« シビル・ガン 楽園をください(2) | トップページ | ハゲタカ »

朱蒙(チュモン)

朱蒙〔チュモン〕第一章  前編 DVD 朱蒙〔チュモン〕第一章 前編

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2007/09/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 8月はあまりに暑く、映画のDVDを借りる元気もなかったのですが、その分、TVドラマにハマッてしまいました。その筆頭がこの韓国の歴史大河ドラマ「朱蒙」(弓の達人という意味)でしょうか。韓国の時代ものというと「チャングムの誓い」が有名ですが、あれ以上の人気だそうです。はじめはBS FUJIでオンエアされ、先月から地上波で。全81話、現在、午後2時台に放映されています

 私はどうもアジア映画が苦手、とまではいかないんですが、あまり見ません。ゆえに記事も少ないです、韓国映画はヨン様の「スキャンダル」を見たきりです。「チャングム」も何度か見ましたが、はまるまでには至らず。「朱蒙」は波乱万丈の歴史ドラマ、というのがポイントのようです。合戦シーンには血が沸き肉が躍っちゃいますからねー。

 腐女子モードでいいますと、血が騒いだのは、朱蒙の父クムワ王とヘモス将軍(朱蒙の実父)の「互いのためなら命も投げ出す」ほどの熱い友情! クムワはかつてユファに思いを寄せながら、愛し合うユファとヘモスのために身を引いたらしいです。朱蒙の活躍よりクムワとヘモスの若い頃のエピソードがぐっときました。腐ってるなあ、と苦笑しつつ、やっぱり腐女子の本質は「火の無いところに煙を立たせる」、これですよ。妄想するのが楽しいのでございます。ラブシーンは必要なし、暑苦しいほどに互いを大事に思うだけでOK。

 クムワ王は、ヘモスなきあと(死んだことになっていた)ユファを側室にし、朱蒙を息子として育ててます、複雑ですね。なにせユファは親友ヘモスの恋人であり、朱蒙は彼の息子。私、5話あたりから見たので彼らの関係がよくわからず、真実を知ったときは狂喜乱舞(?)。クムワはヘモスが死んだと思い込んでるし、クールな美熟女巫女さんたちは「2人を絶対に会わせちゃいけない!」とあわてまくるし、とにかくツボなんです。ヘモスはやはりこうなってしまったか、という結末ですが、クムワ王の熱い涙にじーん。12、13話は思い出しても胸が苦しい。

 つーわけで、ヘモスが消えてからはあまり見る気がしなくなりましたが、物語的にはこれからますます盛り上がっていくのでしょう。クムワは3人の王子を競わせて跡継ぎを決めると宣言しました。三男である朱蒙にも皇太子になる可能性が。もともと朱蒙は二人の異母兄(実は血縁はないのですが)に激しく憎まれてますからね。どうなってしまうんでしょ?

 こちらは登場人物ですが、今後はサヨンに注目です? 性別不明の格好(いや、どう見ても男ですが)をしていて、セキセイインコをなでなでしながら会議に臨んだり。「王の男」の主人公は役者なんですか? サヨンは商団の参謀だそうです。

↓美しいですねー。やはり見るべき?

王の男 コレクターズ・エディション (初回限定生産) DVD 王の男 コレクターズ・エディション (初回限定生産)

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2007/04/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« シビル・ガン 楽園をください(2) | トップページ | ハゲタカ »

△「腐女子」を考える」カテゴリの記事

△ドラマ」カテゴリの記事

コメント

@niftyトップページ「旬の話題ブログ」コーナーにて、
本ページの記事を紹介させて頂きました。
紹介記事については、「旬の話題ブログ」バックナンバーで
半年間、ご覧いただけます。
今後も旬な話題の記事を楽しみにしておりますので、
引き続き@niftyをご愛顧の程、よろしくお願い致します。
ありがとうございました。

        @nifty「旬の話題ブログ」スタッフ

投稿: 「旬の話題ブログ」スタッフ | 2007年9月13日 (木) 14時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シビル・ガン 楽園をください(2) | トップページ | ハゲタカ »