« ブロークバック・マウンテン(322)~ヒースの一周忌 | トップページ | わたしを離さないで »

ラスト・オブ・モヒカン(2)

0511mohican  2度と見ないだろうと前の感想にも書いてある「ラスト・オブ・モヒカン」。DVDは廃盤だしねえ、だったんですが。アメリカ盤をゲットしてしまいました。送料がもったいないので、ついでに、だったのです。さわりだけね、と思ったのが、最後まで見てしまいました、何年ぶりでしょう?

 はまりにはまって、51回も劇場で見た映画。もちろん、生涯最高の回数です。93年公開だから、もう16年もたつのですね。この画像は前売り券に使われていました。「命は愛のためにある」ですか、ドラマチックなあの物語にぴったりです。

 画像を検索していたら、こちらの記事がヒット。弟カップルに関して、初めて知った情報もあり、感激です。あの控えめな愛情表現は、そういう訳だったのですねー。

 なんだかうまく考えがまとまりませんが。山に始まり山に終わる本作は、ちょっとBBMを思い出させます。舞台は1757年、フレンチ・インディアン戦争の3年目。イギリスが敗退を続けていたころで、悲惨な戦闘シーンも描かれます。そういえばマイケル・マン監督の作品なのでした。当時は彼がどういう存在か存じませんでしたが、確かにガン・アクションは冴えていて、ただの恋愛映画じゃ我慢できない私にはぴったり、はらはらドキドキの連続です。

 ラブシーンは抑え目で、このような描き方なら「マイアミ・バイス」もいらいらしないで見られたのになあ。でも女との絡みを減らすと男同士の絆が目立ちすぎるのか。「ラスト・オブ・モヒカン」では、このナサナエルとコーラ(マデリン・ストウ)のカップル、共に雄雄しくて、男女というより同性のカップルの匂いがしないでもない。コーラも銃をとって戦ってたしね。

 辛くて見られないと思っていたけど、時間は、辛ささえ懐かしさに変えてしまうのでしょうか。引退を伝えられたダニエルは、昨年、2度目のオスカーに輝きましたね。

|

« ブロークバック・マウンテン(322)~ヒースの一周忌 | トップページ | わたしを離さないで »

映画ら」カテゴリの記事

ダニエル・デイ・ルイス出演作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブロークバック・マウンテン(322)~ヒースの一周忌 | トップページ | わたしを離さないで »