« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

悲しみよこんにちは

悲しみよこんにちは [DVD] DVD 悲しみよこんにちは [DVD]

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2010/02/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今年の夏は暑かった! 今月も中旬まで暑かったですねー。それが何でしょう、いきなり、ずっとこうだったのよ、なんつったって9月ですから、みたいな涼しさというか寒いです。おかげでちょっと風邪気味です。皆様も季節の変わり目、ご自愛くださいね。

 そうなんです、9月も今日で終わるのです。どうしてこんなに記事をアップできなかったのか自分でもよくわかりません。この「悲しみよこんにちは」も8月の末に見たのですが。あまりにも有名なタイトル。早熟な少女のひと夏の体験? 見る前は夏の定番映画みたいなイメージでを抱いてたんですが、かなり違ってました。ジーン・セバーグの名前だけはずっと知ってたんですが、ほんとに見るチャンスがなくて。

 冒頭。モノクロ画面に現れるパリ。セーヌ川、ノートルダム寺院。なつかしー、と思ったけど半世紀前のパリなんですねー。主人公のセシール登場。これが17歳? 事件の1年後だから18歳か、それにしても大人だなあーと。10台でこの映画を見ていたらどう思ったのでしょう、私。

 と、モノクロ画面に流れたのは英語? あれ、これってフランス映画では? 実は違いました! うわー、ン十年だまされてました、アメリカ映画でしたか。それでディヴィット・ニーブンにデボラ・カーなんですね。いやー、すっかりフランス映画だとばかり。何せサガン原作ですからね。これ以降、サガン原作の映画はいくつか作られ、私も見ましたがフランス映画ばかりでしたから。

 いったいセシールの心の壁をつくったのは何なのか。失恋? なんて甘いものじゃなかったんですね。人生を舐めてしっぺ返しがきたというか。けっこうシビアなものでした。なるほどねー。たとえ17歳でなくても、あれは一生、傷になるでしょう。そしてこの若さで呼吸をしているだけの死人として生きるのでしょうか。アンニュイという言葉が思い出されます。

どの程度、サガンの実像が反映されているのかは分かりませんが。50年代当時、あの豪奢な暮らしはフランスでもアメリカでも、ましてや日本では別世界に映ったでしょうね。昼間からシャンペンかよー、と、DVDを見たあの暑い日。私もまねしてスパークリングワインを開けてしまったのでした。

それにしても苦いものが残ります。ジーン・セバーグが不慮の死を遂げたことも、心の棘になっているのです。夏の太陽より秋の枯れ葉が似合う映画なのかもしれません。

| | コメント (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »