« ブロークバック・マウンテン(122) | トップページ | ブロークバック・マウンテン(123) »

ミュージック・フロム・アナザー・ルーム

ミュージック・フロム・アナザー・ルーム DVD ミュージック・フロム・アナザー・ルーム

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2003/11/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 ヴィヴィアン・リーの「アンナ・カレーニナ」を再見、すっかり落ち込んでしまった私は何かで浮上する必要があった。と、ぴったりの映画があるではないか。「アンナ・カレーニナ」を下敷きに、アンナの生き方を否定、大ハッピーエンドを迎えるジュード・ロウ主演のラブコメ。若くてカワイイ彼を堪能できるのも魅力。

 運命的な再会を果たしたアンナ(グレッチェン・モル)とダニー(ジュード・ロウ)。しかしその時すでに、アンナには婚約者が! それにもめげないダニーは猛アタックを開始。

 何度も見てほのぼのしちゃうハート・ウォーミングなラブコメ、ジュード主演にしては珍しく明るい。当時は2本に1度は死んでいたから、明るい気持ちになれる本作は貴重だった。ヒアリングの勉強も兼ねて字幕なしで見たっけなあ。少しずつ聞き取れる単語が増えていき、とても励みになった。

★以下、ネタばれですが読んでから見ても差し支えない程度?

「アンナ・カレーニナ」を思わせる要素はいくつもある。ヒロインの名前はずばりアンナ、婚約者がいるとういう障害。ダニーはアンナの姉ニーナ(チェーホフの「かもめ」のヒロインから取った名)の朗読係を務めるのだが、ダニーが読むのは「アンナ・カレーニナ」、この朗読だけでも聴く価値は十分。

 ニーナは目が見えないために引っ込み思案だが、クラブでジーザスという南米系の男性と知り合い、恋に落ちる。「カレーニナ」ではキティとレヴィンに当たるカップルだろう。この2人の恋の進展ぶりがまた、感動的。主役のカップルがかすんでしまうほどポジティブ、特にニーナがどんどん自信をもち活動的になっていくさまには涙が出る。

 アンナとダニーはいったん気持ちが通じ合うがある障害により、再び決裂。と、アンナに決意を促すのは、あれほどアンナに頼り切っていたニーナ。ジーザスの愛を得たいま、ニーナにはアンナの偽善がはっきりと分かるのだ。

「『アンナ・カレーニナ』を読み終えたわ。ママが言ってたような最高の恋愛小説なんかじゃない、くだらなかった。ヒロインは鉄道自殺するの。飛び込んだのは間違いだと気づくけど、もう遅いの。」アンナはニーナにダニーの残したメッセージを見せられ、彼の大事さに気づく。

 恋ってどんなもの、と訊かれたダニーはこう応える、「恋って、隣の部屋からふと聞こえてきた音楽を、いつの間にか一緒に口ずさんでしまうようなもの」。タイトルの[Music From Another Room]の由来はここから。「情熱」の定義も語られるが、これもなかなかだ。

 脇役陣も達者だし、公開時はほとんど話題にならなかったのが不思議だ。たしかに小品だけど爽やかな気持ちになれる。下記の紹介でのレビューも好意的なものばかしだし、BBMで煮詰まった皆さんにもオススメ♪

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=162022

下町のナポレオンさんの感想です。せっかくTBしてくださったのに反映されませんので、こちらでご紹介。(7・14追記)

|

« ブロークバック・マウンテン(122) | トップページ | ブロークバック・マウンテン(123) »

ジュード・ロウ出演作」カテゴリの記事

映画み」カテゴリの記事

コメント

下町のナポレオンさん、はじめまして。
コメントありがとうございます、私も何度も見てやっと「アンナ・カレーニナ」との深いかかわりに気づいたんですよ。

せっかくTBしてくださったようですが届いておりませんー、残念です。
後ほどご挨拶に参りますね。

投稿: びあんこ | 2006年7月14日 (金) 09時39分

はじめまして。

僕は気がつかなかったんですが、あの読書の本「アンナ・カレーニナ」は、けっこう重要な役目を果たしていたんですねぇ。
勉強になりました。
TBさせてもらいますねぇ~(´▽`)ノ~

投稿: 下町のナポレオン | 2006年7月13日 (木) 18時51分

琴さん、こんにちは!
お久しぶりです、わざわざ来てくださってありがとうございます♪

「ミュージック…」いいですよね、私も落ち込み回復のために久々に見たのですが、こんなにいい映画だったんだ、と泣けて泣けて…、再評価いたしました!

BBMも見てくださったんですね、それも5回ですって、すばらしいー! 
ジュードもBBM見たそうですが、どんな感想を抱いたのでしょうね?

お礼だなんて、こちらこそ琴さんがここを覗いてくださり、BBMを好きになってくださったことがとても嬉しいです。今後ともよろしくお願いします♪

投稿: びあんこ | 2006年6月14日 (水) 18時01分

久しぶりに「ミュージック・フロム・アナザー・ルーム」を観て、幸せな気分になれました♪
お久しぶりです!びあんこさん、“琴”です。あっ、こちらのブログでは初めまして!ですね。
ジュードつながりなので、ここにお邪魔させていただきました。
こうちゃんのHPで、びあんこさんがブログを始められたことを知ったのは1月の後半でした。それ以来ずぅ~っと拝見し、わたしもBBMにどっぷりとつかってしまい、今までに5回観賞いたしました。
映画を観て感動し、びあんこさんを初め、こちらに訪れる皆さんの、非常に奥深くきめ細かなコメントを読んで、さらに感動しています。
びあんこさんのおかげで、こんなに素晴らしい映画に出会えてほんとに良かったです。ありがとうございます。
ひとことお礼が言いたくて・・・やっとお邪魔することができました。
これからも、できる限り続けてくださいね♪応援しています。

投稿: 琴 | 2006年6月13日 (火) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミュージック・フロム・アナザー・ルーム:

« ブロークバック・マウンテン(122) | トップページ | ブロークバック・マウンテン(123) »