ロード・トゥ・パーディション~追悼 ポール・ニューマン

ロード・トゥ・パーディション<特別編> DVD ロード・トゥ・パーディション <特別編>

販売元:20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
発売日:2003/11/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 とうとう、この時が来てしまいました。ポール・ニューマン逝去。この夏、ガンで余命わずかと聞き大ショック、信じたくない気持ちでいっぱいでした。でも、数年前にロイヒル監督が亡くなったとき、TVに「ハスラー」のポール出演シーンがチラッと出た、そこしか見なかったためポールが死んだのだ、と、泣きながら外をうろうろ、なんてことがありました。誰の訃報なのか確かめるのも怖かったのです。

 私が映画を見始めた60年代、彼は既に大スターでした。若い頃の作品は未見だったこともあり、あまりぴんとこなかったのですが、「明日に向かって撃て!」、「タワーリング・インフェルノ」あたりからシブさに夢中になりました。あれから30年以上たつのですね。

「ロード・トゥ・パーディション 」は、ジュード・ロウにお熱だった私には夢の作品でした、大好きなポールも出ているのですから。監督が「アメリカン・ビューティ」のサム・メンデス、そのオスカー受賞後作品ということで注目を集めました。過小評価されているのが不満です。(「ジャーヘッド」に対しても同様の不満があります、ジェイクがメンデスの映画に主演してくれて嬉しいけど。)

 舞台は1931年冬のイリノイ州ロックアイランド。町を牛耳るルーニー(ポール・ニューマン)に仕える殺し屋マイク・サリヴァン(トム・ハンクス)はルーニーの厚い信頼を得ていたが、ルーニーの息子コナー(ダニエル・クレイグ)のために窮地に追い込まれ…。

 なんと007でブレイクしたダニエル・クレイグも出演、豪華ですよねー。ダメ息子振りが上手かった。サリヴァンの妻はジェニファー・ジェイソン・リーが演じてるし、もう言うことありません。サリヴァンはルーニーの息子を押しのけ跡目を継ぐかも、というほどの優秀さ、それが仇になったともいえますが。ポール@ルーニーが愚かな父親の一面を見せて心に沁みました。この映画で真っ先に思い出すのはジュードでもトムでもなく、あの弱い男の心情の吐露です。組織のためには息子を切り捨てるのが最上なのに、それが出来ないのです。

 反逆的なヒーローを演じたポールも、「評決」や「ノーバディズ・フール」(これも隠れた傑作、豪華キャスト)など沁みる名作にいくつも主演しました。稀有のアクターでした、BBCはポールをMOVIE LEGENDと。

 心から冥福をお祈りします。でも、ようやく天国で息子さんに逢えますね。ドラッグは良くないときつく叱ってやってください、て、私が言うまでもないですか。「逆縁」は本当に辛いと思うので。落ち着いたらしみじみとポールの出演作を鑑賞したいです、ずっと見ていなかった「ロード・トゥ・パーディション」も含めて。

| | コメント (0)

ロンリーハート(2)

ロンリーハート DVD ロンリーハート

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2008/04/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 先日、地上波で「パニックルーム」が放映されましたね。録画しながらジャレのキレぶりを再見、楽しかったです。

 さて、いつの間にか「ロンリーハート」のDVDがリリースされてたんですね。一応、劇場公開もされDVDも出るというのは嬉しいものです、「Rendition」のように公開未定、もしかしてDVDも出ないかもーの映画も多いのですからジャレッド出演作が無事、公開されたのは快挙だった!? GWの興行結果、洋画はずいぶん厳しかったのですね、今後の公開状況に影響が出るのではと心配です。ジャレの新作「Mr. Nobody」も、なんとか公開に漕ぎ着けますように! なんといってもあの麗しいお姿をスクリーンで拝める幸せは格別です。去年の今頃はライブでも拝めてしまったのでした、もう1年もたつんですねー。

 前回の感想では書き漏らしたのですが、ジャレ@レイを悪事に引きずり込んだマーサ(サルマ・ハエック)について少々。彼女は幼少時にいろいろあったらしいんですね。キレやすいのも、子供への接し方がなってないのもその辺が原因かなー、と。あれじゃ子供はなつかないよね。ロンリーハートは犠牲になった女性たちだけではないんですね。マーサも、そしてレイも。トラボルタ刑事だって、なんとか恋人や息子との仲を修復できた(らしい)からいいようなものの。誰もが孤独なんだよな、と今頃思ったりしているわけです。

 これまたジャレが大活躍、昨年末に公開されました「チャプター27」も、もうじきリリースです、いやーめでたい。長らく行方不明だった「グッド・ガール」のDVDも先日ようやく発見(DVD棚の一番端にありました、何度も確認したはずなのに私の目は節穴!)、大喜びで見ましたが、やはり「ライ麦畑でつかまえて」の影響の大きさを感じました。ジャレの作品でジェイクを思い、ジェイクの出演作でジャレを思う。また共演してくれないでしょうか? ついでに「Highway」の日本版DVDもリリース希望!

チャプター27 DVD チャプター27

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2008/05/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

ロンリーハート

1203280lh  ジャレッド・レト念願の新作公開! はじめてジャレをスクリーンで鑑賞できます、どきどきしました~! HPでは、こんなにふさふさの伊達男レイさまですが、実は~。もちろん後退しているジャレも素敵です。美形なのにあんな剃ったり抜いたりしたんでしょうか、「ロード・トゥ・パーディション」のジュード以来の衝撃です。

 小物悪党です、戦争未亡人などの小金を持った女性(Lonely Hearts)から金を巻き上げてトンヅラ、を繰り返すだけの。それがマーサ(サルマ・ハエック、妖艶です)という女をカモにしようとしてハマッてしまった。以来、本物の悪党へと転落していくのですー。「アメリカ犯罪史にその名を残す殺人鬼カップル」として。

 最初は軽薄な詐欺師がお似合いで楽しく鑑賞できたジャレですが。意に沿わぬ殺人を重ねるうちに苦悩の表情が増え、たまりません。笑顔もいいけど眉間にしわ寄せ、「なんでこんなことに…」と嘆く姿が、もうツボツボツボッ!(狂喜)でも最期は細工された頭と同様、本当にさびしい。5月に東京のライブでナマジャレを見ているだけに、あの元気はつらつロッカーと、頭頂だけでなく全身に哀愁漂う転落男とが同一人物とはとても思えないのでした。

 おっと、主演はジャレではなく、最近「ヘアスプレー」ではじけてらっしゃるらしいトラボルタ様です。この方の映画も久しぶり、「パルプ・フィクション」以来ですね。妻に自殺され息子にそっぽを向かれたかつての敏腕刑事は、レイとマーサの事件にいきなり復活、燃えるのです。某雑誌には「殺人カップルの話ではなく、じっちゃんの事件簿」と書かれたようで。

 それもそのはず? 本作の監督・脚本を務めたトッド・ロビンソンは、トラボルタ演じるエルマー・C・ロビンソンの孫、なんですって、へええ。リサーチしっかり、ですわね。じーちゃんの恋人にはローラ・ダーンが扮しています、彼女もスクリーンではお初でした、嬉しいです。トラボルタの相棒の刑事もよかったですね。

 とてもいい映画なのに、関東では新宿と千葉でしか上映がないのが残念です。次のジャレの新作、「チャプター27」も今のところ渋谷だけの上映ですか。12月15日封切り、またもや変わり果てたお姿ですが、あの美しい瞳は間違いなくジャレ。低くて素敵な声もね。(ロンリーハートでも、最初にジャレの声を聞いたときは感激!)

 そうそう、劇場で「フライボーイズ」(まだ行けてない・汗)と「俺たちフィギュア・スケーター」(12・22公開!)のチラシをゲットできて嬉しいです。来月は渋谷通い?

↓美麗なジャレ(とシブいデニス・クエイド)をたっぷり拝める「スイッチバック 追跡者」、いつの間にか廉価版が出ておりました、これは買いです~!

DVD スイッチバック 追跡者

販売元:パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
発売日:2007/09/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

ロングタイム・コンパニオン

4949478082148  これもけっこう前に見たのに感想が書けずじまい、今日は覚悟を決めて書きます。正直、エイズがらみの映画は気が重いです。

 まずエイズというものを私が知った頃の話を。映画でも語られてますが新聞で最初に報じられたのは81年だったのですね。何故ゲイだけに発病? これではますますゲイ差別が進む、と暗澹たる気分になったのを覚えています。当時はまだエイズの正体がはっきりしてませんでした。唾液でも感染? といわれサッカーチームで水の回し飲みが禁止されたり。

 友人が1度、私を2丁目のレズビアン・バーに連れて行ってくれました。普通の店で女同士で飲んでると男から声をかけられることがありますが、レスビアン向けの店にはそうした男はいないです。女性ばかりの静かな雰囲気でよかったです。店の名は「リボンヌ」。その後、友人は「しばらく2丁目に行くのは控える」と。ちょうどエイズが日本でも大きく報道されはじめた、たしか85年頃でした。

 さて「ロングタイム・コンパニオン」です。公開当時はBBMなみに騒がれたらしい…のだけど全く記憶にないです、当時、私が映画から遠ざかっていたせいでしょうか。その頃にはエイズは男女を問わず感染、が常識になっていたはず。ゲイだけの病気ではないと聞いて、そりゃそうだろうと納得したものです。

 治療法も確立せず、どんどん仲間が死んでいくシーンはショックでした。BBMの原作朗読をしたキャンベル・スコット(ウィリー)は友人ショーンの見舞いに行き、彼を触ったあとで執拗に手を洗う。そんな場面に人間の本性を見た思いがしました。感染の恐怖で同棲している恋人ともセックスできなくなるのです。

 ブルース・デイヴィソン(デイヴィッド)は恋人ショーンがエイズに感染、衰弱していくのを自宅で介護。苦しむ彼に「無理しなくていい、死にたければ死んでいい」と。彼の穏やかで慈愛にあふれた姿。本作での演技が高く評価されたのも頷けます。彼は恋人を看取りますが、自宅介護はリスクが高すぎました。

 当時、エイズは不治の病でした。今なら彼らは死なずに済んだのでしょうか。エイズ理解のため、人の強さと弱さを知るために見ておくべき映画だと思います。

 ↓こちらでも当然、本作は紹介されてます。

セルロイド・クローゼット DVD セルロイド・クローゼット

販売元:アップリンク
発売日:2001/09/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

ロバと王女

ロバと王女 デジタルニューマスター版 DVD ロバと王女 デジタルニューマスター版

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2006/07/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 アメリカのプリンセスがグレース・ケリーなら、フランスのプリンセスは間違いなくカトリーヌ・ドヌーヴ。若き日のドヌーヴが文字通り王女を演じた作品をご存じでしょうか、それが「ロバと王女」です。ロマンスの相手の王子はジャック・ペラン、まさに絵に描いたようなカップル、並んだ姿はあほらしくなるほど美麗

 製作は70年、公開当時に何故見なかったのか、御伽噺と軽視してたのか単に田舎じゃ上映されなかったのか。「サイコ」の直後でもあり、正反対のメルヘンの世界にひたってみるか、とレンタルしてきました。ところが!

Ph3_story  バロック風の音楽、現れたシブい王様はなつかしのジャン・マレー、玉座が白猫ちゃんなんですよね、らぶりぃ。が、この王様がトンでもなくて。愛する王妃(ドヌーヴ2役)の遺言は「私より美しい女と再婚して」。周囲は早く再婚して世継ぎを、とせっつきます。王様が目を留めたのは、あろうことか自分の娘。成長して絶世の美女になっておりました。だからって「娘と結婚する!」? これで納得です、「眠れる森の美女」「シンデレラ」のペロー原作なのに表に出てこなかった訳ですよ、実の娘と結婚したがる王様なんてヤバすぎ~。

 このテーマをジャック・ドゥミ監督、ミシェル・ルグラン音楽という「シェルブールの雨傘」コンビがミュージカル風にどう仕立てたか、楽曲はいまいちですが、あールグランらしいなと感じさせる世界でした。衣裳はとにかくドヌーヴのドレスがゴージャス、普通は衣裳負けでしょうが、さすがドヌーヴ、見事に着こなしているどころか彼女ならこのくらいで当然ね、と思わせてしまいます。究めつけの「太陽のドレス」で「愛のケーキ」をつくるシーンをご覧下さい。

 リラの精のデルフィーヌ・セイリグも美しいし、当時の新旧フランスのスター大集合、見ごたえはあります。美術も重厚かと思えば急にポップになったり、姫の城の家臣や馬が青で統一、王子の方は赤で、など「?」な点もありますが、まあファンタジーですから。ラストではさらにぶっ飛ぶシーンも。「戦国自衛隊」か、はたまた佐々木のりこの「信長君」シリーズ

 あまり深く考えずに楽しめばいいんじゃないでしょうか、王様の暗い欲望を思えば18禁メルヘンと呼びたくなりますが。大人なら十分に楽しめると思います。

| | コメント (0)

ロープ

ロープ DVD ロープ

販売元:ファーストトレーディング
発売日:2006/12/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 先日「卍」を紹介しましたが、楽しみましたと報告をいただきました、ありがとうございます。私も最初は無料で映画が見られるなんて? と半信半疑だったのですが、すっかりハマってます。温故知新といいますが、こうした名作を見直すのも大事だと思います。

 今日はヒッチコックの48年の作品「ロープ」のご紹介です。4月30日までYahoo!動画で無料配信されています。
 1924年にシカゴで実際に起きたローブ&レオポルト事件を題材にした舞台劇が原作だそうです。映画「恍惚」と同じ事件がテーマなんですね。「ロープ」は時代的な問題もあり2人が恋人関係だという事は伏せられていますが。

「恍惚」では殺人に至るまでの心の葛藤や逮捕、裁判、服役中の話もありますが、「ロープ」は犯行の瞬間から、それが暴露されるまでが描かれます。80分間、目が離せない展開です。上質の舞台劇を見たような満足感に包まれました。心理劇がお好きな方なら存分に楽しめることでしょう。

 結末は分かっています。しかしどうやってばれたのか? 学生時代の先輩ルパート(ジェームズ・スチュアート)が出てきて謎解きを始めるあたりから俄然、面白くなっていきます。
「罪と罰」の話題が出たり、にやにやしてしまいました。やはりブランドン(ジョン・ドール)の悪ノリが命取りと思いますが。

「ロープ」は先日ご紹介した「セルロイド・クローゼット」でも紹介されています。出演者と脚本家の談話付です。それを踏まえて見ると確かに殺人後の高揚した気分は2人の性的関係を匂わせているようでもあります。

「セルロイド…」では56年の「TEA AND SYMPATHY (お茶と同情)」も紹介されています。50年代はマチズム全盛、「シスター・ボーイ」とからかわれるトムは歩き方まで指導されるのです。ゲイであることより「そう見えること」が問題だったと。そして「REBEL WITHOUT A CAUSE (理由なき反抗)」の映像も。こ、こんな話だったんですね。まだ見てないんですー、まずい。赤いジャケットを手渡すシーンからジム(J.デイーン)のやさしさが伝わってきます。早いとこ見なくては~! 

↓クリックして「イメージを拡大」しますと大きなジャケ写が見られます。上段左は「マイ・プライベート・アイダホ」、右が「カラミテイ・ジェーン」。タイトルの下は左が「レベッカ」、右が「噂の二人」。下段が左「ロープ」、中「赤い河」、右が「理由なき反抗」です。

セルロイド・クローゼット DVD セルロイド・クローゼット

販売元:アップリンク
発売日:2001/09/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ところでややネタばれになりますが、「ロープ」を見ているうちに江戸川乱歩の「屋根裏の散歩者」を思い出しました。「天井裏の節穴から毒薬を落とし、下に寝ていた同宿者のひとりを殺した」犯人は、以来、大好きだったあるモノを見るのも嫌になります。殺した男の枕元にそれがあったのです。ところが自分では嫌いになった理由が思いあたらない。といった点が、「ロープ」でフィリップがチキンを食べたがらなかった(=過去に鶏を絞めたことがあるのにそれを認めない)とつながったのでした。鶏を絞めた件は、今しがた友人を絞殺したことを嫌でも思い出させますから…。

Book 屋根裏の散歩者

著者:江戸川 乱歩
販売元:春陽堂書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

ロード・オブ・ウォー

ロード・オブ・ウォー DVD ロード・オブ・ウォー

販売元:日活
発売日:2006/06/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ガタカ」のアンドリュー・ニコル監督作、ということで興味はあったけど武器商人の話と聞いてパス。が、なんとジャレッド・レトが大きな役で出てるではないですか。主人公ユーリー(ニコラス・ケイジ)の弟ヴィター役。ウクライナ移民の彼らはリトル・オデッサで食堂を営んでいたが、ユーリーが武器売買の才能に目覚めてしまい…。

B23 「シェフの才能はない、俺を手伝え、戦友として」。兄の懇願にやむなく従うヴィターだが、彼には向かない仕事だった。ヤクに溺れるヴィター。南米から帰ると即、リハビリセンター送り。センターに向かうヴィターがこれです。哀愁~♪ 

「気晴らしと依存の境目は?」タフなユーリーはさらに武器商人として辣腕を振るっていく。憧れ続けた美女も手に入れる。順風満帆、しつこい捜査官バレンタイン(イーサン・ホーク)の追求も交わし続ける。…イーサン、トシとりましたね。相変わらず正義の味方の役ですが、これが彼のキャラクター。ジャレッドとほぼ同年代のようですが、こうしてみるとジャレッドは本当に若いですー。「Highway」では9つ違いのジェイクの幼友達を演じても違和感ナシのようだし。

 骨太の力作で、ジャレッド以外に期待してなかったのですが、いやー、考えさせられました。見終わって気分がいいものではないですが。詳細はこちら。総じて評価は高いです、Amazonのレビューも同様。「秀作はヒットしない」とは当たってますね。映画の質と興行成績が比例しないのはよくある話、とにかくジャレッド目当てで見たのに、彼の魅力はもちろん映画として素晴らしくて、本当に充実の時間を過ごしました。私は未見ですが「ホテル・ルワンダ」よりいい、との意見も。けっこうアフリカでのシビアがなシーンがあるのです。

B29  戦車がズラーリのシーンは軍隊の協力ではなく「1武器商人から借りた」とのエピソードにゾッとします。そんな商人が本当にいるのですね。でも最大の武器商人は米、英、仏、露、中の5大国家だそう。全てを失ったユーリーはこれからも商売に励むのでしょう。

 ジャレッドの美しい瞳…、青い目ではジェイクと双璧では? でもラストは悲しい。思えばこうなる伏線はありました。ヤクに溺れたのも弱さより繊細さがアダになったような。とても印象的な役でした、ますます彼にお熱です。いつの間にか「ジャレッド・レト出演作」のカテゴリーができてるし。(汗)

 ああ弟よ、君死にたもうことなかれ!(by与謝野晶子・笑)

| | コメント (1)

ロック・ユー!(2)

ロック・ユー! アルティメット・コレクション DVD ロック・ユー! アルティメット・コレクション

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2006/06/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 昨夜、「ロック・ユー!」が地上波で放映されましたね。かなりカットされてたけど、もう1度見たかったので嬉しかったです。ヒースの魅力に開眼した方も多いのでは?

 前に見たのは半年前、BBMも未見だったしヒースの魅力もいまいち分かってなかったかも。今回は、ヒース若い! コスプレ&ロン毛が似合う! たまにイニスな顔も…と、うっとりしながら見てました。

 私は再見してみて、エドワード黒太子(ジェームズ・ピュアフォイ)がますます気に入りました、イギリスの方なんですね。かいろさんも彼をお好きだそうで、えへへ♪ 彼はプリンス・オブ・ウェールズと呼ばれてましたが、英国皇太子=プリンス・オブ・ウェールズというわけでもないようです、ややこしい。

 そして音楽はロンドン入りするときの「Boys Are Back In Town」がやっぱり一番いいです、アイルランドの誇りといわれるバンド、シン・リジィが歌っております。リーダーのフィル・ライノットが20年も前に亡くなっていたとは…、いま検索で知ってショックです。クイーンより私はシン・リジィの方に思い入れがありますー。「ロック・ユー!」に彼らの曲が使われて嬉しいです。監督に感謝しなくては。ロンドン入りのシーンばかり何度も見てしまいそうです♪

 下記のベストは全曲試聴できます。なつかしい曲ばかり~。(涙)出世作となったJailbreak(脱獄)のフィルのベースの存在感。Cowboy Songって初めて聞いたけど、カッコいい! 忘れられたバンドのように言われてますが、もったいないです。

Dedication: The Very Best of Thin Lizzy Music Dedication: The Very Best of Thin Lizzy

アーティスト:Thin Lizzy
販売元:Mercury
発売日:1991/04/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

ロード・オブ・ドッグタウン

ロード・オブ・ドッグタウン コレクターズ・エディション (初回限定生産) DVD ロード・オブ・ドッグタウン コレクターズ・エディション (初回限定生産)

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2006/07/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 やっと見ました「ロード・オブ・ドッグタウン」。とても良かったです。が、感想の前にまずBBM情報から。おなじみのYouTubeですが、こんなオイシイPVがあったのですね、メールでお知らせいただきました。。ここのところ辛くてBBM関係の映像も見てなかったのですが、この[4 Nights in 20 Years]には泣けました。音楽がちょっと邪魔な部分もありますが、シーンそのものはツボだらけで感涙必至です♪ イタリア語の「 l’amore conta」も気に入りました。トップのヒースとジェイクがとっても素敵。

 あちこちで話題になってますがDVDの吹き替えキャストが決まったのですね。皆様、たくさんの情報をありがとうございます。

ヒース-----森川智之

 ブラピやトム・クルーズ、『サハラに舞う羽根』でのヒース、『コールドマウンテン』のジュードも。

ジェイク----東地宏樹

『MIB』のウィル・スミス、『ニューヨークの恋人』のヒュー・ジャックマン、『キング・アーサー』のアーサー、『戦国自衛隊1549』出演(山瀬二等陸尉)

 声優さんに疎い私にはさっぱり分かりませんが…、ちなみに「ロード・オブ…」では藤原さんとかいう方がヒースの吹き替えだったようです。吹き替えは、母にBBMを見せるなら1度は通して聞くことになりそうですが、見せていいものやら…、まだ迷い中です。

「MOVIE☆」にジェイクの話題として載ってましたが、アカデミー新会員の歓迎イベントが9月20日にあるそうですー。ヒースとジェイクは揃って出席するのでしょうか。レンタル店ではジャーヘッド」が5位、嬉しいですね。ジェイクの熱演をたくさんの人に見てほしいので。

 そしてヒースは「バットマン」でジョーカー役に決まった模様。バットマンはクリスチャン・ベールですか、若返ったものですねー。しかし…どんな映画になるのでしょうね。「ロード・オブ・ドッグタウン」も違和感なく見られたので、ただ楽しみに待っていればいいのかも。

 やっとこさ「ロード…」の感想です。

 スケボーの映画…、どうなんだろうと不安でしたが、とっても楽しめる青春映画でした。冒頭、ブルージーな曲が流れて「?」でしたが、舞台は75年と聞いてなるほど。なんといってもこの年は私にはベトナム戦争終結が強烈です。子供の頃からずーっとやってたので永遠に続くのかと思ってました。終わるものだったんですね…。

 主人公の3人の少年たちはいずれもロン毛、これも時代を感じさせます。最初はサーフィンを楽しんでいた彼ら、地元ヴェニス(カサノバ?・笑)でサーフショップを営むスキップというのがヒースの役どころ。金髪ロン毛、これもいかにも70年代らしい。少年たちの師匠と慕われ、スケボーチームを立ち上げます。最初の大会はDelMarで開催? なんてヒースと因縁深い映画なんでしょ。

 そしてこの映画、ヒースのコスプレというか70年代ファッションも楽しめます。それだけでも見る価値アリと断言。メイキングも充実しています。監督はヒースに出演を承諾してもらえるとは思わなかったようですが、ヒースは楽しんで演じたのではないでしょうか。少年たちの性格、家庭事情なども細やかに描かれ、当初の不安はどこへやら、でした。見てよかったです♪

 散りばめられた音楽の数々は、なつかしー、の一言です。特に最初にプールですべるシーンに流れるのはディープ・パープルの「スペース・トラッキン」、72年のMachine Head収録だからボーカルはイアン・ギラン? 昨日からずっと頭の中でCom'on…が渦巻いてます。視聴もできます。2曲目の「メイビー・アイム・ア・レオ」はジェイクの曲? いえ、(133)にそんなことを書いたので。(笑)

 スキップがサーフボードを製作中にラジカセから流れるロッド・スチュアートの歌もタイトルが出てきませんが、聞き覚えが。いい曲ばっかりなのに、「ロード…」のサントラは出てないんでしょうか?

Machine Head Music Machine Head

アーティスト:Deep Purple
販売元:Wea Japan
発売日:1990/10/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↓私はこっちのレコードを聴きまくりましたが。リンカーンなどがこのように刻まれたラシュモア山はネイティブ・アメリカンの聖地、彼らは聖地になんてことをするんだ、と怒っているそうです。

Deep Purple in Rock Music Deep Purple in Rock

アーティスト:Deep Purple
販売元:Warner Bros.
発売日:1990/10/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ついでのようですが、「ロード…」で作曲担当したマーク・マザースポウは70年代後半、不思議な曲を聞かせてくれたDEVOの中心メンバーだったそうで、びっくり。下記にも入ってる「サティスファクション」は聞きものだし、「モンゴロイド」はそれなりにヒットしたような。渋谷陽一DJのFM番組で流れてました、なつかしい~。

Q: Are We Not Men? A: We Are Devo/DEV-O Live Music Q: Are We Not Men? A: We Are Devo/DEV-O Live

アーティスト:Devo
販売元:Virgin
発売日:1993/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロック・ユー!

ロック・ユー! コレクターズ・エディション DVD ロック・ユー! コレクターズ・エディション

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2005/09/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「チョコレート」でずしんとやられたヒースですが。お初はこの映画でした。

 公開時には「せいぜい14歳の鑑賞にしか堪えない」なんぞとずいぶんな書かれようをされてたし、特にヒースに興味もなかったのでコスプレものだっつーにパスしてしまった。実はクイーンもあんまり得意じゃないので、邦題だけで、うーん?

 しかし、この映画にはポール・ベタニーも出ているのだわ、なんと豪華な共演! それだけでお宝映画です、今の私には。ポールはぬわんと作家チョーサー役だし。知的な彼にぴったり♪ 但し登場シーンはオールヌードでびっくらこいた。素っ裸でヒースたちの前に現れるのよ、ひー。

 あー、本筋ですが、本来、騎士しか出られない馬上槍試合に平民の子ウィリアム(ヒース)が出て勝ってしまうというのは確かに荒唐無稽だけど、ディテールに凝った設定でいいじゃないか。特に馬上槍試合の迫力は最高にエキサイティング!

 音楽と衣装と現代風ダンスには不満ありですが、でもロンドン入りするときのBGMは大好きなシン・リジィの「ヤツラは街へ」だし、おとっつあんとウィリアムの涙の再会シーンではうるうるしちゃったし。

 あと、音声解説が監督とポールの掛け合い漫才みたいで楽しめた。冒頭のヒースがなんともいえない格好してるんだけど、確かに「キャスト・アウェイ」のトム・ハンクスみたいなのよね。監督は、トムが「ロック・ユー!」を見たに違いないと力説してた。

 そして「エクスカリバー」にも書いたけど、音楽が時代に合わないことはさんざん指摘されたみたい。でも、「エクスカリバー」で19世紀の音楽であるワグナーを使ってるのもヘンはヘン。舞台は中世なんだから、厳格な時代考証で音楽を選ぶなら、もっとプリミティブなものでないと。

「なんちゃってコスプレ」の部類かもしれないけど、馬上槍試合の迫力は本当に素晴らしいし、泣けて笑えて映画の王道かも。見逃さずに済んで本当に良かった。

| | コメント (15) | トラックバック (3)

その他のカテゴリー

▲アン・リー監督作品 | ▲ジェイク・ジレンホール出演作 | ▲ヒース・レジャー出演作 | ▲ブロークバック・マウンテンⅡ(51)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅣ(151)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅧ(351)~ | ▲ブロークバック・マウンテン | ▲ブロークバック・マウンテンⅢ(101)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅤ(201)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅥ(251)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅦ(301)~ | ▲私見・アカデミー賞 | △LGBT映画 あ | △LGBT映画 い~お | △LGBT映画か、が行 | △LGBT映画さ、ざ行 | △LGBT映画た、だ行 | △LGBT映画な行 | △LGBT映画は、ば、ぱ行 | △LGBT映画ま行 | △LGBT映画ら行 | △LGBT映画わ行 | △「腐女子」を考える | △ジェンダー関連 | △ドラマ | ある日どこかで | アーサー王伝説 | エド・ウッド関連 | クリスト・ジフコフ出演作 | サッカー | ジェラール・フィリップ出演作 | ジェームズ・フランコ出演作 | ジェームズ・スペイダー出演作 | ジャック・ガンブラン出演作 | ジャレッド・レト出演作 | ジュード・ロウ出演作 | ジュード・ロウ関連映画 | ジョニー・デップ出演作 | ダニエル・デイ・ルイス出演作 | ドラマ | パリの本 | ポール・ニューマン出演作 | レオナルド・ディカプリオ出演作 | ヴァンサン・ペレーズ出演作 | ヴィスコンティ作品 | 人形アニメ | 写真集 | 小説あ行 | 小説か行 | 小説さ行 | 小説た行 | 小説な行 | 小説は行 | 小説や行 | 市川雷蔵出演作 | 年下の彼 | 忘れられないコミックス | 忘れられない小説 | 忘れられない随筆 | 戦争の記憶・ヨーロッパ | 日本映画あ行 | 日本映画か行 | 日本映画さ行 | 日本映画た行 | 日本映画な行 | 日本映画は行 | 日本映画ま行 | 日本映画や行 | 日本映画ら行 | 映画あ | 映画い | 映画う | 映画え | 映画お | 映画か | 映画き | 映画く | 映画け | 映画こ | 映画さ | 映画し | 映画す | 映画せ | 映画そ | 映画た | 映画ち | 映画つ | 映画て | 映画と | 映画な | 映画に | 映画の | 映画は | 映画ひ | 映画ふ | 映画へ | 映画ほ | 映画ま | 映画み | 映画む | 映画め | 映画も | 映画や | 映画ゆ | 映画よ | 映画ら | 映画り | 映画る | 映画れ | 映画ろ | 映画わ | 映画書籍あ行 | 映画書籍か行 | 映画書籍さ行 | 映画書籍た行 | 映画書籍は行 | 映画書籍ま行 | 映画書籍や行 | 映画音楽 | 滝口雅子詩集 | 猫いろいろ | 私のルーツ | 美術書CATS | 美術書あ行 | 美術書か行 | 美術書さ行 | 美術書た行 | 美術書な行 | 美術書ら行 | 華氏911 | 追悼 伊福部昭 | *Football | *コメディ映画あ行 | *コメディ映画さ行 | *コメディ映画た行 | *コメディ映画ま行 | *コメディ映画や行 | *家族問題 | サンドラ様blog開設お祝いカード