« ブロークバック・マウンテン(236) | トップページ | ブロークバック・マウンテン(237) »

トランスアメリカ(2)

トランスアメリカ DVD トランスアメリカ

販売元:松竹
発売日:2007/01/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 Kaytoさんから下記のコメントをいただきました。(233)で「私は『ハルク』はいい映画だと思いますが…」と書いたことを気にしてくださったのですね。

【「ハルク」のフォローありがとうございます! そう、思わず「失敗」などと書いてしまいましたが、アン・リー監督個人としては確か疲れきったというようなニュアンスだったと思います。監督はきっとハルクの孤独にシンパシーを感じたんだろうと思いますが、アメリカのファンにはコミックの印象が強すぎますから・・・。】

 却って気を使わせてしまって申し訳ありません。私の悪い癖なのですが、言葉が足りないことが多いです。今回も「私は『ハルク』はいい映画だと思いますが、世間では失敗作ということにされていて残念ですよね。興行成績も振るわなかったし」位まで書いておくべきでした、失礼致しました。ネットでは特に細心の注意を払って記述していかなくては、と反省しました。

「トランスアメリカ」とは何の関係もない前振りのようですが、そんなことはありません。こういったジェンダーを扱った映画の記事もやはり、細心の注意を払って書くべきだと思うからです。拙ブログには、ご自分のセクシュアリティを明言して訪問してくださる方がいらっしゃいます。興味本位にBBMその他を語っていたらこうはならないはずと嬉しく思っています。いつも表現には気をつけているつもりですが、問題点がありましたらどんどんご指摘下さいますようお願いします。

「トランスアメリカ」を見たのは7月でした、もう半年がたちDVDリリースの時期になったんですね。前の感想はこちらです。あれから口コミ等でだいぶヒットしたようで嬉しいです。劇場で見逃した方は、ぜひぜひDVDで見てください!

 トランスセクシュアル(性同一性障害)の父親と、まだ見ぬ実の父親との出会いを望む息子の大陸横断。Amazonのレビューもけっこう濃いのが載ってます、私もDVDが出たら再見したいです。半年たち、BBM考察を続けるうちに、さらにセクシュアル・マイノリティへの共感が強くなりましたので。

 今日はLGBTの中では性同一性障害がいちばん分かりやすいのかな、という話をじっくりとするつもりでした。以前は「体が間違っているなら心と同じ性に戻すべき」という当たり前のことさえ理解されてなかったですよね。性転換手術をした医師が逮捕、なんて時代もあったのです。

 現在、ちょっとナーバスになっておりまして、こうした問題を扱うこと自体が怖いです。なので、過去に書いた記事の紹介等にとどめさせていただきます。当事者でない私が好き勝手を書いていいのか? 結局、セクシュアリティはひとりひとり違うものだろうというのが今の私の結論、とだけ書いておきます。

 性転換を扱った映画では、未見ですが「華麗なる変身」('70)がありました。この年表も参考になりますね。私は69年の「薔薇の葬列」(これも未見)あたりから記憶にありますが。

ぼくのバラ色の人生」も忘れられない映画です、「トランスアメリカ」とは趣が違いますがやはりトランスジェンダーを描いています。レンタルにありましたら見ていただきたいです。同作品のAmazonレビュー、ムード的なものも多いのですが、shochanさんの「全ての少数者差別を告発する名作, 2003/5/4」は是非ご一読ください。一部を転載させていただきます。

【セクシュアル・マイノリティに限らず、全ての少数派は同じような偏見と差別にさらされている。「みんなちがってみんないい」などと誰しも美しい理想は掲げるけれど、現実は少しも改善されないということを告発した映画という意味でこそ、名作と呼ばれるべきである。】

|

« ブロークバック・マウンテン(236) | トップページ | ブロークバック・マウンテン(237) »

△LGBT映画た、だ行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブロークバック・マウンテン(236) | トップページ | ブロークバック・マウンテン(237) »