« ブロークバック・マウンテン(95) | トップページ | ブロークバック・マウンテン(96) »

更新情報(17)

13 21_1  またBBMの画像集を見つけましたので資料集に追加しました。一番上の★からどうぞ。左記はその中のものです。キャンプでのジャックとイニスは未使用シーン?

 イニスの足元にはちゃんとラジオもありますね。原作によればジャックは電池が切れるまでトランジスターラジオのダイヤルを回し続けた、のですが。

 この画像集はかなり拡大します。しかも拡大した画像の右上に出るbild inをクリックするとPCの画面に収まりきれないほど大きくなって見ごたえありすぎです。お楽しみください。初めて見る画像もあって楽しい~。アギーレのはあっても嬉しくないけど。(笑)

 そしてblog・レビュー集には凪さんの「シネマ覚書き」を追加しました。MyOtherSideさんがお引越しとのことで。凪さんのBBMの傑作レビューは(7)からこちらで読めます。下記は(7)のURLです。全記事が移行したところでMyOtherSideの方は削除しますのでご了承ください。(★追記;5月10日、全記事移行、閉鎖が決まりましたので削除いたしました。)

http://cinemanote.blog64.fc2.com/blog-entry-9.html

|

« ブロークバック・マウンテン(95) | トップページ | ブロークバック・マウンテン(96) »

コメント

ぽちさん、はじめまして! ようこそおいで下さいました。熱いコメントありがとうございます、覗いていただくだけで嬉しいのに~。

>US版DVDとリージョンフリーデッキまで注文。今週末に届くのが楽しみです。

すばらしい~! 届いたら見まくってくださいね。もうすぐ上映終了で寂しいですが、私はネットであれこれ見ながら日本盤を待ちます。ご覧になっての新たな発見を教えてくださいね。
1~4回目のそれぞれの感想も、自分のときのことを重ねて嬉しく拝読しました。

>自分もイニスと一緒にジャックを待ってる気分

そうですね、早く来ないかな、なんて。アルマは翌朝の涙が辛いです。アルマJr.を抱きしめてdammit!と小さくつぶやいていたような。ミシェルのアドリブでしょうが、そのくらい言いたくもなりますよ。
私も誰にでも感情移入してしまうんです。それだけ丁寧に描かれているから。でもやっぱりジャックが最高に好き。ジェイクが好きなのと判別しがたい部分もあってマズイと思いつつ。

>投げ縄を持つジャック、好きです。

ほんとに素敵なシーンですよね。イニスをキャッチしたままでいられたら良かったのに。殴られて青タンつくってるし。でもその痛みも愛おしかったんじゃないでしょうか。痛みがひいて顔が元に戻ったときは寂しかったのではないかと。

>あの時イニスを見つめてたジャックは初めてイニスに会ったときとは全然違う(これはこれで別の意味でいいんだけど

そうでしたね、やっとうちとけて話してくれた喜びにあふれていて。あれから友情が友情を超えてしまうわけですが。

>his other half

私もぐさっときましたよ。互いが半身、絶対に離れてはいけない二人だったのに…。
脚本のト書きには見逃せないフレーズがありますね。お宝の1冊です♪

私の記事がBBMを深く考えるきっかけになったなんて光栄でございます。こちらこそ、こうしてコメントを頂けると励みになります、感謝です。
そろそろ下山を考えつつもそうならない(記事を書ける)のは皆様のお力添えが大きいです。今後ともよろしくお願いします。

コメントは、いつどの記事につけてくださってもかまいません。気が向かれたら、また遊びにいらしてくださいね♪

投稿: びあんこ | 2006年5月11日 (木) 06時59分

びあんこさま

初めてメールさせていただきます。誰かのエントリにコメントしたいと思ったのは初めてです。びあんこさんのエントリは言うに及ばず皆様のコメントがどれも「うんうん、そうそう!」ってことばかりで、こんな中に自分がコメントするなんてとてもとても・・・だったんですが、これだけ毎日楽しみに訪問させて貰ってお礼も言わないのはやっぱ悪いだろうと。

劇場で4回見たところで上映終了になりました。
私は自分を全然信用できなくて(笑)日本版のDVDの発売まで自分の熱が冷めずにもつ自信が無くUS版DVDとリージョンフリーデッキまで注文。今週末に届くのが楽しみです。

賞レース総なめの評判しか知らずに行った1回目はびあんこさんも言ってたように正直流れを追うのがせいいっぱい。2回目は英語を聞き取ろうとしてイニスのセリフがま~ったく聞き取れず(英語云々以前にボソボソ過ぎっ)却って混乱。その後びあんこさんのエントリのおかげでスクリプトを手に入れて3回目は表情を追うことができ、4回目は冒頭とラストのイニスの車の向きの意味とか、びあんこさんが言ってたこととか考えながら見ました。

登場人物の誰にも感情移入してしまいました。びあんこさんのエントリにもありましたが再会シーンでイニスがジャックのピックアップの音を聞き窓に駆け寄る表情はほんとうに何度見てもかわいくて、自分もイニスと一緒にジャックを待ってる気分になっちゃいましたし、その後「ジャックと釣りに行くから!」と出て行くイニスからJr.を預けられてドアが閉まると同時にJr.を抱きしめて泣くアルマが思わず目をぎゅっと閉じた表情には泣けてきた。きっと煮えるような涙がにじんでたでしょう。イニスからの電話を受けたラリーンの表情もすごく良かった。

でもでも私がUS版のためにデッキまで注文したのは、ジャックにやられちゃったからです。
『やっぱりゲイ術が好き』のジャック評、びあんこさんのジャック(ジェイク?)への愛情があふれてて、それでいて甘ったるくなく、でもとても心に響きます。

このエントリの冒頭にある投げ縄を持つジャック、好きです。映画ではこの後アップになりますよね。イニスを見つめる表情が何ともいえず・・・このジャックを選んでくれてありがとう~!

私が大好きなジャックはたくさんありますが、「Friend, that’s more words than you’ve spoke in the past two wks.」っていうところ。イニスが自分を見るジャックの視線に「What?」と言ったのに答えた言葉だけど、あの時イニスを見つめてたジャックは初めてイニスに会ったときとは全然違う(これはこれで別の意味でいいんだけど)、穏やかで大事な友達を見る表情で、かといってイニスに恋したジャックの表情とも違う、一歩手前の、なんていうかとても好きです。(何を言いたいんだ、私は・・・)
それと、脚本の中で、ジャックが最後にイニスと会って彼の車が去っていくのを見送るシーン。「Jack watches the pick up truck, and his other half, fade away into the distance…」
「his other half」。
そうだ、イニスはジャックのかたわれ、魂の半分だったんだなあと、何度もこのフレーズをかみしめました。そしてそしてびあんこさんのエントリを読まなければこのスクリプトを買うこともこの文を読むこともなかったし、こんなに深くこの物語について考えることも無かったでしょう。

・・・すみません、コメントって1つのエントリに関して感想を述べるものなんですよね。これって全くそうなってないし、長いし、はっきり言ってこれじゃびあんこさんへの個人的メールだし。いや、 びあんこさんへお礼を言いたかったのでまあ個人的メールってのはあながちまちがってないんですが、これって「コメント」でいいのか?不安になってきました。失礼があったらほんとごめんなさい。適当に処理してください。どうもありがとう。これからもエントリ楽しみにしてます、って言いたかったんですう~ではでは。

投稿: ぽち | 2006年5月11日 (木) 01時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 更新情報(17):

« ブロークバック・マウンテン(95) | トップページ | ブロークバック・マウンテン(96) »