ifもしも…

「時計じかけのオレンジ」を見たのは20代だった。凄いな、とは思ったがそれほどの衝撃でなかった。やっぱりこういう反逆モノ(?)は世の中に対して「コノヤロー」な10代に見なければ。
 といった話を知人から聞いて、深く納得。私もこの映画を見たのは20代半ば、マルコム・マクダウェルの印象は高校生の時に見た「ifもしも…」(68・英)の方がよほど強烈。
 この作品もDVDになってない。「たのみこむ」(商品化をリクエストするサイト。お気に入りにリンクしてます)に頼み込みたい作品がどんどん増えるなあ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005GTPV/nifty0b5-nif1-22/ref%3Dnosim/503-2004234-7919944

 舞台は名門パブリックスクール、マクダウェルはいかにも校風に合わない反逆児。素行不良のため先輩にお尻をムチで叩かれたり(屈辱の表情が最高)するうち、蜂起を決意。クルセイダース(十字軍)を結成する。
 メンバーには女の子もいたっけね。体操のうまい先輩にあこがれる美少年とか、いかにもパブリックスクールなエピソードもあったが、常に三つ揃えでビシッときめていた上級生(マクダウェルのお尻叩いてた)が嫌らしくて忘れられない。

 地下室に大量の武器を発見したクルセイダーズは、開校500年記念祭の当日に蜂起、校舎にたてこもる。屋根の上から、「やめなさーい、話せばわかる」みたいなことをほざく校長の額を撃ちぬくラストシーンは鮮烈だった。
 製作当時はまさにスチューデント・パワーが吹き荒れた時代、私も権威主義にはウンザリしていたので、スカッとさわやかな気分で映画館を出たのだった。

 入学式から日がたっておらず、うららかな春の夕、同級生が自転車で橋の上を渡っていったのを覚えている。「ifもしも…」の自転車シーンのせいだろうか。
 不思議なリズムとコーラスの音楽をバックに、草原でマクダウェルが自転車をこぐ。後には蜂起に加わった女の子が立って両腕を広げていたような。なかなか美しいシーンだった。

 こうした断片的なエピソードしか覚えてない映画の場合、資料がないと何も書けないのだが、そんなとき大きな助けになるのが「洋画ベスト&ヒット作全集」(筈見有広・講談社+α文庫)。

 戦後まもなくの46年から93年までの重要作品559本が紹介されていて、とても便利。やはり製作年や監督くらいは押さえておきたいもんね。同書によれば「ifもしも…」は69年カンヌ・グランプリ受賞。アンダーソン監督は「怒れる若者たち」世代に属するのだそうで。

「洋画ベスト…」は中古ならまだ手に入りそう。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062560631/nifty0b5-nif1-22/ref%3Dnosim/503-2004234-7919944

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

▲アン・リー監督作品 | ▲ジェイク・ジレンホール出演作 | ▲ヒース・レジャー出演作 | ▲ブロークバック・マウンテンⅡ(51)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅣ(151)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅧ(351)~ | ▲ブロークバック・マウンテン | ▲ブロークバック・マウンテンⅢ(101)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅤ(201)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅥ(251)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅦ(301)~ | ▲私見・アカデミー賞 | △LGBT映画 あ | △LGBT映画 い~お | △LGBT映画か、が行 | △LGBT映画さ、ざ行 | △LGBT映画た、だ行 | △LGBT映画な行 | △LGBT映画は、ば、ぱ行 | △LGBT映画ま行 | △LGBT映画ら行 | △LGBT映画わ行 | △「腐女子」を考える | △ジェンダー関連 | △ドラマ | ある日どこかで | アーサー王伝説 | エド・ウッド関連 | クリスト・ジフコフ出演作 | サッカー | ジェラール・フィリップ出演作 | ジェームズ・フランコ出演作 | ジェームズ・スペイダー出演作 | ジャック・ガンブラン出演作 | ジャレッド・レト出演作 | ジュード・ロウ出演作 | ジュード・ロウ関連映画 | ジョニー・デップ出演作 | ダニエル・デイ・ルイス出演作 | ドラマ | パリの本 | ポール・ニューマン出演作 | レオナルド・ディカプリオ出演作 | ヴァンサン・ペレーズ出演作 | ヴィスコンティ作品 | 人形アニメ | 写真集 | 小説あ行 | 小説か行 | 小説さ行 | 小説た行 | 小説な行 | 小説は行 | 小説や行 | 市川雷蔵出演作 | 年下の彼 | 忘れられないコミックス | 忘れられない小説 | 忘れられない随筆 | 戦争の記憶・ヨーロッパ | 日本映画あ行 | 日本映画か行 | 日本映画さ行 | 日本映画た行 | 日本映画な行 | 日本映画は行 | 日本映画ま行 | 日本映画や行 | 日本映画ら行 | 映画あ | 映画い | 映画う | 映画え | 映画お | 映画か | 映画き | 映画く | 映画け | 映画こ | 映画さ | 映画し | 映画す | 映画せ | 映画そ | 映画た | 映画ち | 映画つ | 映画て | 映画と | 映画な | 映画に | 映画の | 映画は | 映画ひ | 映画ふ | 映画へ | 映画ほ | 映画ま | 映画み | 映画む | 映画め | 映画も | 映画や | 映画ゆ | 映画よ | 映画ら | 映画り | 映画る | 映画れ | 映画ろ | 映画わ | 映画書籍あ行 | 映画書籍か行 | 映画書籍さ行 | 映画書籍た行 | 映画書籍は行 | 映画書籍ま行 | 映画書籍や行 | 映画音楽 | 滝口雅子詩集 | 猫いろいろ | 私のルーツ | 美術書CATS | 美術書あ行 | 美術書か行 | 美術書さ行 | 美術書た行 | 美術書な行 | 美術書ら行 | 華氏911 | 追悼 伊福部昭 | *Football | *コメディ映画あ行 | *コメディ映画さ行 | *コメディ映画た行 | *コメディ映画ま行 | *コメディ映画や行 | *家族問題 | サンドラ様blog開設お祝いカード