« ブロークバック・マウンテン(83) | トップページ | ブロークバック・マウンテン(84) »

更新情報(15)

Artreni  グイド・レーニの「聖セバスティアヌス」です。三島由紀夫の「仮面の告白」に出てくる絵として有名ですね。確かに美形だし腰布はおっこちそうだし、かなりヤバいです。

http://ryota-t.tripod.com/art/art-reni.htm

「薔薇族」編集長の伊藤さんのブログで、この絵を表紙にした福島次郎さんの著書について言及されてます。http://bungaku.cocolog-nifty.com/barazoku/2006/03/__c36b.html#comments

 さて、本日の更新は、例によってBBMレビュー集に2件、追加です。

 真紅さんの「風の歌を聴け~BBM#3」、ヒジョーに深くて目からウロコです。昨日、ネットでDVDの特典映像(メイキング)も見てしまい、10回目を見るまでもないかなー、なんて思った矢先! まだまだ「BBM」は奥深い! 新鮮な気分で10回目を見られそうです。

 メイキングは、You TubeにアクセスしてBrokeback Mountain making of - Logo Movie Special で検索すればヒットします。しかしこんなのまで見られてしまうとは…。

 そしてもう1件は何度もご紹介してますが凪さんのMy Other SideのBBM分析。現在(6)まで進んでますが、レズビアンの視点から鋭い考察が繰り広げられてます。

 それと、だいぶ前になりますが、「お気に入り」と「気になるブログ」をまとめました。伊藤さんのブログはGLBT関連に移し変えてあります。

|

« ブロークバック・マウンテン(83) | トップページ | ブロークバック・マウンテン(84) »

コメント

sumisuさん、こんにちは。

「禁色」のモデルは福島さんだったのでしょうか、美形でいらしたのですね。ランボーの若い頃の写真は見たことありますよ。

>彼自身は自分にコンプレックスがあったようですね

三島さんは躍起となって鍛えていたらしいと聞き、傷ましいものを覚えました。

>マッチョな鎧をきないと自分を保てない男性が存在するのでしょうか?

そうかもしれません! もろい鎧だと思うのですが。内面を磨いてほしいもんです。

ジェイクは着痩せするんでしょうか、脱いだらけっこう凄いですよね。特に「BBM]の後で撮影したという「ジャーヘッド」、あそこまで筋肉増強しなくても。

ヒースは、「ジャックはゲイだから男に肉体を誇示する必要があるけど」と言ってましたね。確かにイニスはお金もないし栄養のあるもの食べてなさそう。でも、イニスの方が逞しいイメージですよね。とりあえず「BBM」ではイニスに筋骨隆々になってもらう必要はないと思います。リー監督と意見が合わなかったそうですが、私はヒースの意見に賛成です。

投稿: びあんこ | 2006年4月28日 (金) 13時14分

おはようございます、びあんこさん。初めまして、真紅さん、又お邪魔させて頂きます。
昨日から何か引っかかってて、寺島でなく寺山修二さんですね、、あまり興味がないと名前も憶えてないです、、(恥)。もうひとつは、この聖セバスティアヌスです、たしか、「血と薔薇」??だったか、の写真集で三島さん自身がこの構図と全く同じ写真を撮っていたような、、?。私も全ての作品を読んだわけでなく、主にゲイ術関連の作品です(笑)。
禁色の青年のモデルは美輪さんかな?っと想像してたのですが、福島さんの写真を見た時、福島さんだったのかな、、とも思いました。(詩人ランボーの若い時の写真って見たことないですか?ランボーを少し大人びた感じが福島さんでした)私自身は三島さんんの外見は興味ないですが、彼自身は自分にコンプレックスがあったようですね。びあんこさんも、マッチョは嫌いとありましたが、マッチョな鎧をきないと自分を保てない男性が存在するのでしょうか?メイキングを見てもジェイクはマッチョですね、、ヒースは以外と細い、、監督はマッチョにヒースをしたかったと、以前びあんこさんがゆってましたね(笑)。女性の化粧みたいな意味がsるのかな、、。

投稿: sumisu | 2006年4月28日 (金) 07時26分

真紅さん、こんにちは。
今日の記事で貴ブログの引用をさせていただきました、後ほどご挨拶に参りますね。

よしこさん、sumisuさん。ぜひ、真紅さん宅にもコメントしてあげてくださいませ。

投稿: びあんこ | 2006年4月28日 (金) 06時43分

びあんこさん、こんばんは。
いつも温かいコメントありがとうございます。
横レスさせてください。

よしこさん、sumisuさん、初めまして。
拙ブログにお越しいただいたようで、ありがとうございます。
せっかく来ていただいたのにお茶も出せずに申し訳ないです(笑)
よければ、コメントお待ちしておりますね、またお話して下さい。

ではびあんこさん、また遊びに来ますね。

投稿: 真紅 | 2006年4月27日 (木) 22時32分

よしこさん、sumisuさん、いつもコメントありがとうございます。

★よしこさん、こんにちは。

「BBM」については定期的にレビューを検索するのですが、真紅さんはあちらからコメントくださり、大ヒットで感激です。

>あまあまの二人は、ブロークバックマウンテンで出会った頃という意味

そうかなーと思いつつ、ずれまくりのレスで失礼しました。ちゃんと確認してからにしますね。また遊びに来てください。


★sumisuさん

三島の作品は大昔に読んだきりなんです。高校のとき「禁色」を徹夜で読んだのが懐かしいです。福島さんの本も未読です。

>真紅さんの「風の、、」は、まるで、詩を読んでいるように美しい考察ですね、、。素晴らしいです。

本当ですね。イニスの「殺気」などについては詳しく自分の意見を書きたいです。

お嫁さんの立ち場は大変ですよね。夫の実家の手伝いなど当然のように思われるし。「BBM]に嫁姑は出てきませんが、ジャックの婿舅問題についてはまた改めて書きたいです。

投稿: びあんこ | 2006年4月27日 (木) 18時33分

こんにちは、びあんこさん。寄り道してしまうのは、私の意志が弱いせいで、、すいません。常に情報を提供して頂いて、感謝です!
上の絵は三島さん関連の本ではよく見ますよね、、福島さんの本はまだ読んでないのですが、新聞に出版差し止めの記事が掲載された時、福島さん自身のモノクロの若い頃(三島さんとお付き合いしていた頃)の写真が載っていて、それは、もう、すごい美青年でした。(面影を思いだして余韻に浸りそうです)彼が三島作品に与えた影響は大きいのでしょうね、、。先日、NHKで、美輪明博さんが三島さんと寺島さんの違いについて述べる番組があり、それを見ていて、三島さんは
耽美で美しいものを愛したのに対し、寺島さんは、母性愛や田舎臭さの中にも美を見出した、、、と述べていて、私がなぜ、三島さんに引かれるのか理解できたような気になりました。
真紅さんの「風の、、」は、まるで、詩を読んでいるように美しい考察ですね、、。素晴らしいです。
凪さん(6)ですが、婿、舅、嫁、姑は本人同士の問題以上に複雑かもしれません、、。日本は特に、嫁は家(嫁ぎ先の家)に来るものだとゆう意識がまだまだあり、私も年間通しての嫁仕事があり、頭がいたいです。まだ、私の仕事にも理解があるので、マシですが、、、。

投稿: sumisu | 2006年4月27日 (木) 14時43分

いつも色々参考になります。ありがとうございます。すごいよく調べてらっしゃいますよね。真紅さん、ごんさんのブログへも行きました。みなさんほんとすごいです。
あまあまの二人は、ブロークバックマウンテンで出会った頃という意味だったのですが、あいかわらず言葉たらずですいません。

投稿: よしこ | 2006年4月27日 (木) 13時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 更新情報(15):

« ブロークバック・マウンテン(83) | トップページ | ブロークバック・マウンテン(84) »