« ぼくらの気持ち~追悼 栗本薫(中島梓) | トップページ | 雨の訪問者 »

愛の手紙(3)

ゲイルズバーグの春を愛す  ハヤカワ文庫 FT 26 Book ゲイルズバーグの春を愛す ハヤカワ文庫 FT 26

著者:ジャック・フィニイ
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

愛の手紙」は、あれからも時折、読み返しています。こんなに愛せる小説も珍しい、主人公は「ジェイク」ですし。原文で読みたいなーと思いつつも、絶版のようであきらめていました。が、ここにきて、ヘレンの墓碑銘が気になって仕方ないのです。英語では一体なんと表現されていたのだろう? どうにかして知りたい! 再び「ゲイルズバーグの春を愛す」の原作を求めて検索したけど、ダメでした。

 最後に、わらをもすがる思いで、Amazonのレビューを覗いてみたら。あったのです、答えが。まさに灯台下暗し。湯島杢兵衛さん、ありがとうございます! この感謝の気持ちをどう伝えたらいいのでしょうか!?

【相手からの最後のメッセージに「とっても大切なキーワード」が添えられています。
訳者(故人の福島正実さん)は何故きちんと訳さなかったのだろう?
(ニュアンスが難しいです)

『愛の手紙』の原作を読んでこのキーワードの意味に気が付きました。
頭を金槌で打たれました。
心臓をわしづかみにされました。
このキーワードを読み飛ばした僕は話の半分しか理解しなかったのです。通りいっぺんに 読まれた方も,原作の意味を知ったら,きっと感銘を新たにするでしょう。】

 どうですか、湯島さんのレビューを読むと、「愛の手紙」を読みたくなるでしょう! 湯島さんは、なんと原文のURLを紹介してくださったのです。こちらです! そのキーワードを目にしたとたん、涙がこみあげました。本当に福島さん、どうしてこれを~? でも確かに難しい、もしかして福島さんは「原文を読め」と言いたかった? 

*以下、ネタばれとなります。どうぞ「愛の手紙」を読んでから、お読みくださいね。原文だけ読んでもいいと思いますが、和訳の後でないと、湯島さん同様(私も)「頭を金槌で打たれ、心臓をわしづかみにされる」ほどのショックは味わえないと思います。

 翻訳では、ヘレンの手紙と墓には「永遠の思い出のために」。

 ところが、原文では手紙では”I will never forget.”

 墓碑銘には、I NEVER FORGOT

 この差に私もやられました。生涯、ジェイクを思って生きていこうと決意した若き日のヘレン。その決意を貫き通した証を墓に刻んだヘレン。

 さらに最後の1行。ジェイクもまた、Neither will I. と、ヘレンを忘れずに生きていく、と。

 なんだかもう、胸がいっぱいで。

 これから、じっくり原文を味わいます!

|

« ぼくらの気持ち~追悼 栗本薫(中島梓) | トップページ | 雨の訪問者 »

忘れられない小説」カテゴリの記事

小説あ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ぼくらの気持ち~追悼 栗本薫(中島梓) | トップページ | 雨の訪問者 »