« ブロークバック・マウンテン(146) | トップページ | ブロークバック・マウンテン(147) »

ボビー・フィッシャーを探して

ボビー・フィッシャーを探して DVD ボビー・フィッシャーを探して

販売元:パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
発売日:2006/07/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 だいぶ前に「不思議の国のアリス」のキャラクター(原作の挿絵そのまま♪)のチェスセットを発見、とても欲しくなった。1年後を目標にデパートの積み立てを始めたものの、満期になったとき欲しい気持ちは失せていた。
 代わりにお値段は数十分の1のアクリル樹脂製のチェスセットを買って飾った私。半透明の白と青のチェック柄が涼しげだった。せっかくだからチェスもやってみればよかったのだが。将棋の一種だよね?
 
 さほど期待せずに見た「ボビー・フィッシャーを探して」だが、いやー、よかった。

 7歳でチェスを始めたジョシュは天才振りを現す。ジョシュを演じるマックス・ポメランク。ジェイクを思わせる大きな瞳が印象的。
  コーチのブルースにはベン・キングスレー、母親にジョアン・アレン、親友ヴィニーに「マトリックス」等に出演のローレンス・フィッシュバーン。芸達者が脇を固めていて素晴らしい。

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=21652

★以下、ネタばれ含まれます(読んでからでも楽しく見られるとは思いますが)。

 おもちゃのナイトやキング、クイーンが大好きな彼にチェスはもってこいのゲームだった。子供大会でジョシュはタイトルを総なめにしていく…。
 ジョシュが大好きなこの人形たち。レゴに似てるけど、顔も目もまん丸でもっと可愛い。なんてシリーズだったか、検索しても「レゴに似た人形」じゃヒットせず、哀しい~! 
 多分ドイツのメーカーで、マルタで製造してたような。

 順調にみえたジョシュのチェス人生だが、美少年ライバル・ジョナサンの出現に、はじめて負けるかも、の恐怖を味わう。自信喪失。ラスト付近、コーチからの壮麗な贈り物が、あの人形たちと城を思い出させてじーんとくる。

 コーチと親友の両方のアドバイスを生かし、ジョシュはさらに成長。キュートなジョシュと美少年ジョナサンの対決シーンは見もの♪ 
 ジョシュのサポートに夢中になる父親、母親はむしろ特別な子になっていく我が子を気遣う。ジョシュの扱いをめぐって対立する夫婦、このへんも見ごたえあり。
 脚本もいいし、撮影は「明日に向って撃て!」を手がけた方だという、映像もとても綺麗だった。本当にいい作品とめぐりあったものだ。

 しかし、チェスしか頭にないジョナサンはどうなのだろう? 野球、バスケ、サッカー、フィッシング。スポーツも大好きなジョシュのほうが、もしチェス生命を絶たれても柔軟に生きていけそう、と思ったら。

 ラストのテロップ、「ジョシュはその後もチェスを続け、18歳以下のアメリカ・チャンピオンに」て、実話だったんだ!
↓Josh WaitzkinのHP。今や世界的なプレイヤーに成長したそうでめでたい限り。
 心身のバランスがとれた素晴らしい男性のようだ。スポーツで鍛えた体、顔もいいし映画にも出られそう? 子供時代の写真がとってもラブリー♪
 http://www.joshwaitzkin.com/

|

« ブロークバック・マウンテン(146) | トップページ | ブロークバック・マウンテン(147) »

映画ほ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボビー・フィッシャーを探して:

« ブロークバック・マウンテン(146) | トップページ | ブロークバック・マウンテン(147) »