« 夏の嵐 | トップページ | サンキュー・スモーキング »

主人公は僕だった

主人公は僕だった コレクターズ・エディション DVD 主人公は僕だった コレクターズ・エディション

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2008/06/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「ダークナイト」の後、むしょうに元気なマギー姉さんと会いたくなりました。本作は映画館で見るはずが行けなかったほど興味津々でした。というわけで早速、拝見しました。原題は「STRANGER THAN FICTION」、事実は小説より奇なり、を地でいった話です。データはこちら

 男は悩んでいた。自分だけに聴こえる、作家の声に。

 というキャッチだけ知っていれば十分ですね。あとは見てのお楽しみ。

 ウィル・フェレル主演だから大コメディかとは思わなかったですね、こういう役も合うみたいです。マギー姉さんとの相性もよさそう。期待通りの元気なキャラクターで嬉しかったです、ちょっと「ダークナイト」での彼女は重過ぎましたので。同じ思いの方、「ダークナイト」から浮上するにはぴったりの作品ですよ?

 とても後味のいいお話だと思ったら脚本も評判だったようですね。主演の2人にエマ・トンプソンにダスティン・ホフマンと豪華キャスト、監督もマーク・フォースターじゃないですか、それなら面白くないはずはないですよ。地味目の映画ですが楽しく拝見。どんなきっかけで人生が変わるか分からないものですね? 確かにSTRANGER THAN FICTION、悪く言えば荒唐無稽ですが、私はすんなり入っていけました。ほのぼのと心があったかくなる映画ですね、見てよかった。

|

« 夏の嵐 | トップページ | サンキュー・スモーキング »

映画し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏の嵐 | トップページ | サンキュー・スモーキング »