« 私見・アカデミー賞(1999) | トップページ | ブロークバック・マウンテン(42) »

A.I.

A.I. DVD A.I.

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2005/11/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 どうにもこうにもスピルバーグが苦手だ。今まで見た彼の監督作は「ジョーズ」「A.I.」「ターミナル」のみ。「ジョーズ」は初公開時に見て凄いなーとは思ったけど、この監督の映画を見続けたいという感じではなく。以後、話題作を次々と発表するもどれもこれも興味が湧かず、「スターウォーズ」シリーズも1本も見てない。せっかくだから一生見ないつもり。

「ターミナル」は大好きな「パリ空港の人々」の翻案(モデルになった人物が同じだけ?)とか聞いて見てみたら全く違う映画だった。いずれ比較するつもりだが、今は「A.I.」の話を。

 公開は2002年の6月だったか。故・キューブリック監督の企画をスピルバーグが映画化、というのが話題だった。ジュードがジゴロ・ジョーという女性相手のロボットを演じるというので、スピルバーグだけど見るしかない。

 しかし、やっぱりダメだった。なんで「ピノキオ」映画を、ここまで仰々しく巨額の費用をかけて作らねばならぬのだ? 心の中をピュッーと冷たい風が吹き抜けていった。ジュードは美男ロボットを好演していたが、1度見れば十分で、2枚買った前売り券の残りは人にあげてしまった。DVDは買ったけど、本編は1度通して見ただけ、あとはメイキングのジュード登場シーンしか見ていない。

「BTTF」シリーズは制作総指揮か、あれは好きなんだけど。どうも監督作品と聞くと見る気にならないのだ。まあ…相性ってのもあるだろうし、スピルバーグ作品のほかにも見るべき映画はごまんとあるし。しかし凄いね、関わった映画の多さときたら。

http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=3617

 念のため、上記のリストの監督作を仔細にチェックしてみたが、間違いなく最初に上げた3本しか見ていなかった、ほっ?

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=163028

|

« 私見・アカデミー賞(1999) | トップページ | ブロークバック・マウンテン(42) »

ジュード・ロウ出演作」カテゴリの記事

映画え」カテゴリの記事

コメント

judesiennaさん、こんにちは。
こちらにもコメント感謝です。

>ロボット顔のジュードもなんだか人間臭いヤツでしたね。

やはり女性相手のロボットですから。機械くさいのはNGでしょうか。いつかあんなロボットが出来たら…コワイですね。

投稿: びあんこ | 2006年5月 1日 (月) 03時17分

A.I
私も通しで1度しか見ていない。DVDは買ったけどそれっきり、です。
ジゴロージョーのロボット顔のジュードもなんだか人間臭いヤツでしたね。
ミュンヘンは見るつもりです。

投稿: judesienna | 2006年4月30日 (日) 16時18分

bettyさん
「ミュンヘン」は「ジョーズ」というか70年代のスピルバーグの作風に戻ってる感じ、とかどこかで読みました。だったら違和感なく見られるかも。もう少し短いといいのですけど~。

投稿: びあんこ | 2006年3月16日 (木) 19時13分

私もスピルバーグっていうとCGというイメージがこびりついてしまってダメで、劇場ではほとんど観たことないんです。レンタルビデオを家族がみてるついでにカウチポテトでちょっと観てみるかってかんじ。
「AI」もビデオでも挫折しちゃったんですけど。
でも「ミュンヘン」は地味ーーーーでよかったです。スピルバーグらしくない。
役者がまたとくに地味めなヨーロッパの俳優を集めててそこもツボでした。
フランスの「天使が隣で眠る夜」のマチュー・カソビッツや「シルビア」のダニエル・クレイグとか、役者のナマなアンサンブルには酔えました。
もともと社会派映画も大好きなのでそそられる題材でした~。

投稿: betty | 2006年3月16日 (木) 17時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: A.I.:

« 私見・アカデミー賞(1999) | トップページ | ブロークバック・マウンテン(42) »