« MW(4) | トップページ | 女囚701号 さそり »

破軍の星

破軍の星 (集英社文庫) Book 破軍の星 (集英社文庫)

著者:北方 謙三
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 北方謙三といえば、かつてハードボイルド小説で一世を風靡した方、私、けっこうファンでした。ン十年前ですが、某出版パーティに仕事でたまたま出席した私。彼がゲストで登場と知り、舞台に駆けつけてみれば、今で言うところのメタボ系で、がっくりした記憶が。そんな彼が歴史小説に活躍の舞台を移したのは意外でした。

 私は何故「破軍の星」を読むに至ったのか? 思い出せません。北斗七星が破軍星【(陰水・「耗」)………殷の紂王。暴虐無人な暴君。妲己のそそのかしによって国を傾ける。「破損」「消耗」「破壊」「激変」を主宰。】であることは後に知りました。滅びの美学に弱い私。しかも、彼の末裔が何故か南部藩に居を移し、津軽藩の誕生とともに滅びたという史実がありました。とにかく主人公の北畠顕家は滅びる運命にあったということです。美貌を謳われた彼は、21歳の花の盛りに落命。NHK大河ドラマ「太平記」でこの役を演じたのは後藤久美子でした。

 昨日書いたように、彼の父親は北畠親房でございまして。近藤正臣が演じておりましたー。弓の達人として登場したゴクミ@顕家の最期は「弓がのうては戦えぬ」でしたか。訃報を知らされた親房は、「顕家」と絶句。期待の長男だったんですよねー。なにゆえゴクミが演じたのか、今ならきれいどころの若衆は大勢いますが、当時(91年)は、人材不足だったのかな、と。

 Wikipediaによれば、

【南朝方公家・武将北畠親房(後醍醐側近の長):近藤正臣 (当初は平幹二朗の予定だったが降板。)
北畠顕家(親房の長男):後藤久美子
天才的な美少年であったと言われ、その人物像に近付けるべく女性アイドルの抜擢となった。
千種忠顕(後醍醐の側近):本木雅弘 】

 モッくんにはぜんぜん気づきませんでした、ごめんねー。

 伊勢北畠家が本家なんでしょうけど、なんだか複雑でわからん。南部の北畠家と同じころに滅亡したようなんですが、一応命脈は保たれているのでしょうか。わけのわからない記事になってしまいましたが、ラストは「明日に向かって撃て!」風の、ちょっと明るい救いのあるもの、とだけいっておきます。本当に忘れられない小説です。今の俳優なら誰が似合うでしょうか、小説には顕家が「蘭陵王(らんりょうおう)」を舞ったという記述もありました。曲の由来としては、

【むかし、中国に「北斉(ほくせい)」(549~577)という国がありました。 その国に長恭(ちょうけい)という王がいたのですが、あまりに顔が美しく、 戦場で兵士の士気が上がりませんでした。そこで長恭は、 いかめしい仮面を付けて、戦の指揮をとりました。するそのかいあって大勝利を得たのです。 これを喜んだ部下たちが作ったのが、この舞であると伝えられています。】

 てさあ。王が美形だと士気が上がらないっつーのが、よくわかりません。とりあえず「ブ」な面をつけて勝利したわけですね。実演も見られるなんていい時代ですね。お面の下は超美形だと信じてご覧ください。

|

« MW(4) | トップページ | 女囚701号 さそり »

忘れられない小説」カテゴリの記事

小説は行」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
北方謙三、私もけっこう好きでした。
メタボ系にがっくりに笑いました~!
そうか~やっぱり作家と声優さんはなるべく本人は見ない方がいいのかな。(笑)

投稿: ヨンリー | 2009年8月27日 (木) 16時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MW(4) | トップページ | 女囚701号 さそり »