« 熱いトタン屋根の猫 | トップページ | 「敵」を作り出す個人と国家 »

ウーマン ラブ ウーマン 

ウーマン ラブ ウーマン DVD ウーマン ラブ ウーマン

販売元:ハピネット
発売日:2006/04/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ウーマン ラブ ウーマン」(邦題、確かに変です)。1軒の家に住んだ3組のカップル(じゃないケースも)を描いていきます。61、72、00年が舞台。61年にはヴァネッサ・レッドグレーブが出演、押さえた演技ながら圧巻です。72年にはミシェル登場、「ゾディアック」でジェイクと共演のクロエ・セヴィニーも。3話目がジャケ写にあるようにシャロン・ストーンと、今年のアカデミー賞で司会を務めたエレン・デジェネレス。

 本編の感想の前に、まずジャケットのキャッチに疑問が。女同士の赤裸々な性愛、みたいなあおりは、この作品の本質からかけ離れてます、喝!

 レビューは概ね好評ですが、「真面目な映画だが、 見る側としては興味本位でしか見ることができないので」ってさあ。なんでこう、自分を消したような、言訳めいた書き方するかね。見たのは貴方自身でしょう、「私は興味本位でしか見ることができない」とはっきり書けばあ、と、セクシュアル・マイノリティ映画の感想に特有の奥歯にものの挟まったような書き方にイライラ。

*以下、ネタバレ気味に話を進めますが、TV用に造られたというこの作品、とても完成度が高いし考えさせられます。ミシェルも出てるし、BBMファンは義務として見てほしいです。レズものはー、なんて尻込みしてる場合じゃないです。

◇1961

 冒頭、映画館で2人が見ているのは「噂の二人」。涙なくして見られないシリアスシーンになんと笑い声が。BBMの再会キスで笑いが起きたと公式BBSで話題になりましたが。ゲイでも笑った人は「見られて間抜けだなあ」くらいの意味、とさらっと書いてたけど、別のゲイが「早くDVDが出てほしい、自宅でじっくり見たい」と。今は「笑い声」に傷つくことなくBBMを鑑賞しているでしょうか。この映画を見て、やはりあそこで笑うのは不適切だと感じました。

 かなり救いのない話です、30年連れ添っても世間的には女2人が同居してるだけ。共同でローンを払ったといっても家が先立った彼女名義なら、残されたほうには何の権利もなく。ああー、どうして早めにどうにかしておかなかったの、いや、その矢先に、だろうか。胸が潰れるような思いで見ておりました。家族でもないエディス(V.レッドグレーブ)は最愛の人の死に目にもあえなかった。

 押しかけてきた甥とそのヨメは自分たちの権利を主張するばかり、来るなり家の中を物色です。あまりのことにエディスはベッドに突っ伏し吠えるように泣く。もう何と言っていいのか、せめてもの救いは甥夫婦の娘、亡き彼女の血を引いた娘のやさしさでした。

◇1972

 エディスが悲哀をかみ締めた家ではレズビアンの女子大生4人組が共同生活。ウーマン・リブの時代、なんですが、女性解放グループからつまはじきに。「私たちまでレズだと思われるから」って、なんじゃそりゃー!?

 そんな中、リンダ(ミシェル・ウィリアムズ)は男装のエイミー(クロエ・セヴィニー)に惹かれていくのですが。「男の真似をしてる」エイミーに仲間たちは冷たい。男の服の方が楽だっていってるのに、女らしい服(スモックなんですよ、流行りましたね、なつかしい)を無理強いするんじゃない! 女性「解放」運動の限界を見た気がしました。

 リンダとエイミーのベッドシーンは、あまりに平和で無邪気で笑顔いっぱいで、「女同士ってこんなに楽しくHできるんだー」って目からウロコが落ちまくり、こちらまで幸せな気分になれました。男×女、男×男のこうしたシーンは腐るほど見ましたが、これほどのびやかで愛にあふれた世界ははじめてかもしれません。ミシェルは抱きしめたくなるほど可愛いし、男装のクロエの魅力的なことといったら宝塚の男役もまっつぁお?

◇2000

 時代は移り、女性同士のカップルが人工授精で子供をつくろうとしてのすったもんだ、が語られます。「1961」の悲壮感はどこにもありません。それでも「将来、子供が差別されたら?」など不安は尽きません。2人の愛の結晶が大人になる頃は、セクシュアル・マイノリティだけでなく、あらゆる少数派が生きやすい世の中になっているように祈るばかりです。

|

« 熱いトタン屋根の猫 | トップページ | 「敵」を作り出す個人と国家 »

△LGBT映画 い~お」カテゴリの記事

映画う」カテゴリの記事

コメント

そうそう、びあんこさん、このキャッチコピー絶対変ですよね。私はこのせいで中々見るに至りませんでした。ジャケ写もまるで『氷の微笑』?(苦笑)サスペンスなのか~?だし。しかし、扇情的な文句に惹かれて見た人には残念でした~ですね。

そして、このお話のミシェル・ウィリアムズは本当に素敵!愛することに真っ直ぐで~ちょこっとジャックを思い出させてくれるし~体中から人を愛する思いというものを溢れるように表現していて、、、やはり演技派!と再認識。相手役のクロエ・セヴィニー(ジェイクの妻役なんですね!知らなかった私~)もかっこいいです。辛かったであろうこれまでの人生を微塵も見せないその姿勢、リンダでなくても惚れちゃいますよ。

3話それぞれが時代と人を真摯に描き出し、見終わってとても満ち足りた気持ちになれました。決して人生は甘いことばかりではない事や、同性どうしにもある差別意識について等、考えさせられることはありますが、人が人を愛することの喜びをしっかりと心に呼び起こさせてくれました。
キャッチコピーとは全く違う、真面目な物語です。

投稿: kママ | 2007年5月28日 (月) 22時43分

びあんこさんのファンでもないのに、度々失礼しちゃって、すみません。
面白そうな映画ですね。オムニバス形式だといろんな角度で見つめてから、総体的に考え直せるので、レズビアン考のきっかけになりそうです。
記事中、リンクを貼られているWadさんからの引用になりますが、
【ミシェル・ウィリアムズは非常に魅力的で、私がレズビアンだったらたしかに惹かれそうだ(といっても私は女ですらないのだが)。】
こういうコメントをさらっと書ける感性っていいですね。
セクシュアリティ・ドラマは、不謹慎かもしれないけど、心理ドラマとして面白がれるので好きです。純愛として寛容に受け止めつつ、それが別のセクシュアリティにおいても果たして不変の価値観を保てるか、とっかえて自分の想像力を刺激する楽しみが出てきます。
リクエストをすると負担に感じられると思いますが、今後もセクシュアリティごった煮レビューを期待しております。

投稿: シャケ | 2007年5月28日 (月) 20時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 熱いトタン屋根の猫 | トップページ | 「敵」を作り出す個人と国家 »