« 天地人(7) | トップページ | JIN-仁(2) »

築城せよ!

築城せよ! [DVD] DVD 築城せよ! [DVD]

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2009/11/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 今年の6月といえば映画「ハゲタカ」に夢中で、大森南朋が表紙のAERAを買ってしまいました。彼のインタビューを読んだきり放置してたのですが、先日、ふと手にしてみると、益田祐美子さんの記事に目が留まりました。「主婦からプロデューサーに変身 3億5千万集める女」ですって。「風の絨毯」という映画を作るために資金集めに奔走し、その経緯をまとめた「私、映画のために1億5千万円集めました」という本を出版。それを読んだ古波津陽監督が、「3年前、制作費300万で作った自主映画」を携えてやってきた。それが「築城せよ!」なのですが、

【過疎化が進む猿投町に突如現れた3人の戦国武将。彼らは自分の城を完成出来ずに無念の死を遂げた侍の霊だった。
 役場職員にとりついた恩大寺隼人将の「築城せよ!」という大号令のもと、城による町おこしを願う住民たちを巻き込んで段ボールでの城づくりが始まる。】

 な、なんて破天荒な話だー! こういうの大好き! しかも段ボールでの城作りとは! 訳あって日々ダンボールと格闘している私にとっては運命的な出会い!(ダンボールハウスに住んでいるわけではないですよ)

 益田さん、この作品のテーマは「ものづくり」だと心が動きます。そして愛知工業大学の開学50周年の記念事業計画があることを知り、「広告がわりに映画製作を」と提案、快諾されます。学生、教職員の奮闘振りは、こちらのブログ(撮影日誌)で。

 めでたく完成、公開された本作ですが、なにせ公開当時は「ハゲタカ」で頭がいっぱい、まったく記事が目に留まりませんでしたし、もし上映を知っても見にいけたかどうか。幸い、1週間後にはDVDがリリースされます、とっても楽しみです。それまでは公式サイトで予告を見て、あれこれ想像を膨らませておきます。

|

« 天地人(7) | トップページ | JIN-仁(2) »

日本映画た行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 天地人(7) | トップページ | JIN-仁(2) »