« 龍馬伝(5) | トップページ | 13 Going on 30 »

シャーロック・ホームズ

シャーロック・ホームズ オリジナル・サウンドトラック Music シャーロック・ホームズ オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:サントラ
販売元:SMJ
発売日:2010/03/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 公開から1ヶ月以上過ぎて、やっと見に行くことができましたー、やれやれ。やはりスクリーンで見たい映画ですよね。予告を見て、絶対に! と思っておりましたです、はい。なんといってもジュードとロバート・ダウニーJr.の共演ですし! そうでなくても、あの予告には惹かれました。公式サイトでどうぞ!(本編を見てからのほうが予告は面白い気がしますが)

 8年前。3日だけ滞在したことのあるロンドン。お目当てはジュード主演の舞台でしたが、その劇場の裏通りはダークな雰囲気で、本作に出てくる19世紀ロンドンを彷彿とさせるのです。世界的大都市も、裏通りには今も産業革命当時の闇の部分を併せ持つ?

 私は特にホームズファンというわけではありません。1~2作は読んでいるのでしょうか? 中学時代は図書委員で、ホームズとルパンシリーズの貸し出しの多さに驚嘆した憶えはありますが。確かに面白いですよね。でも、今回の映画は、ちょっとイメージが違ってました、とっても肉体派なホームズでした。そしてワトソン君は、なにせジュードが扮しているので伊達男、ひげも似合い過ぎです。そしてホームズとの腐れ縁は十二分に感じられました、いつも実験台にされるキュートな愛犬もいいですね。

 ホームズが唯一、愛したらしい女性アイリーン(悪女?)にはレイチェル・マクアダムス。最後まで「誰だっけ、どこかで見たんだけど」と名前が思い出せませんでした、「きみに読む物語」のヒロインだったとは! 大人っぽくなりましたよねー、当然か。でもって、ワトソン君にも理解ある婚約者がいるのですが、男と男の絆は断ち切れないようで?

 ストーリーはテンプル第4騎士団、でしたっけ? 秘密結社をめぐるおどろおどろしいものでで、なんかホームズのイメージに合わない気がしたのですが、私がTVドラマのホームズシリーズの明るいムードに騙されていただけかもしれません。水木しげる先生のマンガで知った(ドイルが心霊術に魅せられていたこと)件を、映画の途中で思い出しました。

 監督はガイ・リッチーですか、ロンドンの陰鬱な部分は「スナッチ」でもよく描かれていたし、やはりロンドンっ子でなければ作れなかった映画かも。同じく寒い北国育ちの私には好きになれない暗い空のロンドンですが、産業革命の国らしいエピソードにあふれた本作には感心しきり。市民を戦慄させる怪現象の数々も種を明かせば? です。ちょっと違いますが、特にうなったのは、普通の人間なら死んでるよ? な爆発シーンのスローモーション映像。いやー、19世紀が舞台でも迫力ある映像ってできるんですね。

 と、いろいろ楽しめた本作。いかにも続編アリアリなラストですが、次回作を楽しみに待つことにいたしましょう!

 ところで、劇場の予告ではジェイクの「マイ・ブラザー」が! 3年ぶりにスクリーンで見るジェイクに感無量です、ちゃんと予告を見たのは初めてですが、予想以上に深刻なお話なんですね。それでも早く見たいです。6月4日公開ですか? 「プリンス・オブ・ペルシャ」も来月28日公開、ネットで予告を見ましたが、うーん。「ホームズ」の時に予告で流れた「ウルフマン」「タイタンの戦い」同様、めまぐるしい展開で、どこがどう違うのよ? もち、ジェイクが出てるかどうかは大きな差ですけど、「マイ・ブラザー」のような、しみじみと問題提起する作品が今は見たいです!

 そしてそして、ヒース最後の主演作、7月2日、リリース決定です。ジュードにコリンも出てるし楽しみですよね、2枚組!

【特典ディスク】
■メイキング ■削除シーン ■プレビズ映像&ストーリーボード ■ヒースと友人たち ■ヒースの衣装テスト ■ヒースインタビュー ■鏡の世界 ■ギリアムのイマジナリウム ■寺院の建立 ■キャスト&スタッフ インタビュー集 ■ロンドンプレミア

 はあー、悲しいけど楽しみ!

Dr.パルナサスの鏡 プレミアム・エディション [DVD] DVD Dr.パルナサスの鏡 プレミアム・エディション [DVD]

販売元:ジェネオン・ユニバーサル
発売日:2010/07/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 龍馬伝(5) | トップページ | 13 Going on 30 »

映画し」カテゴリの記事

コメント

びあんこさんもご覧になったんですね~。待ってましたァ!
私はもう映画館で見ながら何だかドキドキしちゃいましたよ、話の展開というよりも二人の関係の描き方に、、、。(私だけだろうか???)
ロバート・ダウニーJr.とジュード・ロウだからこそのホームズ物ですね。
この二人だから破天荒なホームズもクールなワトスンも許せる!と私は思います。
続編があったらやっぱり見たい映画です。
そして、ジェイクの新作の予告をご覧になったんですか!?
羨ましいかぎりです!
5月6月の楽しみは決まりました。
そして7月の「Dr.パルナサス」情報も感謝です!何しろ地元では公開がなかったようなので、、、。
勿論、即予約です

投稿: kママ | 2010年4月25日 (日) 20時12分

この記事へのコメントは終了しました。

« 龍馬伝(5) | トップページ | 13 Going on 30 »