« ブロークバック・マウンテン(80) | トップページ | ブロークバック・マウンテン(81) »

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語スペシャル・エディション DVD レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語スペシャル・エディション

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2005/09/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 悠雅さんから推薦され楽しみにしてました。ジム・キャリーお初なんだけど、どんなもんでしょ。おお、さすがのカメレオンぶり。ひたすら感心、子役とのバランスが、という感想も聞いたけど。私の場合、子役は子役、ジムはジム。子役たち3人、みんな気に入りました。

 長女ヴァイオレット役のエミリー・ブラウニング。なかなか良いな、子役もオージー旋風吹き荒れてまんな。将来、ヒースと共演したりして、と。「ケリー・ザ・ギャング」に出てたって? ぜんぜん覚えてない!

 長男クラウス役のリーアム・エイケン。ちょい地味だけど私好み、つばつけとこ。しかし見たことあるような、と思ったら。「ロード・トゥ・パーディション」に出てたあ!? 「私の愛情の対象」にも? おおお、若いのに凄いキャリアじゃん。ジェイクの次の注目株かも。次女サリーも目が大きくてかわいいベビーちゃんでした。
 
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=321624

 両親を失くし、怪しげな後見人に引き取られた3人は、30分でディナーを作るよう命じられてスパゲティ・ブッタネスカを。わわわ、なんてアダルトなモンを作るのだ。だって…。
http://www33.ocn.ne.jp/~kodawari/kodawari_2_021.htm

 もっと不幸な話かと思いきや、3人は知恵と力と勇気の子たちでありました。最後まで楽しく拝見。ジムのほかにメリル・ストリープ、カメオ出演でダスティン・ホフマンなど。キャストも豪華。

 しかし最大の驚きは、吹き替えで見たときは煩く感じたナレーション。何せ80歳の母と一緒に見たもんで字幕はきついかと。で、ふと気づいたらナレーションはジュード・ロウ! ウソウソ~と原語で見直してみれば。
 おおお、このソフトな美声はまさしくジュード。端正な横顔のシルエット、大きな手、毛深い腕。(笑)見慣れたジュードじゃん、感激。なんで声だけ出演? 事情はともかく、すっかりお宝の1本になりました。廉価盤が出たらゲットしなくちゃ!

|

« ブロークバック・マウンテン(80) | トップページ | ブロークバック・マウンテン(81) »

ジュード・ロウ出演作」カテゴリの記事

映画れ」カテゴリの記事

コメント

Dさん、こんばんは。
こちらにも(て、こっちが先でしたね)コメント&TBありがとうございます。

最初は私も80歳の母のために吹き替えで見ましたが、ナレーションがジュードだと知って狂喜! ほんっとにいい声でとろけちゃいそうです♪ この声目当てでまた見たいですー♪

投稿: びあんこ | 2006年8月 3日 (木) 19時52分

すっかり遅ればせながら、やっと観ましたこの作品!

最初は子供たちと一緒に見たので吹き替えで見ましたが・・

ジュード・ロウの声が聞きたくて、後で一人で英語版を見ましたですよ!!

良かったですね~♪

投稿: D | 2006年7月30日 (日) 20時53分

judesiennaさん、こんにちは。
コメントありがとうございます!
ほんとに「ブロークバック」だらけで自分でも呆れてますが。いい映画なので、ぜひ1度ご覧くださいませ♪


>レモニー・スニケットはうちの子のお気に入りです。

素晴らしい! 子供受けが悪いと聞いて、そうかなあと疑問でした、楽しいですよねえ?

>あのファンタジーさ、とジム・キャリーの爆発演技がとても突飛な感じ

確かにそんな感じでしたね、でもミスマッチが私は気に入りました。爆発演技…まさに。

>ジュードの甘~ィ声が粉砂糖のように全体を塗してくれて、とてもファンタジー

まさにそこが一番のツボツボ♪ ずっと聞いていたかったです。毛深い腕も愛しい。

あの子役は確かに殺されちゃった次男のようですね。DVD見直せばいいのですが可哀想で気が進まず…。

投稿: びあんこ | 2006年5月 1日 (月) 03時14分

久々におじゃまさせて頂きました。
ブロークバック・マウンテン満載ですね。
まだ見てませんが、是非見てみます。
レモニー・スニケットはうちの子のお気に入りです。あのファンタジーさ、とジム・キャリーの爆発演技がとても突飛な感じで、ニ、三度見ました。
もちろん、ジュードの甘~ィ声が粉砂糖のように全体を塗してくれて、とてもファンタジーですよね。横顔とタイプを打つ毛むくじゃらのゴッツイ手。正しくジュードでした。
もちろん、子供たちがとっても可愛くて、クラウス役の男の子、ロード・トゥー・パーディションに出てたんですか。殺されちゃった子?知りませんでした。感謝。

同じく、廉価盤狙いです。

投稿: judesienna | 2006年4月30日 (日) 16時05分

悠雅さん
TB,コメントありがとうございます。
評価が分かれる映画なのですね、感想を検索していてびっくりでした。私は本当に楽しみましたよー。

おかげさまで、思いがけなくジュードの声とシルエットを堪能できました♪
私も一声でジュードと分かりましたよ、気づかず吹き替えだけで返却してたら泣いてました。

>爬虫類好きのオジサンも好きなのですからね

なかなかナイスなおじさまでしたよね。早々に消されてしまって残念。ジム・キャリーが憎い?

投稿: びあんこ | 2006年4月26日 (水) 11時01分

びあんこさん
こんばんは。楽しくご覧になれたようで何よりです~♪
実は、いろんな意見がある作品なので、ちょっと心配してました。

2度目に字幕でご覧になれてよかった!
一声聴いただけで、ジュードってわかるでしょう?
タイプライター打つ手とか、シルエットでも、
はっきりジュードってわかるし…っていうくらい、
わたしもジュード作品、ほとんど観ました(笑)

>廉価盤が出たらゲットしなくちゃ!
わたしも欲しくなってきた!
わたしは、あの爬虫類好きのオジサンも好きなのですからね、余計です。

投稿: 悠雅 | 2006年4月25日 (火) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブロークバック・マウンテン(80) | トップページ | ブロークバック・マウンテン(81) »