« ブロークバック・マウンテン(157) | トップページ | ブロークバック・マウンテン(159) »

ブロークバック・マウンテン(158)

2006012214004088  BBM資料集にイタリアHPを追加しました。左下のentra nel sitoをクリックしてくださいね。他国とBGMが違いますね。でもって予告映像はとても小さいです。こっちの方が見やすそう。吹き替えの声が全体に低いです、なんだか音楽まで? サイトの画像はなかなかきれいですね。

  先日来、イタリアのゲイサイトで見つけた画像を載せてますが、本当はあのとき公式HPを探していたのです。が、何故か先にあちらがヒット、お宝画像が満載でコーフンしているうちに公式検索は忘れてしまいました。(笑)おかげでこうして色々ご紹介できて楽しいのですが。今日のもイタリアのサイトでゲット。

 ファン向けブロークバック聖地ツアーがあったら、と皆さんお考えでしょうが、ゲイ&レズビアン向けの旅行社がこんな企画を! 舞台はワイオミングじゃなくてモンタナですが、なんだか楽しそうですね。乗馬はもちろん、カラオケも。(笑)他、釣りに卓球、ビリヤード。バレーボールにビデオ鑑賞、と。BBMも見るんだろうなー、当然。

 最終日前夜(9・30)の「Square Dance」って、映画で見た懐かしいムードのあれかも。この映画も舞台はテキサスだったんですね。けっこうシビアな話でございました。

スクエアダンス DVD スクエアダンス

販売元:コロムビアミュージックエンタテインメント
発売日:2001/09/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 すっかり前振りが長くなりましたが、今日はトップの画像のシーンについて少々。

★以下、ネタばれとなります。

 言わずと知れた再会後、モーテルでのイニスとジャックです。この場面は、2人のアップだけで推移しますよね。これは何故なのでしょう? 山では引きのシーンが多かったから(羊の群れの中で点のように小さく映るイニスやジャック)、ここでは逆に2人の表情の変化だけに焦点を合わせた?

 原作では再会の日は雷鳴がごろごろ、モーテルでは雹まで降ります。真紅さんの記事によれば山での荒天はアギーレの怒り、再会の日のこれはアルマの怒りの象徴? 原作でのアルマの怒りぶりはkabioさんの記事をどうぞ。映画では至って穏やかな天候でしたが、こっちはマジ怖い。(全く関連はないですが、BBMをホラー映画に見立てたPVも。)原作ではモーテルの名は「シエスタ(昼寝)」で笑えました。イニス宅を出てものの20分もたたないうちに「ベッドを上下動させていた」には赤面です。

 映画ではMOTELの赤いネオンが目だって、ここで笑いが出たことも。露骨な表現はなく、ひたすらアップ、ジャックが後ろからイニスを抱きかかえ、その腕をイニスが時折なでたり、といった感じです。ジャックがFour Years、と言ってイニスの後ろ頭に唇を寄せる。どう見ても事後の顔、満足しきった表情で、あんな顔がフツーに出来ちゃうんだからジェイクは凄いです、はい。

 画像は、「これからどうする?」というジャックの問いにイニスが「どうにもならない」と応えるあたりでしょうか。原作ではキャンプのシーンはなく、モーテルですべてが語られます。ここでのイニスは饒舌ですね。ジャックもアギーレに覗き見されたことをここで告白。映画ではイニスは最後までそのことを知りませんが、もし知ってたら自分の性癖が「ばれる」恐怖はさらに募ったことでしょう。

 室内の臭いについては前にも書きましたが、映画ではひたすら2人のアップで生臭いものは感じません。えんえんと密着しているだけで見ているほうは嬉しいのですが。ベッドもほとんど映らず、実に特異な場面ですが、アップを満喫できるだけでOK♪

 大自然を堪能できるBBM、ぜひ映画館で見たいものですが、このシーンだけはアップの連続ゆえ、DVDになっても不満を感じないで済むかも。液晶TVの前に張り付いて鑑賞するつもりです♪

↓いつまでたっても画像がつかないので、イタリア版のを勝手に貼り付けてみました。割引率は、これも25%にアップしてますね♪ 

Dvd_foto_proof20cover20piccola

DVD プルーフ・オブ・マイ・ライフ

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2006/08/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ブロークバック・マウンテン(157) | トップページ | ブロークバック・マウンテン(159) »

▲ブロークバック・マウンテンⅣ(151)~」カテゴリの記事

コメント

沙斗魔さん、Junjunさん、spring-nさん、コメントありがとうございます。
いつもまとめレスでごめんなさい。

★沙斗魔さん、こんにちは。

>アルマがこんな女でなかったのは、イニス、あんたはとことん幸せな男だよ、と言いたくなるような凄絶な愛憎劇でした。

なかなか怖そうなお話ですね。昔ながらの怪談が涼むのに一番な気もします。
いつも思うのは世の中で最も怖いのは人の心、ということです。明るく前向きになれれば素晴らしいのですが恨みつらみ、妄執に支配されれば、これほど恐ろしいものはないと。
BBMには、色んな心が描かれていて、きれいごとばかりでないのが惹かれる理由のひとつかもしれません。

>こんな話にまでBBMを思ってしまうなんて

私も何を見ても聞いてもBBM直結ですから。夏本番はこれからですが、お互い、体調に配慮しつつBBMに溺れましょう♪

★Junjunさん、こんにちは。

>手間隙かかっていて思わず噴出してしまいました。わざわざ撮影したのでしょうか?

どうもそのようですね。ちゃんと衣裳も2人そっくりに。世界中にコアなファンがいるのですね♪
ご報告、ありがとうございました。また何かありましたらよろしくお願いしますね。

★spring-nさん、こんにちは。

Premiereのサイトの記事をありがとうございます、(159)で紹介させていただきました、クリス・クーパーのアドバイスなど、とても嬉しかったです。自分では古い記事しか検索できないので、とっても助かります。改めて御礼申し上げます。

>「ラブシーン」についてのコメント

なかなか複雑な心境だったようですね、読めて幸せです♪

投稿: びあんこ | 2006年7月16日 (日) 18時07分

今日見つけたのですが、雑誌Premiereのサイトに「The 24 Finest Performances of 2005」(2005年もっともいい演技の24人?)というのが載っていますが、ジェイクとヒースが入っています。
写真をクリックするとインタビュー記事も見られます。
(ただし英語。あんまり正確にはわかりません。(^_^;))
ヒースのインタビューはないようなのですが、ジェイクのは「ラブシーン」についてのコメントだったので一読の価値ありです。

既出の記事だったらごめんなさい。削除してください。

http://www.premiere.com/article.asp?section_id=6&article_id=2487&page_number=1

投稿: spring-n | 2006年7月15日 (土) 20時22分

こんばんは、びあんこさん。

私も海外のBBM関係をいろいろ検索していて見つけたサイトでBBMのパロディを見つけました。いろいろパロディは出回っていますがこれは手間隙かかっていて思わず噴出してしまいました。わざわざ撮影したのでしょうか?ご報告まで。

http://www.youtube.com/watch?v=7BXcbfH4FP4&search=BROKEBACK%20MOUNTAIN%20PARADE

投稿: Junjun | 2006年7月15日 (土) 19時30分

びあんこさん、こんにちわ。おじゃまいたします。
いつも、多種多様な情報、ありがとうございます。びあんこさんはじめ皆様方のお宅にたまに伺うのが精一杯の身といたしましてはびあんこさんが提供してくださる情報はほんとに貴重でいつも感謝感謝です。
今日は過去の貴記事にコメントさせていただくつもりでおりましたが、書いてるうちになんだかすっかりまとまらなくなってしまい、ついにそちらは断念してしまいました。しかし、捨てる神あれば救う神ありとは正にこのこと!?何と!「日本以外全部沈没」が!後ほどそちらにもコメントさせていただこうと思っております。
病み上がりのところお忙しくさせてしまい恐縮です。お時間ございますときにでもよろしくお願いいたします。
ところで、ホラー版BBMということで、ある小説を思い出しました。長くなりますが、おつきあいいただけますでしょうか。
話の粗筋はこうです。
容姿の美しさこそ持ち合わせないものの骨身を惜しまず働くしっかり者のよくできた妻と2人の娘を持つ凡庸な男が、ある日、村はずれに住む流れ者一家の娘と情を通じてしまいます。男は自身の平凡な生活が変わらないことを望むものの娘の元に通い続け、家庭は徐々に崩壊の兆しを見せ始めます。そうして、ある日、女の存在と夫の身勝手に黙々と耐え続けた妻の凄惨な逆襲劇が幕を開けるのです。

いやあ、アルマがこんな女でなかったのは、イニス、あんたはとことん幸せな男だよ、と言いたくなるような凄絶な愛憎劇でした。身の破滅を予感しつつも女への執着を捨てきれない男と黙々と日常をこなしながら夫への恨みを募らせる妻。最後はアルマの釣り糸にメモ書きなど子供の浅知恵と思わせる凄惨な策を弄した妻が夫のために一心に川で魚を獲る姿で終わります。

何を見ても聞いてもBBMを連想してしまう今日この頃ですが、こんな話にまでBBMを思ってしまうなんて。でも、そういうのって、私だけじゃないですよね?

年々気温が上昇の一途を辿っている気がする夏の暑さです。復調されたとはいえ、お身体くれぐれもお気をつけてお過ごしくださいませ。

投稿: 沙斗魔 | 2006年7月15日 (土) 12時55分

真紅さん、sumisuさん、spring-nさん、うさぎさん、kabioさん、みやこさん。コメントありがとうございます。
本当に暑いですねー、午後から予定を入れてしまって後悔。といってもンヶ月前に決めたこと、当日がこんな暑いとは…。
どうぞ皆様も気をつけて。
まとめレスで失礼します。


★真紅さん、こんにちは。

>ジェイクはあの表情だけでもオスカーもの(笑)ですよね。

本当に、どうしてあんな顔が? 「グッド・ガール」のNGシーンとは雲泥の差…て当たり前か。

DVD発売まであと2ヶ月ちょっと。こちらでは2番館での上映がありますが。暑いですがなんとかして駆けつけないと。
また遊びに行きますね、よろしくお願いします。


★sumisuさん、こんにちは。

お忙しかったのですね、そちらも猛暑なんですね、お互い気をつけましょう。やはり睡眠が一番ですよね。

>2人の表情の違いから、どちらが”give”で、”take”か判断できますよね、、、(赤面)。

ジャックは、男とは4年ぶりだったんでしょうか? どちらにしてもイニスとこうなりたかったんですよねー。

BBM体験ツアー、楽しそうですよね。ツアーのレポが出るといいのですが。

こう暑いと火を使う料理がイヤですよね。いつも朝は熱いコーヒーを呑むのですが、今朝はその気になれませんでした、あまりに暑くて。
コーヒーの残りかすは灰皿に敷いておいてもいいそうです。


★spring-nさん、こんにちは。

>「満ち足りてるのね~。」とこちらも幸せになりますね。

そうなんです、よかったねジャック、と心から祝福しちゃいます。

>でも、イニスのセリフが続くにつれて、だんだんと表情が曇って....。

「どうにもならない」=どうにもする気がない、ですから~。ジャックと一緒にこっちもがっかり。

>大人だから話が早いわ。

そうなんですよね♪

>微妙な感情のアヤに気付かなかったかも?です。
いろんな経験をしながら、年をとるのもたまにはいい

私もBBMに今出会えてよかったです。年を取っていいこともあるんですね。


★うさぎさん、こんにちは。

>3ヶ月ぶりのBBM

それは感激もひとしおですね! 私は最後に見て、まだ一ヶ月たってませんが、そろそろ禁断症状が? BBM鑑賞に行かれて良かったですね、どうなったかと気になっておりました♪
しかも2回見られて…、1日がかりでお疲れさまでした。

>胸いっぱいで またまた再遭難かも・・・

見るたびに遭難しちゃいますよね。

>「トーマの心臓」すごく良かったですよ! うれしい誤算でした。
原作の持ち味が大事にされた脚本で

楽しめたようで何よりです。原作を大事にした上演のようで、何度も再演されてるのは、そのへんも大きいのでしょうか。

>今から受験生の母と仕事頑張ります。。

受験のお子さんがいらっしゃるのですね、合格を祈っております! お仕事も眼精疲労に気をつけて。私はメガネを作り直しました。
まだまだBBM語りを続けたいので、今後ともよろしく。


★kabioさん、こんにちは。

いつも楽しい記事をありがとうございます。

>画面いっぱいの羊の大群が既にホラーな感じです/笑)

確かにそうかも。BBMのPVにも色んな切り口があって面白いですよね。
パンダの記事、楽しみにしてますー。


★みやこさん、こんにちは。

前のコメント、感じ悪いなんて。感じ方は人それぞれなので…、みんな同じコメントだったらそれもヘンですよね。

>あのBGMと横に流れる絵は、走馬灯のようで、風情がありますね~。吹き替えは本人達より大人っぽい?

確かに大人っぽいってイメージでしょうか。ちょっとイタリア版吹き替えも見たいです。

>このツアー、参加したくても出来ないけど、レポでも見たいものですね。

ぜひ、どなたかに日記を書いていただきたい♪ BBMを見て盛り上がる参加者の様子とか。(笑)

>イニスが背中を向けるのは、照れと、やはり罪の意識でしょう。

観客に向かって顔を見せてくれるのはいいんですが、2人が互いを見ていないのは確かに違和感が。本当に不思議なシーンですよね。

投稿: びあんこ | 2006年7月15日 (土) 10時48分

こんばんは~(^-^)

昨日の私のコメント、他の方々の心温まるコメントに比べたら、
ちょっと感じ悪かったかも(^_^;。びあんこさん、もしお気を悪くされてましたら、どうぞお許しくださいませ。m(_ _)m

さて、紹介して頂いたイタリアHP、私の古いPCでは読み込むのに息も絶え絶えでしたが、あのBGMと横に流れる絵は、走馬灯のようで、風情がありますね~。吹き替えは本人達より大人っぽい?

「ゲイ&レズビアン向けの旅行社」なんてあるんですね。
そう言えば、いくつか見たゲイのカップルがやってるHPには、よく旅日記があったのを思い出します。このツアー、参加したくても出来ないけど、レポでも見たいものですね。

モーテルでのイニスとジャックの画像。本当に二人の表情しか分からないから、観客はセリフや感情の動きだけを追っていられるんですよね。これが全身映ってたら、そっちに気を取られたり、目を反らしたりで「これからどうする?」「どうにもならない」という今後の二人に関わる大事な会話や、あのジャックの沈んだ表情を見逃してしまったかも知れない。

>原作では再会の日は雷鳴がごろごろ、モーテルでは雹まで

一筋縄では行かない二人の関係の象徴のようですね。
モーテルでの場面で気になるのが、一度も二人が顔(目)を合わせない事。ジャックがイニスの頭に唇を寄せるのは、本当はちゃんと向き合って話したいとおネダリしているようです。イニスが背中を向けるのは、照れと、やはり罪の意識でしょう。昨日書いたスピッツの曲の♪神様の影を恐れて、という歌詞を思い出します。

>ジャックもアギーレに覗き見されたことをここで告白。

映画のイニスがそれを聞いたら、ジャックを置き去りに、モーテルを飛び出して家に帰ってしまいそう(笑)。言わなくて良かったねジャック。と言うか、この時のジャックって「どうにもならない」って言われたショックで泣きそうだったから、言える雰囲気ではありませんね。

>ベッドもほとんど映らず、実に特異な場面ですが、アップを満喫できるだけでOK♪

本当に不思議なシーンですよね~。二人以外の何も映ってないから、山ですらなく、本当の意味で二人だけの世界。ここだけ現実の世界から飛び出してしまったようです。ずっとこうしていられたらよかったのに(T-T)。

DVDが出ても、うちの小さなTVでは充分に満喫出来そうもなく、
ディスク抱えて大きなTVのあるネットカフェ巡りしたり、9月にやっと再映が決まった北九州の映画館に高速バスで出向いたりと、忙しい日々になりそうです(;^_^A

投稿: みやこ | 2006年7月15日 (土) 00時28分

びあんこさん、こんばんは!
記事を紹介していただいてありがとうございました☆
そして真紅さんからもったいないお言葉が!スミマセン、この場からお礼を言わせていただきます!ありがとうございます!

ホラータッチのBBMのPV、緊張感が伝わってきて、こんなふうにできちゃうんだと感心すると同時に笑ってしまいました!ご紹介感謝です♪
(でも、わたし的には画面いっぱいの羊の大群が既にホラーな感じです/笑)

そしてパンダ!パンダのプレイモービルってあったんですねw 私もパンダの記事を気合いを入れて(?)書かせていただきますね~

投稿: kabio | 2006年7月15日 (土) 00時19分

びあんこさん こんばんは

驚異的な暑さが続いてますね。毎日ぐったりですが・・とうとう行ってきました~!!

3ヶ月ぶりのBBM、12日のレディースディに特急電車乗り継いで・・『リヴァティーン』との2本立て・・なんと今時めずらしい入れ替えなし!! 1000円で7時間半も居座ってしまいました・・・(食料買いこんで入って正解でした)

時間が過ぎるのがもったいないような あっという間の一日でした。

今回は とにかく 2人の至福の時間をこの目に焼き付けておきたい、という思いで満喫してきました。
ちりばめられた対のシーン、風の音、空の色、2人のカラーなどなど・・・やっぱり 大画面はいいですね~ 美しい川のせせらぎの中に溺れてしまいそうでした。2人ともドアップにたえるいい男ですよね~ ジャックの表情のひとつひとつにほれぼれ・・(もちろんイニスもいいですよ・・) 
2回観ただけですが 胸いっぱいで またまた再遭難かも・・・

びあんこさんも毎日至福の名場面をたくさんありがとうございま~す
これで DVDまで乗り切れるか・・な

ほんというと 8日の「トーマの心臓」との2本立てを強行突破しようか ともくろんでいたのですが・・ 12時からの上演、3時には終わるだろうと思ってたのが 舞台挨拶もあって終わったのが4時前。4時から始まるBBMは無理でした・・
結果的には 12日で大正解でした

余談になりますが 「トーマの心臓」すごく良かったですよ! うれしい誤算でした。
原作の持ち味が大事にされた脚本で 前半はやや走り気味でしたが クライマックスのユーリとエーリクのシーンにはぐっときました。 ユーリ、エーリク、オスカーがトリプルキャストで 単純に自分の好みで選んで券をとったのですが(やっぱりミーハーです・・)違和感なく観れてよかったです。なかなか熱演でした。
が、驚いたのは 男性はおそらく観客の1%くらい・・私のようなおばさんも おそらく1~2%、97%は若い女性・女性・女性で・・圧倒されました。

8日、今日一日だけ好きにさせて と言った舌の根も乾かないうちに 12日も好きにしてしまいました。。今から受験生の母と仕事頑張ります。。

びあんこさんの記事を よりどころに ついて行きますのでこれからも よろしくお願いします! でもお身体はくれぐれも大切に、無理されませんように・・・  

投稿: うさぎ | 2006年7月14日 (金) 23時29分

モーテルでイニスの頭に唇を寄せながらささやくジャック。
「満ち足りてるのね~。」とこちらも幸せになりますね。
でも、イニスのセリフが続くにつれて、だんだんと表情が曇って....。

しかし、「あの表情だけでもオスカーもの」(by 真紅さん←全く!)を見て、即座に“ジャック満足ですー”を理解してしまう (いや実感してしまう?)皆様もすごい。
いや~、大人だから話が早いわ。

このシーンに限らず、もっと若い時にこの映画を見ていたら、また違った受け取り方をしたかもしれないですね。
というか、微妙な感情のアヤに気付かなかったかも?です。
いろんな経験をしながら、年をとるのもたまにはいいよな、と思いました。

投稿: spring-n | 2006年7月14日 (金) 23時03分

こんばんは、びあんこさん。最近やたら忙しく、いつも書き込みできる12時前ぐらいには、もう、グーグー爆睡で、、、(焦)、
今、時間があいたので、やっと書き込みできます。
このシーンのジェイクの演技力は感嘆です!
2人の表情の違いから、どちらが”give”で、”take”か判断できますよね、、、(赤面)。
私もこのシーンはなんでこんなに寄ってるんだろう??、、と。びあんこさんがゆうように、2人の表情だけに焦点を合わせたんですよね。でも、2人の配置が逆のほうが”らしい”のに、そうすると、ジャックが女性的に見えてしまうからでしょうか??

こんな旅行あるんですね、、この後ろ姿はメイキング映像のジェイクに似ていますね!

「プルー・・」のこのアンソニーホプキンスだけ、なぜかホラーっぽく見えてしまうのは、私だけでしょうか?(笑)。
(そうそう、前の話ですが、コーヒ粉、試してみます!)
大阪も今日は35度越えでした、、びあんこさんも、くれぐれも、体調に気を付けて下さいね。

投稿: sumisu | 2006年7月14日 (金) 19時16分

びあんこさん、こんにちは。記事の紹介ありがとうございます。
あの記事をアップしたのが5月末ですから、2ヶ月近く前に書いたんですね。
結局あれが最後の劇場での鑑賞になりました。DVD発売まで2ヶ月あるし、耐えられるかな~。。
上映館が多くなかったので、DVDを心待ちにされている方もいらっしゃるでしょうね。
さて。写真のモーテルでのシーン、ジェイクはあの表情だけでもオスカーもの(笑)ですよね。
ああ、もう一度大きなスクリーンで観たいです。
kabioさんのイラストは上手すぎて、面白すぎて、一度見たら忘れられません。大好きです。いつも思い出し笑いしてますよ。
私もまたBBMについて何か書きたいのですが、皆さんの考察が凄くて圧倒されています。
でも、他の映画を観てもBBMのことを思わずにはいられません。『M:I:3』だけは思い出しませんでしたが(笑)
また遊びにきますね、ご自愛下さいませ。ではでは。

投稿: 真紅 | 2006年7月14日 (金) 16時11分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブロークバック・マウンテン(158):

« ブロークバック・マウンテン(157) | トップページ | ブロークバック・マウンテン(159) »