのレストランのシェフ役、今回もお料理シーンがあって、つい口元がゆるんでしまいました。

 えー、肝心の内容は、それはもう予算ばっちりアクションしっかり、相変わらずめまぐるしくて、せっかくフランコくんが素顔でアクションしてるのに暗いこともあり顔がよく見えません、それ以外はよろしいんじゃないでしょうか。ただ、前2作と比べて何か芯になるものが? この物足りなさはなんだろう、敵キャラがちょっと弱いかなあ。数は増えてるんですけどね。1作目のグリーン・ゴブリン(ウィレム・デフォー)、2作目のDr.オク(アルフレッド・モリナ)。どちらも演者のインパクトが強烈でしたものねー。

 いかにフランコくんが2代目ゴブリン襲名(?)、華麗なるアクションを見せたところでアクの強さはパパの比ではないし、個人的にあんまり悪に徹してほしくないからあれ位で十分でした。今回はスパイダーマン自身もダークに染まる点が目新しいのでしょうか。あと、鉄骨等に激突するときの音がリアルすぎて、スパイダーマンもハリーも背骨や肋骨を100回は折ってるだろうなあ、とか。

 他の脇も充実。トーマス・ヘイデン・チャーチって「サイドウェイ」に出てたんですね、ぜんぜん気づきませんでした。もう一人お気に入りのジェームズ、しっぶーいジェームズ・クロムウェルが出ていたのには大喜び。彼の娘役のブライス・ダラス・ハワードってロン・ハワードの娘なんですね、へええ。ロンも監督になる前はアクターでしたよね。

↓せっかく表紙を飾っているのになんですが、いきなりオヤジ顔になっていて焦りました。3月に来日したときに撮影? 彼に限りませんが撮影が終わると気を抜いてしまうんでしょうかねえ。「スパイダーマン4」はあるのか、あってもフランコくんの出番は? 「4」を造るつもりなら早くしないとメインの3人はどんどんトシとっちゃいますから。トビーは30台子持ち、1作目から5年もたってるのに、まだ学生の設定なんですよね?

Safari (サファリ) 2007年 06月号 [雑誌] Book Safari (サファリ) 2007年 06月号 [雑誌]

販売元:日之出出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (4)

アナポリス/青春の誓い

アナポリス/青春の誓い DVD アナポリス/青春の誓い

販売元:ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント
発売日:2007/04/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 いとしのフランコくん主演です。アメリカでは昨年1月に公開、日本はいつかな楽しみだな~、夏かな秋かな冬かも~と思ってるうちに年明け、もう春じゃないですか。結局未公開かいアメリカからDVD取り寄せかい、と怒り心頭の矢先、昨日ついにリリースされました。きっと「スパイダーマン3」の公開に合わせたんですね、はあ。

 サブタイトルがクサイけど、予告に偽りあり(空母も戦闘機も潜水艦も出てきません)だけど、そんなこたあどうでもいい! フランコくんがかっこいいから全て許す。おまけに役名はジェイクですよー、ジェイク。それだけでも嬉しくてクラクラ。協調性のない補欠入学のジェイクが果たして進級できるのか? 父親との葛藤などもあり飽きさせません。

 もうジャケ写の凛々しいこと。ボクシング映画? な一面もあり、体を張った演技に目が釘付けです。役者さんて本当に体力勝負ですねえ。モニターの前で思わず一緒に体操したりして。私も鍛えないと! という気にさせられました。

 理性の土砂崩れ中につき、まっとうな感想が書けませんが、とにかく見てください。しごきに耐える姿も麗しくて倒れそう。厳しい教官、アジア系の優秀な同級生、肥満に悩む同室の学生など、脇もよかったです。一応、女性もからみますがべたべたしてなくて好感がもてました。

 フランコくんにコスチューム・プレイ(西洋時代劇)が似合うのは知ってましたが。「トリスタンとイゾルデ」、日本リリースが待ち遠しいですね。ロマンスの方はこちらで堪能してください、アクションもばっちりです。しかし「アナポリス」で描かれるのは最初の1年のみ、あと3年大丈夫でしょうか、士官への道は厳しそうです。

トリスタンとイゾルデ DVD トリスタンとイゾルデ

販売元:20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン
発売日:2007/06/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 そしてフランコくん、広義のコスプレといえばお勧めは「ソニー」です。フランコくんはなんと男娼役、出張コスプレなんかしてしまうのですよ!(鼻血)見直さないと…。「海軍の短髪野郎より、巻き毛くるくるのフランコくんが好き。」と書いてますが「アナポリス」を見た今となっては訂正しなくては。「どっちのフランコくんも素敵です、甲乙つけがたいです」!

SONNY/ソニー DVD SONNY/ソニー

販売元:エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日:2004/12/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

トリスタンとイゾルデ

オリジナル・サウンドトラック「トリスタンとイゾルデ」 Music オリジナル・サウンドトラック「トリスタンとイゾルデ」

アーティスト:サントラ
販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2006/09/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 予告が出た段階で記事を書くほど入れあげていた「トリスタンとイゾルデ」。ジェーズム・フランコのコスプレなんてたまりません。が、公開時はどうしても都合がつかず、やっと行けるかと思った時には上映終了じゃないですか、ガーン! 日本でのDVDリリース日も未定。ガマンできずにアメリカ版を買ってしまいました!

 あのフランコくんがマントをなびかせ~、う、うつくしー。もうダメになりそう。(笑)やっぱり私のアメリカの王子は彼ですね。ジェイクは~、ジェイクはアメリカの理想の弟(ほんとは息子・汗)。まあいいじゃないですか、同じLA出身だし? イゾルデのソフィア・マイルズも清楚、トリスタンの養父マーク王はルーファス・シーウェル。「パリ、ジュテーム」に続いて見直しました、大好きになりました。24日には「ホリデイ」も公開、楽しみです。

 中世ですから何か泥臭い戦いぶりに血が騒いでしまいました。1対1でぶつかり合うのがいいんですよね。すっかり忘れていたけど昔プロレス好きだったんです。デートで見た男性もアクションシーンには満足でしょう。悲恋とアクション、私は両方堪能しました。フランコくんは「スパイダーマン3」も待機してるし、今度こそスクリーンで会いたいです。

 しかしこの映画、原作にこだわりのある方には不評のようですね。確かに大分話が変わってます。「白い手のイゾルデ」(トリスタンの妻)も出てこないし、「惚れ薬」は? 【一緒に飲んだ男女が永遠の愛を約束され、死して後も離れることなく、喜びも悲しみも共に分ち合うという魔法の秘薬】。誤ってこれを飲んだばかりに2人は惹かれあってしまうんだそうです。でもそれで愛し合うようになるってちょっとね。やはり運命的に出会って恋に落ちたと思いたいので、私はこの展開で満足しております。

Pic_012  イゾルデがマーク王に嫁ぐため小船でやってくるこのシーン(HPの予告でも見られます)、ため息が出るほどでした。「エクスカリバー」のラスト、黄泉の国にアーサー王を運ぶ船を髣髴とさせましたね。衣裳、美術、音楽。いずれもナイスでございました。

「トリスタンとイゾルデ」は楳図かずおの「ロマンスの薬あげます」(単行本は「ロマンスの薬」)に惚れ薬が出てきて知ったんです。読み返したいけど絶版なんですね。復刊リクエスト受付中、皆さんもよかったらご協力お願いします。私も投票済みです。楳図さんの恐怖マンガには夜、トイレに行けないほどビビりました。「ねこ目少女」「紅グモ」等々、ほんとに怖かった! 一方では「まことちゃん」に代表されるギャグあり…、なつかしいなー、「グワシ!」あまりに凄い顔なので載せてしまいました。

「まことちゃん」もいいのですが、「ウルトラマン」が忘れられません。怪奇マンガのテイストですか? 私は巨大化したアキコ隊員(?)の色っぽさが衝撃でしたけどね。これまた絶版、読めないとなるとますます読みたくなるのが人情、こちらも復刊リクエストにご協力よろしくお願いします。100票に達すると復刊交渉してくれるらしいです。

超!まことちゃん 1 (1) Book 超!まことちゃん 1 (1)

著者:楳図 かずお
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 寄り道しすぎて何の記事だか分からなくなってきましたね。(汗)

 本筋に戻って、「ライアンの娘」こそ本来の「トリスタンとイゾルデ」に近いのではないかという記事を目にしました。確かにそうかもしれません。舞台はアイルランド、当然イングランドと対立してますし。たしかDVDになってたはず、と思ったら廉価版が。うーん、こりゃ買いかも、ぜひ再見したいです。

ライアンの娘 特別版 DVD ライアンの娘 特別版

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2007/01/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 今回の映画「トリスタンとイゾルデ」では【「ロミオとジュリエット」の悲劇は、ここから生まれた】というキャッチに疑問を感じた方もいるようです。確かに根っこは違いますでしょう、下記はバレエ日記に書いたものですが、ご参考までに転載します。

【2005/08/29 (月) 「ロミオとジュリエット」発祥の謎

フェリとコレーラ主演のミラノ・スカラ座版「ロミオとジュリエット」。
幕が開いたら、そこはシエナ。いや、シエナのドゥオモ(大聖堂)みたいだった。
太い柱は金と黒のツートンカラー。それが写真で見たシエナのドゥオモの内部を彷彿とさせるのだ。
結婚式のシーンでまた驚いた。背後の緞帳の絵がシモーネ・マルティーニの「受胎告知」に酷似している。普通、ここでは聖母子像が飾られているのだが。
マルティーニはシエナ派の画家である。またもやシエナ。「R&J」の舞台はヴェローナでは?

謎が解けたのは数日前。パリ・オペラ座の「ダンサーズ・ドリーム」の「R&J」を見直していたら、この話は最初、シエナが舞台だったとコメントされているではないか。前に見た時、なに聞いてたんだろう。
スカラ座版は、それでは最初からシエナを念頭においていたのだ!

以下、「イタリア歴史の旅」(坂本鉄男・朝日選書)より「ロメーオとジュリエッタの悲劇ーヴェローナ」をご紹介。

イタリアを訪れたこともないシェークスピアが何故、北イタリアのヴェローナを舞台に悲恋物語を書いたか?
発端はダンテの「神曲」に始まる。
ギベリン党(皇帝派)のダンテは13世紀末のイタリアを荒廃させるギベリン党とグエルフィ党(法王派)の対立を嘆いて「神曲」の「煉獄編」第6歌を書いているが、そこに登場するのが、「R&J」で対立する二つの家名。

北イタリア代表としてヴェローナの皇帝派貴族モンテッキ家。
クレモナ市の法王派党員の結社カッペレッティ(カプレーティ)

ジュリエットのキャピュレット家は貴族じゃなくて結社名! なのですね。

そして、このダンテの詩と、すでに存在していたシエナを舞台にした敵対する二つの家の悲恋物語をごちゃまぜにして、16世紀にルイジ・ダ・ポルトという作家が舞台をヴェローナに移して書き上げたのが「二貴族の恋人の物語」。これが大評判を呼んだそうだ。
当時は版権など存在しないから、面白い題材はどんどん拝借されていた。近代小説家の元祖といわれるマッテーオ・バンデッロが、この話を自分の「短編小説集」200編の中に挿入。
当時、イタリアはヨーロッパの文化の中心。この本はヨーロッパ中で読まれていたらしく、シェイクスピアも、この中のどれかからヒントを得たのだ、と坂本センセは書いてらっしゃる。】

ミラノ・スカラ座バレエ団「ロミオとジュリエット」(マクミラン版)全幕 DVD ミラノ・スカラ座バレエ団「ロミオとジュリエット」(マクミラン版)全幕

販売元:TDKコア
発売日:2003/09/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

容疑者(2)

容疑者 デラックス版 DVD 容疑者 デラックス版

販売元:ジェネオン エンタテインメント
発売日:2004/06/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 以前紹介した映画ですが、このごろしきりに思い出されるので、もう一度。前回の感想はこちらです。ジェームズ・フランコが出ている、それだけの理由で見たのだけど拾い物でした。あまり評価が高くないのが不思議でしたが、最近のAmazonのレビュー、やっと真っ当な評価がされたような。見なくていい人、見ても分からない人ばかりが感想を書いたのでしょう。BBMほどではないけど評価が分かれる映画だと思います。

【父も息子も殺人者、周りの冷たい視線、「暴力的な血筋」という言葉がささる。
 この辺さすがデニーロ、文句なしです。父親のことが原因で結婚しても息子との関係を上手く築けなかったという人物像はよく伝わってきます。

 父の愛に飢え、ドロ沼に落ちていく息子を演じるのはジェームズ・フランコ。彼はいいです! 父親と会って「父親に捨てられた」となじるシーンの投げやりで頑なな姿、警察に包囲された時のデニーロとのやりとり、どちらも演技派として高い評価を受けるだけあって見事!
 娯楽映画という感じではなく、しみじみ見て親子の絆を考える作品です。 】

 もう書くことがなくなってしまいましたが、一応、私見を。

 これ、実話ベースなんですよね。ピューリッツァー賞を受賞してるそうです。その原案者のインタビューもありますが、まさに設定のままで主人公ビンセント(デニーロ)の父親は殺人の罪で死刑に。そして今度は息子が殺人を。

 ビンセントがどんな思いをしたか…、そもそも父が殺人者となった子供時代、どれほどの思いに耐えたのか。長じてNY警察に入り、殺人課で活躍。そんな彼の息子が殺人、マスコミの格好のネタになってしまいます。そのあたりの葛藤もいいし、第2の殺人はけして息子が犯人ではないと信じ自ら捜査に乗り出す姿は応援したくなります。サポートしてくれる若手刑事の存在にもほっとします。

 センチメンタルすぎる、と言う感想も読みました。確かに最後の父子の和解など浪速節かもしれません。音楽も昔のイタリア映画みたいに哀愁を帯びすぎているかも。でも、少なくとも私は感じ入りました。挫折を知らない人はぴんとこないかもしれませんが、誰もがやさしい両親の元で何不自由なく育つわけではないんですよね。

 自分は確かに逃げた、とビンセントは認めます。やはり父親のことがトラウマだったのです。理解ある養父がいても、心の傷は埋めきれず、結婚もうまくいかなかった。でもやり直したい気持ちはあったのだし、手遅れになる前に間に合って本当によかったです。見返して、父子の和解のシーンではやっぱりボロボロ泣いてしまいました。

| | コメント (1)

DEAN

DEAN DVD DEAN

販売元:ビデオメーカー
発売日:2005/09/30
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 昨年はジェームス・ディーンの没後50年。「それを記念して製作された作品」と上記の解説にありますが、ウソです。(笑)2001年に作られたTV映画で、愛するジェーズム・フランコ(ジミー・ディーンと名前同じ♪)の出世作です。これで高い評価を受け、デ・ニーロが「容疑者」でフランコくんを息子役に抜擢、と聞いてます。

 なので、ずーっと見たかったのですが、リリースは結局J.ディーン没後50年を待たねばなりませんでした。て、もうリリース開始から半年たってるじゃん。今頃見てるあたりが~、でも本当に見たかったので嬉しいです。

 要するにジミーの短くも鮮烈な生涯を綴った伝記ドラマ。特にひねりはありません。だいたい私は「エデンの東」を断片的に見たくらいで、ジミーについては何も知らない。今回、彼の生い立ちや役者になりたいという執念などを知ることができて興味深かったです。演技修行時代にオーディションで若きマーティン・ランドーと知り合ったり。へえ~です。

 ところでジミーはクローゼットだったらしいですね。それと没後50年のことも復刊「薔薇族」で知ったのですが。このドラマでは、ゲイで有名な監督からパーティに誘われ「真夜中に来てくれ」と言われる。で、訪ねていくとドアの向こうには若者が何人かいて、と。

 あと、売れ出してからインタビューで「あなたはゲイですか?」「いいえ。でもこれからどうなるか分からない」と応えて映画会社のお偉いさんから叱られる、というシーンはありました。いいですねえ、この答え。「これからどうなるか分からない」、まさに。

 フランコくんはさほどジミーに似てるとは思いませんが熱演だったのは確か。彼もこのチャンスに賭けたのでしょう。結果は大成功、デ・ニーロに認められ「スパイダーマン」でも大きな役を得て。

 ところで「トリスタンとイゾルデ」はいつ日本公開されるのだろう? フランコくんのトリスタン、早く見たいよ。「トリスタンとイゾルデ」リストは、もちろんこの映画のプロモ&自分がいつでも予告等見られるように、なんですが。

99m フランコくん麗しい~、HPは下記です。

http://www.tristanandisoldemovie.com/

 下記は「BBM]パロ「ラストサムライ」版ですが、最初に出てくる「BBMの前にanother storyがあった」つう文句は「トリスタンとイゾルデ」の「『ロミオとジュリエット』の前に『トリスタンとイゾルデ』があった」のパクリだと思われます、くすくす。

http://video.google.com/videoplay?docid=-7835683187950943058&q=brokeback

| | コメント (5) | トラックバック (1)

デュース・ワイルド

デュースワイルド ~スペシャル・エディション~ DVD デュースワイルド ~スペシャル・エディション~

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2004/07/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 1958年のニューヨーク、ブルックリン。対立するデュース団とバイパース団の3年の休戦状態にも終りの時が来た。バイパースのボス、マルコ(ノーマン・リーダス)が出所したのだ。デュースのボス、レオン(スティーヴン・ドーフ)にとってマルコは弟の仇。マルコが売ったヤクのせいで弟は死んだのだ。

 一方、マルコは自分を密告したのがレオンだと思い込み、復讐を誓っていた。レオンのもう一人の弟ボビー(ブラッド・レンフロ)がマルコの手下の妹と愛し合い、話がややこしくなる。
 荒っぽくくくると、歌と踊りのない「ウエストサイド物語」?
なんでこんな映画を見たかといえば、またもやジェームズ・フランコ目当てなのであった。

 いやー、いいですわ、フランコくん。リーゼントにくわえ煙草、白Tシャツに皮ジャン。まるっきりジェームズ・ディーン♪
 そういえばこの作品は彼の出世作となったTV映画「ジェームズ・ディーン」と同じ2001年製作。日本公開は03年ということで、なんでだろう?
ひょっとしてオクラ入りだったのが、フランコくんブレイク、で日本公開が決まったりして。

 出番は少ない。キャスト紹介で、やっと「ティノ」という役名がわかったりして。本来、キャスト紹介に入るほどの扱いではないんだろうが、何しろ「スパイダーマン」後の日本公開&DVD発売ですから。よくぞ出してくださいました、嬉しい~♪

 フランコくん演じるティノはデュース団の幹部…かな。レオンに冷静なアドバイスをしたりしていい感じ。
 デュースはバイパースと違ってヤクに手を出さないのでホッとする。同じワルでもクリーンなイメージなのだ。レオンは弟のことがあるから、ヤク反対派なのだ。

 フランコくん以外には特に期待してなかったのだが。出演者は豪華だし(街の顔役でマット・ディロンまで)、脚本もしっかりしていて拾い物だった。
 レオンとボビーの母は、最愛の息子を失いアル中気味。残された兄弟は複雑だ。ボビーの恋人アニーの母親も情緒不安定。年中クリスマスソングを流している。この母親を演じているのがデボラ・ハリーとは、元ブロンディーのボーカリスト、いつのまに女優に転向?

 58年は、ドジャースがロスに本拠地を移し、プレスリーが入隊した年。そんな時代背景もうまく取り入れられていて、なかなか楽しめる作品だ。
 監督は「バスケットボール・ダイアリーズ」のスコット・カルバート。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バレエ・カンパニー

バレエ・カンパニー DVD バレエ・カンパニー

販売元:エスピーオー
発売日:2004/12/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 アルトマン監督のバレエをテーマにした新作ということで、楽しみに見に行った。アルトマン作品も、バレエも大好き! が、ちょっと肩透かしだったかも、な「バレエ・カンパニー」。
 前作「ゴスフォード・パーク」が素晴らしかった上、バレエの世界が舞台とあって、期待が大きすぎたのだろうか?

 主演のネーヴ・キャンベルは元々バレリーナを目指していたのだそうで、原案・プロデューサーも兼ねている。
「ワイルド・シングス」で印象的なワルを演じていた彼女にそんな過去があったとは。映画の実現が決まって猛レッスンを重ねたそうだが、確かにしっかり踊っていると思う。知らない人が見たら、このダンサー、演技がうまいなあ、と感心することだろう。

 シカゴのジョフリー・バレエの全面協力を得て、出演ダンサーも全員ジョフリーのメンバーだそうだ。レッスンやリハーサル風景、10に及ぶバレエ・シーンなどドキュメンタリー風に進行していく。
 芸術監督ミスターA(ジョフリーの芸術監督アルビノは、実際にこう呼ばれているそうだ)役のマルコム・マクダウェルも元気いっぱい。ワンマンではあるが憎めない芸術監督を好演だ。
 しかし「If…」や「時計じかけのオレンジ」での印象が強いもので、彼も丸くなったなあ、なんて。還暦過ぎてるのかあ。

 嵐の中で踊る「マイ・ファニー・バレンタイン」は良かったが、後の演目がいまいち好みでないのも入りこめなかった理由か。
淡々とした展開で、キャンベル演じるライの恋愛模様もメインに据えられているわけではない。
 キャンベルの恋人役のジェームズ・フランコ、さわやか好青年で気に入ってしまった。「スパイダーマン」でブレイクした人だとは当時は全く知らず。彼の発見が一番の収穫かも。

 笑ったのは、バレエ団のクリスマス・パーティの余興。過去の作品をパロディ的に演じたり、ミスターAの物真似をしたり。
 最後に出てくるバレエ「青い蛇」がなんとも珍妙な作品で、それまでのしっとりムードを吹き飛ばしてしまったのが残念。ブラボーの嵐になる作品か?
 青い蛇、赤いサル、チープなアトラクション的仕掛け。元々、子供向けのバレエらしいが、クライマックスにこれを持ってくるのは…。このあたりで帰ってしまうお客さんもちらほら。

「皆さーん、誤解しないで。バレエってこんなものばかりじゃないんです、映画だけでなくバレエも見てください~」
 とフォローしたくなってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トリスタンとイゾルデ・予告編

七つの愛の物語―「イシスとオシリス」から「トリスタンとイゾルデ」まで Book 七つの愛の物語―「イシスとオシリス」から「トリスタンとイゾルデ」まで

著者:ダイアン ウォークスタイン
販売元:大修館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 何度も言及している待望のジェームズ・フランコくん@「トリスタンとイゾルデ」ですが、もう予告編が見られるようになってました! 下記のnew trailerをクリックしてくださいね。

http://www.imdb.com/title/tt0375154/

 私もいま初めて見たばかりで興奮してます。音楽もよさげだし(主題歌もなかなか♪)、めちゃくちゃ期待してます。「『ロミオとジュリエット』の前に『トリスタンとイゾルデ』があった」というキャッチは分かりやすい♪画像(http://www.imdb.com/gallery/ss/0375154)で何度も見たシーンが動画になって台詞もついて。

 予告の最後、ラブシーンでイゾルデが「私の前に誰かを愛したことは?」、トリスタンの答えは[None.(一人もいなかった)]。そして、これからも誰も愛さないと。

 いいわあ~、フランコくん。先月27日に公開された新作[ANNAPOLIS]も興行成績は初登場4位、「ブロークバック・マウンテン」が5位に後退したのは残念ですが、フランコくんの新作とあっては仕方ないです。

 上記サイトにはポスターらしき画像も出ていて嬉しい限りです。ところで、「トリスタンとイゾルデ」は70年代の終わりに、リドリー・スコットが撮る予定だったそうで! それが代わりに「エイリアン」になったって、えらい別ジャンルじゃないですか。リドリー・スコットは今回はプロデュースの立場のようです。

 いま映画化してくれてありがとう! フランコくんは78年生まれ、予定通りに制作されてたら赤ん坊役でしか出られないところだった♪ まあリメイクって手もありますが。とにかく楽しみ! いつ公開なんだろう、ドキドキ。 と、もうあちらでは公開中みたい。ちゃんとHPもありました。

http://www.tristanandisoldemovie.com/

 レビューも少々、あまり評判は芳しくないかも? 「見目麗しき男女が出てくるだけで」みたいなものも。私にとってはフランコくんのコスプレってだけで☆☆☆☆☆です!

| | コメント (0)

25年目のキス

25年目のキス DVD 25年目のキス

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2006/01/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 超オタクで真面目、キスすらしたことのない25歳の記者が17歳と偽ってハイスクールに潜入取材。白羽の矢を立てられたジョジー(ドリュー・バリモア)は高校時代、いじめられっ子だった。が、高校時代をやりなおすチャンス、と前向きに考えてトライ。

 この映画、いつぞや飛行機の中で見たのだが、何しろ機内では眠いし字幕はないし、細部は覚えていない。ただ、テーマは気に入った。
 25歳。それは高校時代をやりなおすギリギリのチャンスかも。25歳当時、私はダイエットに成功し、オトコあしらいもなんとか? 若作りすれば、まだ高校生で通用したかも。などとアホを考えた。そう、私の高校時代も真っ暗だったのだ。

 高校生になりすましたジョジーも最初はドジばかりやる。が、本物の高校時代よりは数段マシである。英文学の授業では、すてきなコールソン先生(ミシェル・バルタン。フランスの元祖アイドル歌手、シルヴィ・バルタンの息子!)の目をひく。が、なんといっても時々出てくる彼、ジェームズ・フランコがいちばんカッコイイ!

 彼が出演していると知ったからこそ、わざわざDVDをゲットしたのだ。パッケージの内側に彼の写真もあって嬉しい。あんなチョイ役なのに破格の扱い(?)なのは、DVDのリリースが彼のブレイク後(03年)だったせいか。出番は少ないが、廊下を歩いている姿など、見つけるたびにドキドキしてします。この感じ、私も高校時代に…。
 ハンドボール部のキャプテン、憧れのKさんへの思いと同じだ。クラスも違うし、1度も口をきけずに終ったが。Kさんがガンのため、30そこそこの若さで亡くなったと聞いた時は泣きました。

 さて。そんなこんなで、すっかり高校生に戻った気分で、ジョジーの恋の行方をはらはら見守る。
 コールマン先生は、高校生としてのジョジーというより、知的な大人のジョジーに惹かれているのがよく分かる。
心は揺れ、恋人とも別れてしまう先生。ジョジーにもいよいよ初キスのチャンスが? が、プロムの夜、ジョジーはやむなく正体を明かすはめに。騙されていたコールマン先生は怒りを押さえきれない。さあ、どうなる?

 この映画で高校時代をやりなおした気分になれはしたが、今さら当時に戻りたくはない。でも、映画を見ることによって、こうやって色々な自分になれ、色々な時代に行ける。映画ってやっぱり楽しいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

▲アン・リー監督作品 | ▲ジェイク・ジレンホール出演作 | ▲ヒース・レジャー出演作 | ▲ブロークバック・マウンテンⅡ(51)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅣ(151)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅧ(351)~ | ▲ブロークバック・マウンテン | ▲ブロークバック・マウンテンⅢ(101)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅤ(201)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅥ(251)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅦ(301)~ | ▲私見・アカデミー賞 | △LGBT映画 あ | △LGBT映画 い~お | △LGBT映画か、が行 | △LGBT映画さ、ざ行 | △LGBT映画た、だ行 | △LGBT映画な行 | △LGBT映画は、ば、ぱ行 | △LGBT映画ま行 | △LGBT映画ら行 | △LGBT映画わ行 | △「腐女子」を考える | △ジェンダー関連 | △ドラマ | ある日どこかで | アーサー王伝説 | エド・ウッド関連 | クリスト・ジフコフ出演作 | サッカー | ジェラール・フィリップ出演作 | ジェームズ・フランコ出演作 | ジェームズ・スペイダー出演作 | ジャック・ガンブラン出演作 | ジャレッド・レト出演作 | ジュード・ロウ出演作 | ジュード・ロウ関連映画 | ジョニー・デップ出演作 | ダニエル・デイ・ルイス出演作 | ドラマ | パリの本 | ポール・ニューマン出演作 | レオナルド・ディカプリオ出演作 | ヴァンサン・ペレーズ出演作 | ヴィスコンティ作品 | 人形アニメ | 写真集 | 小説あ行 | 小説か行 | 小説さ行 | 小説た行 | 小説な行 | 小説は行 | 小説や行 | 市川雷蔵出演作 | 年下の彼 | 忘れられないコミックス | 忘れられない小説 | 忘れられない随筆 | 戦争の記憶・ヨーロッパ | 日本映画あ行 | 日本映画か行 | 日本映画さ行 | 日本映画た行 | 日本映画な行 | 日本映画は行 | 日本映画ま行 | 日本映画や行 | 日本映画ら行 | 映画あ | 映画い | 映画う | 映画え | 映画お | 映画か | 映画き | 映画く | 映画け | 映画こ | 映画さ | 映画し | 映画す | 映画せ | 映画そ | 映画た | 映画ち | 映画つ | 映画て | 映画と | 映画な | 映画に | 映画の | 映画は | 映画ひ | 映画ふ | 映画へ | 映画ほ | 映画ま | 映画み | 映画む | 映画め | 映画も | 映画や | 映画ゆ | 映画よ | 映画ら | 映画り | 映画る | 映画れ | 映画ろ | 映画わ | 映画書籍あ行 | 映画書籍か行 | 映画書籍さ行 | 映画書籍た行 | 映画書籍は行 | 映画書籍ま行 | 映画書籍や行 | 映画音楽 | 滝口雅子詩集 | 猫いろいろ | 私のルーツ | 美術書CATS | 美術書あ行 | 美術書か行 | 美術書さ行 | 美術書た行 | 美術書な行 | 美術書ら行 | 華氏911 | 追悼 伊福部昭 | *Football | *コメディ映画あ行 | *コメディ映画さ行 | *コメディ映画た行 | *コメディ映画ま行 | *コメディ映画や行 | *家族問題 | サンドラ様blog開設お祝いカード