現代・アメリカ・映画

現代・アメリカ・映画 Book 現代・アメリカ・映画

著者:田中 英司
販売元:河出書房新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 アメリカ映画はとっても面白いのだそうだが、私にはよくわからない。
 ヨーロッパ指向が強い私が好きなアメリカ映画は、大抵アメリカ以外の監督作品だし。アメリカ映画って、あー面白かったで終ってしまって何も残らない、と一言で片付けてはいけないのだが。
 で、面白かったのが「現代・アメリカ・映画」(田中英司著・河出書房新社)。なんでアメリカ映画が好きになれないのか、なんとなく判った気がした。映画作家、作品とテーマなどどれも興味深いが、とりわけ「映画作家の自由について」を面白く読んだ。

 マイケル・チミノは「天国の門」で、フランシス・コッポラは「ワン・フロム・ザ・ハート」で、スピルバーグは「1941」で、それぞれ興行成績、内容ともに大失敗。3人に共通するのは「前作が大ヒットしたため、自由に映画を作ることができた」ことだという。
 そのため予算を自由に使い、映画作家としての思い込みを作品に色濃く反映できたが、面白い映画はできなかったのだ。私は「ワン・フロム・ザ・ハート」だけは見たが、確かにコッポラらしい冴えは感じられなかったような。ハリウッドでは映画作りが自由になればなるほど作家の腕が落ちる、と田中氏は結論づけているようだ。
 
 その真偽はともかく、氏が引用された文章は非常に考えさせられるものであった。アンドレ・ジイドの「演劇の進化」という講演の一節だが、
「ミケランジェロがあのモーゼの緊密な姿態を案出したのは大理石が足りなかったからだと言われている。ギリシャ人は琴に弦をもう一本殖やした者を追放した。芸術は束縛から生まれ、闘争によって生き、自由になることによって死するのである。」

 自由になることによって死する、とは恐ろしい。ここで思い出すのは「ある日どこかで」のメイキングでのスタッフの言葉。予算を半分に削られたため、あらゆる工夫をし、キャスト、スタッフが一体になって映画を作り上げたのだという。皆、報酬のためではなく作品に惚れこんで製作に参加したのだ。
 公開当時こそヒットしなかったものの、口コミで評判が広まり、今や伝説のカルト・ムービーとなった「ある日どこかで」も「束縛から生まれ、闘争によって生き」たのだなあ。そしてこれからもファンの心に永遠に生き続けるだろう。

 

 2年ほど前、映画系メルマガに「『いま会いにいきます』を見て泣こう!」つうフレーズがあってゲンナリしてしまった。掲示板でも「泣ける映画教えてください」なんてカキコもよく見かけるし、皆、泣いてカタルシスを味わいたいのだろうか。
 かく言う私も、思いきり泣きたいときは映画が一番かなあ、と思うことはある。真っ先に浮かぶのは「ある日どこかで」だが、ただ泣くだけでなく、心を清められるのだ。ただのお涙頂戴映画とはぜんぜん違う。

「現代・アメリカ・映画」には「催涙ガスとしての映画」という文章もあった。「アイ・アム・サム」を例に、現代アメリカ映画のテーマのひとつを田中氏は指摘する。即ちアメリカ礼讃思想。
「アメリカって素晴らしい国でしょ。私たちにも悪いところはあるけど、最終的には素敵な人間の集まってる国」、映画が涙を利用して、こんな考えを吹き込んでいるらしいのだ。私は未見だから何も言えないが、知的障害のあるサムが娘と暮らしていくことができるのか?
 興味はあったが、なにか胡散臭さを感じて見に行かなかった。きっと泣けるだろうな、でも…だった。

 泣けたからいい映画、とは限らないというのは、ン十年、映画を見てきて深く頷ける。大昔見た泣ける映画は、いまほとんど内容を覚えていない。逆に泣けないほどショックな映画はいつまでも忘れないのだ。
「裸足の1500マイル」のように、泣けることを期待して見事、裏切られる映画もある。そんな甘ったるい作品ではなかったのだ、往復ビンタを食らわされた気分だが、本当に見てよかった映画。

「この監督の映画はどれを見ても泣けるんだよねえ、という巨匠監督が存在しないのは、泣ける映画が『匠の技』ではなく、たんなる『コツ』の問題であることを示している。」
 という田中氏の言葉には考えさせられる。
 それにしても「催涙ガスとしての映画」って凄い表現だ、泣かせるコツ&ツボを心得た監督が、満場の観客に涙を流させている場面を想像すると、なにやら背筋がゾーッと…。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

外国映画の歩き方

友達より深く楽しむ外国映画の歩き方 Book 友達より深く楽しむ外国映画の歩き方

著者:三笠 加奈子
販売元:こう書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

西洋絵画の主題物語〈1〉聖書編 Book 西洋絵画の主題物語〈1〉聖書編

著者:諸川 春樹
販売元:美術出版社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 外国映画を見るとは異文化に触れることに他ならない。
 べつに歴史映画でなくても、見ていて「?」なことはよくある。西洋絵画であれば聖書とギリシア神話を知っていればある程度、理解はスムーズに。
 そのための虎の巻「西洋絵画の主題物語・聖書編」や「ギリシア神話編」という本があって、これらを参照しておけば、タイトルだけで内容がわかるというもの、これで絵の前で「コレは何を表しているのか?」と悩む必要がなくなった。

「トビアスと天使」「聖ジョージの龍退治」などのタイトルを見ただけで、ああ、あれね、とピンときて助かっている。
 で、映画でもそんな本がないものかと思っていたら、あったんですね。それが「外国映画の歩き方」。サブタイトルに「友達より深く楽しむ」とあるが、まさに深く映画を楽しむために最適の1冊。

 三笠さんは高校時代からリュックひとつでヨーロッパ中を渡り歩き、大学時代はドイツに留学。いまはライターとして、こんなすてきな本を出してくれたのだ。イラストもご本人が描いている。

 宗教、歴史、社会、習慣、迷信など、映画を見ていて疑問に感じたことが、そうだったのか、と実にすっきり解決、すばらしい。
 特になるほどー、だったのは色の話。どうも黄色がイメージ悪いようだ、とは気づいていたが、「欧米の俳優スクールにゴレンジャーの募集告知をしたら、間違い無く黄色の応募者が一番少ないだろう」。黄色は「不貞や侮蔑」の色なのだそうだ。裏切り者のユダは絵画でも常に黄色を着ているとか。 

「アメリカの弁護士」では、勝てば大報酬、事務所にお金を降り注ぐ売れっ子を「レインメーカー」と呼ぶ、へえー。マット・デイモン主演の[RAIN MAKER]ってそういう意味だったのね。見ておけばよかった。
「結婚式」では、16世紀からカトリックでは2人以上の証人がいない結婚式は無効になった。ロミオとジュリエットは1450年代の話だからセーフ、なんてエピソードが、ほっとするロミオとジュリエットのイラスト付で紹介。

「苗字を見れば祖先がわかる」では、「~の息子」を表す姓がUK各国にあるのを知り、へえー。東欧系では~ヴィッチだそうで、ジョン・マルコヴィッチの姓はマルコの息子って意味なのねえ。
 ちなみにアメリカでいちばん多い姓は「スミス」。エージェント・スミスの数が多いのもうなづける???

↓三笠さんの楽しいブログ♪

http://diarynote.jp/d/48085/

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

▲アン・リー監督作品 | ▲ジェイク・ジレンホール出演作 | ▲ヒース・レジャー出演作 | ▲ブロークバック・マウンテンⅡ(51)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅣ(151)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅧ(351)~ | ▲ブロークバック・マウンテン | ▲ブロークバック・マウンテンⅢ(101)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅤ(201)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅥ(251)~ | ▲ブロークバック・マウンテンⅦ(301)~ | ▲私見・アカデミー賞 | △LGBT映画 あ | △LGBT映画 い~お | △LGBT映画か、が行 | △LGBT映画さ、ざ行 | △LGBT映画た、だ行 | △LGBT映画な行 | △LGBT映画は、ば、ぱ行 | △LGBT映画ま行 | △LGBT映画ら行 | △LGBT映画わ行 | △「腐女子」を考える | △ジェンダー関連 | △ドラマ | ある日どこかで | アーサー王伝説 | エド・ウッド関連 | クリスト・ジフコフ出演作 | サッカー | ジェラール・フィリップ出演作 | ジェームズ・フランコ出演作 | ジェームズ・スペイダー出演作 | ジャック・ガンブラン出演作 | ジャレッド・レト出演作 | ジュード・ロウ出演作 | ジュード・ロウ関連映画 | ジョニー・デップ出演作 | ダニエル・デイ・ルイス出演作 | ドラマ | パリの本 | ポール・ニューマン出演作 | レオナルド・ディカプリオ出演作 | ヴァンサン・ペレーズ出演作 | ヴィスコンティ作品 | 人形アニメ | 写真集 | 小説あ行 | 小説か行 | 小説さ行 | 小説た行 | 小説な行 | 小説は行 | 小説や行 | 市川雷蔵出演作 | 年下の彼 | 忘れられないコミックス | 忘れられない小説 | 忘れられない随筆 | 戦争の記憶・ヨーロッパ | 日本映画あ行 | 日本映画か行 | 日本映画さ行 | 日本映画た行 | 日本映画な行 | 日本映画は行 | 日本映画ま行 | 日本映画や行 | 日本映画ら行 | 映画あ | 映画い | 映画う | 映画え | 映画お | 映画か | 映画き | 映画く | 映画け | 映画こ | 映画さ | 映画し | 映画す | 映画せ | 映画そ | 映画た | 映画ち | 映画つ | 映画て | 映画と | 映画な | 映画に | 映画の | 映画は | 映画ひ | 映画ふ | 映画へ | 映画ほ | 映画ま | 映画み | 映画む | 映画め | 映画も | 映画や | 映画ゆ | 映画よ | 映画ら | 映画り | 映画る | 映画れ | 映画ろ | 映画わ | 映画書籍あ行 | 映画書籍か行 | 映画書籍さ行 | 映画書籍た行 | 映画書籍は行 | 映画書籍ま行 | 映画書籍や行 | 映画音楽 | 滝口雅子詩集 | 猫いろいろ | 私のルーツ | 美術書CATS | 美術書あ行 | 美術書か行 | 美術書さ行 | 美術書た行 | 美術書な行 | 美術書ら行 | 華氏911 | 追悼 伊福部昭 | *Football | *コメディ映画あ行 | *コメディ映画さ行 | *コメディ映画た行 | *コメディ映画ま行 | *コメディ映画や行 | *家族問題 | サンドラ様blog開設お祝いカード